Amazon Echo Dot 第二世代スマートスピーカーで快適生活!Alexaのボイスコマンドで楽々作業! | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.01

Amazon Echo Dot 第二世代スマートスピーカーで快適生活!Alexaのボイスコマンドで楽々作業!

Amazon Echo Dot スマートスピーカーが第一世代から更にパワーアップして登場。ポータブル性と機能性を向上させた第二世代の Echo Dot のご紹介です。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Amazon Echo Dot第二世代の特徴

Amazon Echo Dotは、ハンズフリーでボイスコントロール動機するスマートスピーカーです。音楽を聴くことはもちろんのこと、スマートコントロールホームデバイスとして、タイマーやアラームの設定にも利用できます。

他にもたくさんの機能を備えた、グレードアップした二世代モデルの特徴をご紹介します。

・デザイン性とフィーチャー

Amazon Echo Dotの第二世代は、筒を切ったような形状で、高さ3㎝、直径が約8㎝のホッケーパックのような形をしています。筒の上部表面に、マイクのオンオフ、ボリューム調節、アクションボタンの4つのコントロール部分が設置されたシンプル設計です。

底面にはずれ落ちやスリップ防止のためのグリップ素材でコーティングされているため、どんな材質の表面にもしっかりと固定ができます。

コントロール面の縁にLEDライトが装着されており、照明機能とデザイン性を兼ね備えたフィーチャーが特徴で、BluetoothとWi-Fiコネクターに接続が可能。本体側面には、パワージャック挿入口とヘッドフォンコードの差し込み口があります。

カラーは黒と白の2色があり、どちらにもメタリックの様な光沢があって、表面のつや感を強調するモダンなデザインです。

・Alexaでスマート機能セットアップ

Amazon Echo Dotの第二世代を使用するためには、Google PlayもしくはiTunesからAlexaのダウンロードを行い、スマート機能を起動させる必要があります。

Alexaアプリをダウンロードしたら、Wi-Fiコネクションと連動させるため、スマートフォンのWi-Fiセッティングを表示し、Echoのコマンドボタンを5秒程度押し続けます。

連動が完了したら、LEDライトが点滅し、音声で「セットアップモード」が流れ、Wi-Fiのコネクションが完全に繋がったことを知らせます。

次にAlexaアプリ側の設定でWi-Fiのコネクションがつながったことを確認すれば、すぐにアプリを使用して便利な機能を使用可能です。

Amazon Echo Dotには、内臓スピーカーが付帯されていますが、アプリを利用して別のスピーカーを接続して音響を楽しむことができます。

Bluetoothを通して使用できるデバイスは、Alexaのボイスコントロールによってナビゲートできますが、一度に接続できる機種は1種と制限があります。

Bluetooth設定も、Wi-Fiのコネクション同様、スマートフォンのAlexaアプリのBluetoothコネクションを開き、接続したいデバイス側のコネクションボタンを長押しします。

Alexaアプリがデバイスを感知して検索を始め自動で接続、もしくは機種を選択してタップすれば完了です。

接続自体のコントロールは非常に単純で、「接続」「切断」をボイスコントロールが感知すれば機能する仕組みです。

・Alexaを始動させてできるファンクション

Alexaを使ってコントロールできる機能は、基本的にスマートスピーカーに付帯されるファンクションとして、全て網羅しています。

Amazonミュージックや、Spotify、Pandora,、iHeartRadio, TuneIn、and SiriusXMは全て利用可能です。他には、ニュースや天気予報を確認したり、スポーツスコアのお知らせ、映画の時間予告、ライトやサーモスタットのコントロールをしたりすることができます。

シンプルなボイスコマンド機能で、スマートファンクションを使いこなすことができる仕様です。初期のEchoと比較して、最も進化したのはボイスコマンド反応で指示を起動させるまでの時間で、格段に速くなりました。

スピーカーとWebを接続する「IFTTT(イフト)」を導入すると、ホームアシスタントをフルに活用することができ、音声認識反応だけでSNSへの投稿や、メールの添付物をドロップボックスへ保存するなど、様々なコンビネーションコマンドをこなすことができます。

また30,000以上の機能を追加することも可能で、ゲーム番組「Jeopardy」や、ドライバーサービス「Lyft」などのサービス利用まで、幅広く利用することが可能です。

・音響のクオリティ

ホームスマートスシステムを念頭において作られたEcho Dot第二世代のスピーカーは、単独で音響を楽しむための音質には特化していません。

スマートホームシステムや他のデバイスと連動させる目的を大前提としているため、音響効果を楽しむ場合は、家庭にあるオーディオシステムや、クオリティ重視のスピーカーと連動させることで、より本格的な音楽体験ができます。

 

Amazon Echo Dot第二世代の価格帯!

Amazon Echo Dot第二世代の販売価格は、$49.99から$29.99と非常に幅があります。一番リーズナブルな価格は、Amazonの$29. 99です。

AmazonではEcho Dotに付属させることのできる携帯用ケース、壁にはめ込むためのウォールブランケット、壁マウントハンガーなどのアクセサリーも豊富となっています。

Echo Dot第一世代と比較すると高さが低く、コンパクトなため、壁面を利用してインビジブルに部屋との一体感を楽しむ使い方もできます。

 

Amazon Echo Dot第二世代の賢い活用!まとめ

Echo Dot第二世代は、Alexaによってスマート機能を網羅することができるスペックが魅力のデバイスです。

なお、スマート機能を利用するにあたり、Amazonだからこそ利用価値があるファンクションはショッピング機能が挙げられます。

Amazonプライム会員に登録しているユーザーは、ボイスコマンドで欲しい商品を検索し、購入から発送日の選択までをEchoに語り掛けるだけで注文完了することができます。

2台以上のEcho Dotを設置すると、Echo Dot同士で話しをすることができ、地階と上階にてインターフォンのような使い方をすることもできます。第二世代にグレードアップしたEcho Dotは、軽量化に成功したことで、持ち運びにも便利になりました。

携帯用として旅行にもビジネスのお供にも活用できるポータブル利用も可能で、効率性と利便性が高められた製品であると言えます。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.