iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.29

音楽も聴けるMIPOW PLAYBULB(Original)の使い方をマスター!スマートホームへの第一歩はここから

最近注目されているスマートホームですが、導入に興味はあっても一体何から始めたらいいのか、と悩む方も少なくないのではないでしょうか。スマート家電には高額なものも多く、なかなか簡単に始められないイメージがありますね。
まずは、手軽に取り入れられるLED電球からスマート生活を始めてみてはいかがでしょうか。ここでは、メディアでも頻繁に取り上げられたMIPOW PLAYBULB(Original)について、特徴や使用方法をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

メディアでも話題になったMIPOW PLAYBULB(Original)とは?

MIPOW PLAYBULB(Original)は、2012年に日本初上陸したスマートフォンで操作ができ、スピーカーを内蔵したスマートLED電球です。この商品を手掛けるMIPOW(マイポー)はユニークで優れたデザインの商品を数多く生み出しています。

日本グッドデザイン賞をはじめとし、ヨーロッパのiF Design Award、red dot design award、Macworld Asia The Best Awardsなどの数々の賞を受賞し、世界各国でその実力が評価されています。現在48個の特許を持っているというのですから、その功績は素晴らしいものです。

このMIPOW PLAYBULB(Original)が発売になった時には、かなりの反響を呼びました。

今でこそ、こういったスマートフォンで操作できるスマートLED電球は珍しくありませんが、2012年の当時はまだあまり普及していなかった上、MIPOW PLAYBULB(Original)では音楽も聴けるというのですから、その先進性から話題になったことは納得です。

MIPOW PLAYBULB(Original)は、今ではシリーズ化されており、多くの製品が登場しているスマートLEDライト、PLAYBULBシリーズの元祖となる商品です。このMIPOW PLAYBULB(Original)から、PLAYBULBの歴史は始まりました。

 

MIPOW PLAYBULB(Original)に搭載されている機能をご紹介

MIPOW PLAYBULB(Original)は、スマートフォンにBluetoothで接続し、専用のアプリを使用して、スマートフォンでの操作が可能になるLED電球です。

こういったスマート電球の中にはWi-Fiを使用しなければならないものが多いのですが、MIPOW PLAYBULB(Original)はBluetoothでOKなので、自宅にWi-Fi環境がなくても始められるのが魅力的ですね。

家全体をスマートホーム化するのであれば、最終的にはWi-Fi環境を整えることになりますが、まずはスマート家電がどのようなものかをお試し感覚で初めて取り入れるアイテムとしては、MIPOW PLAYBULB(Original)はお手軽で使いやすく、おすすめです。

スピーカーを搭載しているので、音楽を再生できるのが大きな特徴となっています。スピーカーなどを置くスペースがなくても音楽が楽しめますし、天井に取り付ければ、頭上から音楽が降り注ぐような音の広がりを体感できます。

電色は優しい暖色系の白色。壁のスイッチやコードを引かなくても手元のスマートフォンから点灯、消灯がコントロールできるほか、明るさも自在に変更が可能です。

タイマー機能もついているので、起床に合わせて音楽を鳴らしたり、帰宅予定の時間に点灯したりするようにしておけるので便利ですね。

ソケット形状はE27/26なので、購入したらそのまま自宅の電球ソケットに差し込んで使用します。充電の必要はありません。

 

MIPOW PLAYBULB(Original)の使い方をチェック!

MIPOW PLAYBULB(Original)を使用するには専用アプリのダウンロードが必要です。アプリはAndroid、iOSのいずれにも対応しています。それぞれGoogle play、App Storeからダウンロードして手持ちのスマートフォン、タブレットなどにインストールしてBluetoothをオンにしてください。

使用したい照明器具にMIPOW PLAYBULB(Original)を設置すると自動認証するので、面倒な認証操作は必要ありません。後は、自分の生活スタイルや好みに合わせた設定をするだけで始められます。

なお、MIPOW PLAYBULB(Original)はアプリで、次の機能の設定が可能です。

・調光機能(ライトの明るさを調整する)
・ウェイクアップモード(決まった時間にライトを点灯する、曜日の設定も可能)
・スリーピングモード(決まった時間にライトを消灯する、曜日の設定も可能)
・カスタムモード(好きな時間、曜日にライトを点灯または消灯する)

この他、フラッシュモードやウェイブモードなどの発光モードが用意されています。また、音楽も同じようにウェイクアップモード、スリーピングモード、カスタムモードでの設定が可能です。

音楽とライトを同調させることもでき、別々でも設定できます。例えば就寝時にはライトを先に消し、その後しばらくは音楽のみ流れるようにしたり、起床時には目覚まし代わりに音楽とライトを同時に設定したりすることなどもできます。

 

MIPOW PLAYBULB(Original)シリーズのラインナップをご紹介!

 現在ではMIPOW PLAYBULB(Original)の他にも、さまざまな機能を搭載した商品がラインナップされています。

PLAYBULB color

PLAYBULB(Original)のフルカラーバージョンです。色や明るさを自由自在に調節でき、自分好みの色を作り出せます。最新のBluetoothスマートコネクト機能を搭載し、最大で5つのPLAYBULBとの連携も可能です。音楽に合わせて色を変えるなど、部屋の雰囲気作りに最適な機能を備えています。

PLAYBULB rainbow

フルカラー機能を搭載したスマート電球ですが、このPLAYBULB rainbowにはスピーカー機能はついていません。音楽は音質にこだわって専用のスピーカーを使用するという方や、イヤホンやヘッドフォンで音楽を聴く方におすすめです。複数のPLAYBULBに接続できるBluetoothスマートコネクト機能も使用できます。

PLAYBULB sphere

充電式ルームライト型のLEDライトです。カラー機能、スピーカー機能はついていません。防水機能があるので、バスルーム周りやリビングなどでの使用に向いています。このPLAYBULB sphereにも、Bluetoothスマートコネクト機能が搭載されています。

PLAYBULB candle

キャンドルのような形をした電池式のライトです。取り外し可能なアロマチップを搭載し、好きなアロマオイルを使用してアロマキャンドルのように使用できます。まるで本物のキャンドルのように息を吹きかけてライトをオフできたり、風力感知センサーも設置したりするこだわりようです。カラー機能、Bluetoothスマートコネクト機能も搭載したモデルとなっています。

Wi-Fi環境も必要なく、Bluetoothで簡単に使用できるMIPOW PLAYBULB(Original)を生活に取り入れて、スマート家電の便利さを体感してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

Google HomeがBluetoothスピーカー出力に対応!お気に入りのスピーカーでGoogleアシスタントを使いこなそう

Google HomeがBluetoothスピーカー出力に対応 2018年3月のアップデートで、Google HomeシリーズでBluetooth出力機能が利用できるようになりました。つまり、今までで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.19
NEW

ホームオフィスこそ快適に!ホームIoTが生産性を左右する

いま、世の中には働き方改革という言葉が溢れている。 副業・複業、時短勤務、残業抑制、そしてリモートワークあたりが主な対策として打ち出されている。筆者は、かつて8年ほど会社員勤めを経験したあとでフリーラ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.18
NEW

小型スマートスピーカー「Google Home mini」の便利な使い方を紹介!「Google Home」との違いは?

Google Homeシリーズでできること 「Google Home」と「Google Home mini」は、音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカーで、性能や仕様に差は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.