Amazon Echo Wall Clockで作業の効率化を図ろう!最新のスマート機能時計でタイムバリューな生活 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.06

Amazon Echo Wall Clockで作業の効率化を図ろう!最新のスマート機能時計でタイムバリューな生活

Amazonのスマートデバイスの中で最新機器が2018年9月、シアトルで行われた秋のハードウェアイベントで発表されました。
中でも Echo Wall Clockは、スマートアプリAlexaの最も特化的な機能に精通し、シンプルな壁掛け時計とテクノロジーの融合が生活の利便性を高めます。 Amazon Echo Wall Clockの特徴と機能性についてご覧いただきます。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Amazonの最新Echoシリーズ!スマートWall Clock

Alexaの強みタイマー・アラーム機能をフル装備

Alexaのスマート機能の中でもタイマー機能は非常に正確でデバイスとの互換性が良く、信頼性があるスペックとして定評があります。

Echo Wall Clockは、タイマーファンクションのすべてを網羅し、スタンダードなデザインとは異色のテクノロジーを備える壁掛け時計です。タイマーの操作はいたって簡単で、Alexaのボイスコマンドでタイマーセットが完了します。

タイマー設定とともに、文字盤のインデックスにLEDライトが点灯し、秒単位の表示が現れます。タイマーの設定は一度に数件登録が可能で、ストップやキャンセルもボイスコマンドで完了することができます。

サマータイム、ウィンタータイムの切り替えも自動で行われるため、手動で切り替えの手間が省け、常に正確な時間を表示するよう設計されています。

Alexaアプリを使用する

Amazon Echo Wall Clockのスマート機能を起動させるには、Echoシリーズのホームアシスタント機能を搭載したデバイスと連動させる必要があります。

Amazonから発売されているEchoシリーズのホームサウンドデバイスは全てにコンパチビリティ(互換性)があるため、どの機種にも問題なく適応できます。

設定はAlexaアプリをダウンロードし、ホームサウンドデバイスもしくはホームアシスタントデバイスいずれか一つと連動させます。

Alexaアプリ側の追加機能でEcho Wall Clockをデバイスとして加えれば、設定は完了です。始動はEchoホームアシスタントに音声認識機能で指示を与えるだけで作業や新しいタイマーの設定が簡単にできます。

Alexaでタイマーを設定する方法

カウントダウンタイマーを設定する場合は、Alexaにあらかじめ、いくつかのタイマー名をプログラミングさせることができます。

日常生活で常に使用する「洗濯時タイマー」「勉強タイマー」「クッキングタイマー」など時間に合わせてネーミングすることで作業の呼び出しが簡単です。Alexaアプリの「リマインダー・アラーム」を開き、ドロップダウンメニューからAmazon Echo Wall Clock を選択します。

「タイマータブ」をタップしてタイマーステイタスを表示させ、管理するタイマーから一時停止やキャンセル、変更で設定管理を行います。

既に設定されているすべてのタイマーの確認はボイスコマンドで「Show me my timers(私のタイマーを表示して)」で確認することができます。

Alexaでアラームを設定する方法

Alexaアプリのアラーム機能は、曜日ごとのアラーム設定、週末のみのアラーム設定のように、用途と目的に合わせてセッティングが可能です。

Alexaの「リマインダーアラーム」からアラームタブを選択し、ドロップダウンからEcho Wall Clockをタップ、既存のアラーム設定を表示します。「繰り返し」表示から使用可能オプションを選択して保存すれば完了です。

アラームにはスヌーズ機能が搭載されており、9分以上なり続けると「スヌーズ」というコマンドで音がサイレントモードに切り替わり、「ストップ」という指示で停止します。

全体のアラームの確認はタイマー同様に「自分のアラーム表示」というコマンドで、現在セッティングされているアラームを表示させることができます。

 

Echo Wall Clockの価格帯と販売時期

秋のAmazonハードウェアイベントで発表されたばかりのEcho Wall Clockは、現在予約受付中の商品です。

Amazonのアカウントにサインインをして、アラートを設定しておけば出荷準備が整った時点でEメールによるお知らせを受け取ることができます。

販売価格は、Amazonサイトで$30、ヨーロッパでは23ユーロ ($40) で販売が予定されています。アナウンスメントにおいては発売日の指定はありませんでしたが、今年2018年の年末までに出荷予定で商品準備を進めています。

 

Echoシリーズはホームデバイスが勢ぞろい!

これまで、AmazonはAlexaアプリを連動させて生活を便利にする作業を自動化するためのスペックに力を入れてきました。

すでにシリーズ化されているEcho商品は、Echo Dot、Echo 2nd generation、Echo 3rd generation、Echo Plus、Echo Showなど、シリーズの中でも次々とグレードアップされた商品がお目見えしています。

Echoシリーズの画期的なテクノロジーは、スマート機能に対応するデバイスにプログラミングとカスタマイズを加えられる点です。

新商品であるEcho Wall Clockは、AlexaとBluetoothで接続され、他のEchoデバイス同様配線やセッティングが瞬時にして行える手軽さがポイントとなっています。

Alexaのホームシステムをプログラミングし、時計がアラーミングによってタイミングを教えてくれるAmazon Echo Wall Clockは、時間を気にしながら作業を進める煩わしさを軽減してくれるスマート商品です。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.