iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.12

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

録画しているお気に入りチャンネルを移動中に鑑賞したい場合、タイムマネージメントを可能にするのがAmazon Fire TV Recastです。ローカルストリーミングを見たい時間に見たいだけ視聴できる、Wi-Fiとアプリも連動できるスマートDVRの詳細をご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Fire TV Recastはどんな商品?

Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー)です。

ローカルHDチャンネルの番組をデバイス接続することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器でも番組を鑑賞することを可能にします。

番組の鑑賞はもとより、500GBまたは1TBのストーレッジ容量があり、録画したコンテンツを再生することもできます。

Amazon Fire TV Recastは、iOSとAndroidのFire TVストリーミングデバイス、Fireタブレット、Echo Show、Fire TVアプリコンテンツに対応しています。スマートアプリAlexaと連動することで、録画管理や再生がボイスコントロールによって操作可能です。

RecastはアンテナとWi-Fiに接続し、アプリを経由して遠隔作業をすることができる中継ハブの役割をするスマート機能を備えたデバイスとなっています。

 

Amazon Fire TV Recastのストリーミングの特徴

本体には2つのケーブルポートがあり、アンテナポートとイーサネットポートに接続します。HDアンテナは付属されていませんので、別途購入する必要があります。

Amazon Fire TV Recastのスペックを全て網羅するためには、FireTVアプリをダウンロード、もしくはFireTVストリーミングスティックを購入しなくてはなりません。

ローカルHD720pをストリーミングでき、ブロードキャストを見ることができるようになります。ただし、現在4K(1080p)はサポートされていませんので、残念ながらアメリカ本土では鑑賞対象ではありません。

ローカルストリーミングはFireTVインターフェースDVRセクションに配置され、ライブ配信やABC、CBS、Fox、NBC、The CWなどの放送局のテレビ番組、ニュースレポート、スポーツなど、地元のHDチャンネルは無料で視聴できます。

PlayStation Vueに加入済みのユーザーは、チャンネルガイドが統合され、ライブコンポーネントを持つHBOやCBSオールアクセスのようなアプリを使用すると、DVRセクションに取り入れることが可能になります。

 

Wi-Fi接続でFireTVやEchoShowを観る

Amazonデバイスを使用すると、Amazon Fire TV RecastはWi-Fi接続で、FireTVやEchoShowを視聴することができます。外出先でも、Wi-Fi接続で番組をストリームアウトすれば、移動中の電車やバスといった屋外でも、お気に入りの番組を楽しむことが可能です。

※FireTVアプリを無料で使用するために、Fireタブレット(5ジェネレーション以降)もしくはiOS10以上、Android4.4以上のデバイスが必要です。

 

Alexaと連動でボイスコントロール

Amazonのスマートデバイスは、Alexaと連動させて、ハンズフリーで操作できるテクノロジーとエレクトリックの融合がスタンダードとなっています。Fire TV Recastも、アプリをダウンロードすると録画した番組をボイスコマンドで操作できます。

Alexaとの連動は、ホームからデバイスの選択をし、アプリに追加します。ボイスコマンドでAmazon Fire TV Recastに録画されている番組を呼び出し、再生、停止、巻き戻し、早送りなど操作はすべて音声認識で実行できます。

最高150時間までHD録画ができるキャパシティを備え、一度に2つのチャンネルを同時録画することが可能です。

録画されたビデオはAlexaで呼び出し、全録画番組の確認ができる他、Fire TVアプリを連動すれば、タブレットやスマートフォンで場所を選ばずに録画映像を鑑賞することができます。

※500GBタイプの録画時間:最大75時間・1TBタイプの録画時間:最大150時間

 

Amazon Fire TV Recastの価格帯と発売開始は?まとめ

Amazon Fire TV Recastは、発売前の新商品で、価格は2チューナー500GBバージョンが$229.99、4チューナー1TBバージョンが$279.99で販売されています。

発売開始は2018年11月14日を予定しており、Amazonサイトで予約販売受付中です。プレミアム会員は、発送時期の新情報などをお知らせで受け取れるアラート機能の設定もでき便利です。

新商品スマート機能搭載のDVR、 Fire TV Recastは無料でローカルニュースやライブ放送、スポーツ観戦などを録画し、いつでも楽しむことができます。

動画や映画をYouTubeやAmazonプライムで楽しむことはできますが、お気に入りの番組や特にライブ配信がタイミングよく見つかるとは限りません。

番組を録画すれば確実に見たい動画を保存できるため、検索の手間もかからず、移動中の時間を有効活用して鑑賞できる手軽さが魅力です。Alexaのスマート機能も起動できる最新のテクノロジーは、住まいの中にある電化製品に徐々にスタンダード化される風潮にあります。

Fire TV Recastは、番組を無料で鑑賞できるだけでなく、アプリとWi-Fiとの連動で生活のモビリティ性を高める製品として有効的なデバイスです。

関連記事

NEW

いつもより簡単、いつもよりおいしい。IoTで日々の食事をアップデート

ドライエイジングやスロークッカーを使った料理など、家庭でも一手間を加えて料理をする人が増えています。美味しいものは外で食べるのもいいけれど、自分で作れたら素敵ですよね。とはいえ長時間煮込み続けたり、つ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

今までよりもっと便利に!Apple TVアプリとは

Apple TVアプリとは? AppleTVアプリは、Apple TV機器に搭載されているデジタルコンテンツ購入や視聴が可能なアプリです。「Hulu」や「dTV」など、動画ストリーミングサービス(イン ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

まるで出張クリーニング屋?IoT 洗濯機は便利でストレスフリー

どれだけ疲れていても、毎日やらなければいけないのが料理、掃除、洗濯などの家事。避けられないルーチンワークだからこそ、機能性が高いと嬉しいですよね。今回は、日々の「洗濯」をアップデートするIoT洗濯機を ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.