Netatmo Welcome NET-OT-000007aとは?最新のスマートホームカメラの魅力をご紹介 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.20

Netatmo Welcome NET-OT-000007aとは?最新のスマートホームカメラの魅力をご紹介

Netatmo Welcome NET-OT-000007aは、これまでの防犯カメラやスマートホームカメラ とは一味違う、顔認識システムを導入した新しいスマートホームカメラです。
エレガントな見た目をしたこの次世代スマートホームカメラで一体どんなことができるのか、そして、私たちの生活はNetatmo Welcome NET-OT-000007aによって、どのように変化するのかを詳しくお伝えしていきましょう。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Netatmo Welcome NET-OT-000007aでリアルタイムに防犯

Netatmo Welcome NET-OT-000007aは家の中に置いて使うスマートホームカメラです。これまでの防犯カメラはいわゆるただのカメラのため、録画状態で放置する使い方が一般的でした。

そのため、不審者の侵入など事件が起こってから初めて、犯人捜しのために利用されることがほとんどであり、いざ犯人を見つけようとすると、長い時間録画された映像を隅々まで見返す必要があるため、時間がかかってしまうことも問題でした。

対してNetatmo Welcome NET-OT-000007aでは、物とインターネットを繋ぐことで新たな価値を生むIoT(Internet of Things)を搭載することで、不審者の侵入時にリアルタイムでスマートフォンに知らせてくれるという機能を実装しています。

被害にあってから犯人捜しのために使われていた防犯カメラと違い、IoTの搭載によって、リアルタイムに防犯対策(例えば侵入に気づいたら出先からでも警察に連絡できる)を行なうことができるようになったのです。

Netatmo Welcome NET-OT-000007aには顔認識機能が搭載されており、事前に自分や家族の顔を登録しておくことで、家に侵入した不審者と区別をすることが可能になります。

この機能によって、普段は録画していなくても、万が一、何者かが侵入した時に不審者の顔を「登録されてない顔」として認識することで、録画を開始してくれるのです。

しかも、Netatmo Welcome NET-OT-000007aはスマートフォンと繋がっていますから、非登録者が映し出されると、すぐさまスマートフォンに「知らない顔が見えた」と通知を届けてくれます。

IoTと顔認識システムによって可能になったリアルタイムな防犯は、仕事や旅行で家を空けている時でも、安心したひと時をあなたに与えてくれることでしょう。

 

工事必要なし!設定はとっても簡単

これまでの防犯カメラは、設置するために特別な工事が必要でした。カメラの本体に加えて工事費も掛かってしまうため、コスト的にも一般家庭で導入するにはハードルが高いという声がありました。

一方、Netatmo Welcome NET-OT-000007aは工事の必要が一切なく、電源とインターネットを繋げる環境さえあれば、すぐに使い始めることができる“手軽さ”も魅力の一つです。

スマートフォンとの連携も、Netatmo Welcome NET-OT-000007a専用のスマートフォンアプリがあるため、とても簡単です。初期設定の手順を全てアプリでわかりやすくガイドしてくれるため、不慣れな方でも安心して導入することができます。

 

Netatmo Welcome NET-OT-000007aは子供、お年寄り、ペットの見守りにも使える

さらに、リアルタイムでの通知を可能にしたIoTと、顔認識システムによって可能になったのは防犯だけではありません。

Netatmo Welcome NET-OT-000007aには、特定の人物が映り込んだ際に、録画は行わずに通知のみをスマートフォンに届ける機能があり、Netatmo Welcome NET-OT-000007aには最大で16人まで顔を登録しておくことができます。

たとえば、子供の顔を登録して通知の対象にしておくことで、自分が外出している時でも、Netatmo Welcome NET-OT-000007aが「子供がカメラの前を通った」と通知を送ってくれるので、子供が安全に帰宅したことを遠くからでもリアルタイムで知ることができます。

登録さえすれば、人物によって録画するかどうかを決めることもできるので、家族のプライバシーを守ることも可能です。思春期のお子さんをお持ちの家庭には嬉しい機能ですね。

もちろん、これらの機能は子供だけでなく大人やご年配の方にも適用できるため、大切なパートナーや両親の安全確認をする時にも利用することができます。

さらに、Netatmo Welcome NET-OT-000007aはペット検知機能も搭載されており、人間同士の区別だけでなく、ペットまで検知してくれるのです。

登録した人物と不審者の区別と同様にペットも識別できるため、ペットがNetatmo Welcome NET-OT-000007aの前を通り過ぎてもいちいち通知が来ることはありません。

逆に、旅行や出張といった長期外出の際は、ストリーミング機能でペットの様子をチェックすることもできます。

 

他社と一線を画すNetatmo Welcome NET-OT-000007aの気になる価格は?

他社でも様々なスマートホームカメラが発売されていますが、Netatmo Welcome NET-OT-000007aをおすすめする最大の理由は、やはり顔認識システムにあります。

普通のスマートホームカメラはリアルタイムでのストリーミングが可能なものはありますが、映った顔を個別に認識できるのはNetatmo Welcome NET-OT-000007a最大のウリです。

特に「動いている人物の顔認識」を搭載した点において、製作会社のNetatmo社は“世界初”とうたっており、Netatmo Welcome NET-OT-000007aが選ばれる大きな理由と言えます。

気になるNetatmo Welcome NET-OT-000007aの価格ですが、Amazonで確認したところ、24,685円で売られていました。(2018年10月現在)

Netatmo Welcome NET-OT-000007aの充実した機能で防犯だけでなく、家族の見守りまでできるとあれば妥当な価格と言えるのではないでしょうか。

Netatmo Welcome NET-OT-000007aを購入したユーザーの中には、設置後に不審者が家に侵入したものの、Netatmo Welcome NET-OT-000007aが通知を届けてくれたおかげで、すぐさま警察に連絡し、犯人を速やかに捕まえることができたという事例もあります。

とても便利で手軽に設置できるNetatmo Welcome NET-OT-000007aを使って、より安全で快適な毎日を送ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

インテリアとしても馴染みが良い木目調のディスプレイ”Mui”はあなどれないスマートホームデバイス!

Muiの特徴とは? 開発元であるMui Labの開発者によると、開発のポイントは今日のスマートホームデバイスツールの無機質な見た目を取っ払い、普段の生活になじむデバイスを開発することだったと述べていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.11
NEW

一元管理可能なスマート監視カメラ「Lenovo Smart Camera」

Lenovo Smart Camera は、Lenovoが同時リリースしたスマート製品の1つ  香港に本社を置くパソコンメーカーのLenovoは、ドイツで開催された世界最大級の見本市IFA 2018で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.10
NEW

省エネを推進するスマート調光ガラス「ヘイリオ」 

米スタートアップ企業と日本の老舗ガラス企業とのコラボレーション  「ヘイリオ」を開発したのは、米スタートアップ企業のKinestral Technologiesです。2010年にシリコンバレーで設立さ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.07

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.