iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.09

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

9月に毎年開かれる秋のAmazonイベントで紹介された新商品Amazon Echo Link Amp。家庭で本格的なオーディオ体験をするためのデバイスとして、スマート機能を備えた商品がお目見えしました。今回はAmazon Echo Link Ampのスペックと特徴をご覧いただきます。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様

アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。

形状は横長の長方形でカラーはブラックです。Amazon Echo Link Ampの上面はメッシュ状のデザインが施され、正面には丸いダイヤル型のコントロールバーが設置されています。

コントロールバーの周りにはLEDライトが装着され、ゲージの指示する5つのスポットに照明が設置されています。

シンプルでコンパクトに設計されたスマートアンプは、多目的にボイスコントロール機能によって操作ができる、本格的なオーディオサティスファクションを提供する商品です。

 

拡張マルチシステムのEcho Link Amp

Amazon Echo Link AmpはAlexaの拡張マルチシステムの一部が起用されており、新型のEcho Plus、Echo Subを搭載したデバイスが組み込まれているのが特徴です。

なお、オーディオデバイスで非常に近い商品としては、ストリーミングを楽しむことができるSonosのシステムが挙げられます。

Echoシリーズの他のデバイス同様にAlexaアプリの連動で、曲名選択、自動再生、ボリュームコントロール、電源オンオフなどの操作ができます。本体自体には現段階ではマイクやソースインジケーターの搭載はなく、視覚確認することはできません。

 

Echo Link Ampと合わせて使いたい推奨スピーカー

接続するスピーカーによって音質に個体差が現れますが、Amazonも推奨する販売価格レンジが同等の2種類のスピーカーがおすすめです。

Elac Debut 2.0 B6.2:販売価格$299.98

Amazonの販売スピーカーの中でも推奨されている商品です。オリジナルバージョーンからグレードアップされたタイプで、幅7.69インチ(約20㎝)、高さ14.76インチ(約37㎝)、深さ10.55インチ(約26㎝)のスタンドマウントスピーカーに類似しています。

グレードが上がって追加が加えられたのは、潜在的な音色を減らすためのブレースです。シャカシャカと叩くような高音の響きを押さえつつ、クリアなサウンドを楽しめます。

44Hz〜35kHzの周波数応答に調整されているため、中小規模の部屋で聞くのにちょうど心地よいセッティングです。ブーミックな低音の響きを回避するために、壁から少し離す必要がありますが、フロントマウントされているため支障をきたさない音響に調節されています。

Q Acoustics 3020i:販売価格$269.99

2006年からハイテク機器を販売している会社で、音響設備に定評のある会社です。音響の世界がかなりクリアで明るさを好む傾向にある中で、Q Acoustics はミッドレンジと低音の洗練された質感を提供しています。

3020iの5インチウーファーは、スピーカーを幅6.7インチ(約17㎝)、高さ10.9インチ(約27㎝)とコンパクトなデザインが特徴で、キャビネットの振動を少なくするためにP2Pブレースを搭載しています。

中音域も際立たせる繊細な音響づくりを実現する3020iは、丸みを帯びた暖かな音質を提供するスピーカーです。

 

Amazon Echo Link AmpとAlexaアプリの連動

Amazonのスマート機器は全てAlexaアプリとの連動によって操作が可能です。スマートフォンやタブレットなどのデバイスにダウンロードしたアプリから操作、もしくはすでにAlexa起動しているホームアシスタントシステムに追加することも可能です。

連動するためには、Alexaアプリに新しいデバイスの認識を促します。デバイスをピックアップしたら、操作画面に追加をすれば連動完了です。

操作画面から、ボリュームコントロールや選曲、自動再生やシャッフルプレイなどの設定、Amazonミュージックの再生など、様々な設定を行うことができます。操作起動は、Alexaのボイスコマンドで他のデバイス同様指示を促すだけで動作が完了します。

 

Echo Link Ampの価格帯と発売開始は?まとめ

Amazonの秋のイベントで発表された新商品Echo Link Ampは、現在FCC(米国連邦通信委員会)の審査過程にあります。一連の商品準備が整うのが、来年2019年初頭という見込みです。

販売価格は、Amazonで$299. 99です。現在は予約販売を受付中ですが、正式な商品ページがアップされていませんので、新しい情報はプライムのEメール通知を登録されることをおすすめします。

販売開始期日についてはまだ未定で、2019年初頭の予約販売開始に向けてAmazonでは準備を進めています。

関連記事

NEW

【IoTマスターへの道 vol.16】実家IoT化計画No.6_スマートロボット掃除機さまのお通りだ!!道は綺麗にしておきますね。

下村山が「実家IoT計画の本丸」としていたスマートロックの設置は、あえなく断念…。だがサポセンは優しかった! ここまでやったんだから、もうちょっとだけ便利にして帰ろうと考えた彼は…。 前のお話:【Io ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11
NEW

海外旅行に持っていったスマートガジェット 〜「機内を快適に」編

先日、1週間ほどオーストラリアへ旅行してきました。 普段は家に閉じこもって仕事をする毎日なのでリフレッシュを求めて行ってきたのですが、家にいるような快適さも失いたくない…。 とくに、我が家は僕の仕事柄 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11
NEW

住宅をスマートハウス化したい!国や自治体から補助金がもらえるって本当?

スマートハウスとは スマートハウスとは、住宅全体のエネルギー管理や、断熱などの住宅性能による「省エネ」、太陽光発電による「創エネ」、発電されたエネルギーを貯蔵する「蓄エネ」の3つの柱をもとに、CO2排 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.