iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.15

Alexaに対応した次世代電子レンジ「Amazon Basics Microwave」

スマートスピーカーやスマート照明、スマートロックなど、家電のスマート化には目を見張ります。AIアシスタントの搭載もスマート家電の特徴のひとつで、GoogleアシスタントやAmazonのAlexaに向かって、「オッケー、Google」といった呼びかけをするシーンもお馴染みになりました。
今回、Amazonがスマート化に目をつけたのが電子レンジです。それこそが、ここで紹介するAmazon Basics Microwaveです。

記事ライター:iedge編集部

スマート製品を販売するAmazonのブランド「Basics」 

Eコマース最大手のAmazonについては、ネットショッピングする方にとって説明は必要ないでしょう。Amazonが販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」には、Alexaと呼ばれるAIアシスタントが搭載されています。このAlexaの技術をもとに、Amazonはスマート製品を販売するブランド「Basics」を立ち上げました。

2018年内にAlexaに対応した8製品をリリースすると、Amazonは発表しています。今回、紹介する「Amazon Basics Microwave」のほかにも、アンプ、レシーバー、サブウーファーなどがリリース予定です。

電子レンジのスマート化に関していうと、米電機メーカーであるゼネラル・エレクトリックが2018年7月にリリースした電子レンジもまた、バーコード読み取り機能のほかに、Alexaにも対応していました。とはいえ、加熱の程度を調節できないなど、スマート化と呼ぶにはまだまだ発展途上という印象でした。

ゼネラル・エレクトリックのほかにも、ワールプール、ケンモア、LG、サムスンといった電機メーカーが、Alexaに対応する電子レンジを販売しています。

また、Amazon が開発した「Amazon’s cooking Skill」を通じて、電子レンジをスマート化できる商品も登場しました。Amazon Basics Microwaveは、Alexaを開発したAmazonによる、Alexaとの統合を目指した最初の電子レンジといえます。

 

見た目は通常の電子レンジと変わらないAmazon Basics Microwave 

Amazon Basics Microwaveの大きさは439mm×358mm×256mmで、重さは約9.9kgです。定格出力は700Wで、加熱レベルは10段階に分かれます。

このほかにも、重さで解凍時間を指定するボタンや、ポップコーンをワンプッシュで作れるボタンまでついています。チャイルドロックやターンテーブルまで付属し、Alexaに対応する点を除けば、通常のコンパクトな電子レンジと変わりません。

「Amazon Dash」と呼ばれるAmazonが開発した自動注文システムをポップコーン用に改良したボタンを、Amazon Basics Microwaveに統合しました。

このシステムはユニークなもので、Amazon Basics Microwaveを設定後、「Dash Replenishment system」と呼ばれる自動注文システムを介して、家に保管しているポップコーンの量を記録、ポップコーンが足らなくなると再注文します。

 

ボタン一つでAmazon Echoと連携 

Amazon Basics Microwaveで特徴的なのは、Wi-FiやBluetoothに対応している点でしょう。無線LAN規格は802.11 b/g/nに対応し、Amazon Alexaとの連携が可能になっています。当初Amazon Alexaを搭載するという触れ込みでしたが、「Echo Companion Device」によってAmazon Basics MicrowaveとAmazon Echoとをペアリングします。

右下に「Ask Alexa(Alexaに尋ねる)」というボタンがあり、このボタンを押せば、わざわざ「Alexa」や「電子レンジ」と呼びかける必要はありません。「Ask Alexa」ボタンを押すとAmazon Basics Microwaveと連携したAmazon Echoが起動され、いきなり「2分」や「野菜を解凍して」と命令するだけで、電子レンジを作動させられます。

 

Amazon Basics Microwaveの使い方は3種類

Amazon Basics Microwaveの使用方法は3種類あります。通常の電子レンジのように、手動でも使えますし、Alexaを介して、「2分間温めて」と命令することも可能です。

「Alexa、ポップコーン」や「Alexa、ポテト」と命令できるのも特徴で、Amazonの広報によると、20種類以上の異なるクッキングレシピがプリセットされています。

 

Amazon Basics Microwaveの気になる価格は 

Amazon Basics Microwaveですが、2018年11月14日にリリース予定です。2018年10月10日現在、AmazonのショッピングサイトAmazon.comから予約可能で、価格は59.99ドルです。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.