iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.11.19

AIは芸術家になるか? GANsネットワークとオートマティスム

記事ライター:Yuta Tsukaoka

ここ数ヶ月で目立ってきた、AIによる「芸術作品」

CHRISTIE AIの描いた肖像画「Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy」

ZDNet IBM Watsonの描いた「AIを象徴する絵」

画像引用元(上): CHRISTIE AIの描いた肖像画「Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy」
https://www.christies.com/features/A-collaboration-between-two-artists-one-human-one-a-machine-9332-1.aspx

(下):ZDNet IBM Watsonの描いた「AIを象徴する絵」
https://www.zdnet.com/article/this-is-what-ai-looks-like-as-sketched-by-ai/

AIが人間の仕事を奪う、という言説はもはや聞き飽きたという読者もいるだろう。一方で、AIには人間の仕事を奪うことはできない、というのもまた、同じくらいよく言われている。

前者の理屈は、AI=人工知能はいつか人間の脳を完全にトレースするので否応なくリプレイスされるであろうという夢見がちなものから、定型作業に徹する仕事はAIのほうが向いているので経営判断として個別にリプレイスが進み、結果として多くの人が職を失う、という現実路線のものまでバリエーションが多い。

一方で、AIは人間の仕事を奪うことができないと信じる人々の理屈は、「AIには人間のような柔軟な発想をできないから」という1点に集中している。事実として、いまのコンピュータ技術では不可能ではある。

しかし、逆に言えば技術さえ整ってしまえばこの理屈は破綻する。あらゆる技術開発は不可能を可能へと変えていく方向に進むので、いつかは必ず実現してしまうだろう。それが、レイ・カーツワイルの予言した「2045年」であるかどうかは、別の話だが。

そんな中、多くの人が「人間の聖域」と考えている芸術分野でAIが活躍しているニュースがこの1週間で立て続けに発表された。

ひとつは、ニューヨークの有名オークションハウス「クリスティーズ」でAIの描いた肖像画が予測の40倍以上を上回る43万2,500ドル(約4,900万円)で落札されたというもの。

そしてもう一つは、IBMのWatsonが「AIを象徴する絵」を描いたというものである。

 

芸術作品を生み出すアルゴリズム

アルゴリズムを模した作成過程の図式

この2つのニュースはともに、敵対的生成ネットワーク(GANs)というアルゴリズムが裏にある。
私が以前、iedgeで執筆した「クリエイティビティは人間の聖域か? ―AIが生み出したジャパニーズアイドルたち」でもGANsについては触れているが、今回の記事ではもう少し掘り下げてみたいと思う。

なお、ここから1,000文字ほど、やや専門性の高い話になる。アルゴリズムの話には興味がない場合はここを読み飛ばして次の見出しへワープしても記事の価値は失われないので、さっとスクロールしてほしい。

さて。GANsの基本的な考え方は、生成側と評価側のAIが競い合ってゼロサムゲームを繰り広げることで、生成物のクオリティを上げていくというところにある。
意味のわからない言葉が続いて不安かもしれないが、大丈夫。このあと解説するための伏線なのでまずは飲み込んでほしい。

大前提として、AIを育成する方法が「教師あり学習」と「教師なし学習」に大きく分けられることを知っておいてもらいたい。画像認識を例にとって2つの違いを解説しよう。

猫の写真
AIに「猫」を識別させたいとき「教師あり学習」では膨大な写真をデータとして用意して「これは猫」「これは猫じゃない」と一つずつ正解を教えていくことで、猫の「特徴点」――すなわち、耳が尖っているとか、全体として丸みを帯びているとか、4つの足があるとか、色は個別に違うとか、そういった「猫を象徴する特徴」をAIが理解していくことで猫を識別する能力を獲得する。

あなたのスマートフォンに入っている写真アプリ(AndroidならGoogleフォト、iOSなら写真)で「猫」と検索すると猫の写っている写真をピックアップしてくれるのはこの「教師あり学習」の成果である。

もう一方の「教師なし学習」の代表例が、今回取り上げているGANsネットワークである。「教師あり学習」における教師は人間のことだが、教師なし学習では人間の力を(ほとんど)借りずにAIが自己成長するのが特徴だ。

GANsネットワークは、ふたつのAIで構成される。それがさっきの「生成側(generator)」と「評価側(discriminator)」である。

まず、生成側に猫の写真(=実物サンプル)を複数枚与えて、それらを真似した偽物を生成させる。評価側には本物なのか偽物なのかを伏せてどちらかを提出して評価させ、その正誤によって双方がアルゴリズムの自己修正を繰り返すというものだ。

生成側は「偽物を本物と誤答させるように」、評価側は「誤答がなくなるように」とアルゴリズムを自動修正しつづけるので、最終的には生成側の提出する偽物と本物の差がほぼなくなり、評価側の正誤率も「5:5」へと近づいていく。ゼロサムゲームである。

おわかりいただけただろうか?

このアルゴリズムを利用すると「教師あり学習」よりもずっと早く、しかもサンプル数もずっと少なく学習を完了させることができる。何より人間の「教師」が不要なのでAI育成のためのコストが大きく削減できることが期待されているのだ。

 

GANsネットワークは真の芸術を生み出すだろうか

机の上に使いかけの画材が並べられた様子

さて、話を芸術作品に戻そう。

冒頭で紹介したニュースのうち、肖像画のほうは世界中の肖像画を「実物サンプル」としてGANsネットワークに学習させることで生成したもので、Watsonの描いた「AIを象徴する絵」はニューヨーク・タイムズのテキストを読ませて「AI」を象徴する中核的イメージを生成している。どちらも教師なし学習、つまりAIが「自ら」描いたという点が大きくニュースになっているわけだ。

これはまさしく、現代芸術におけるオートマティスム ――人間が手を動かす古典的な作品制作過程に対するアンチテーゼとして作品制作を「自動化」する流れの上にある。

たとえば、インクをぶちまけた(だけに見える)ジャクソン・ポロックの作品を見たことがあるだろう。あれは「絵を描く」という過程に偶然性を取り込んで画家の介入を最小限に抑えたオートマティスムの代表作と言っていい。

その点では、冒頭で取り上げた2作品はどちらも「芸術作品」だ。一方で ――ジャクソン・ポロックの絵を「世界一高価な落書き」としか見ない人達がいるように、これを芸術とは言えないと考える人もいるだろう。

結局のところ、GANsネットワークは絵画に新たな手法をひとつ与えただけで、AIが芸術性を獲得したとはまだ言えないと私は考えている。なぜなら「AIに絵を描かせてみよう」という発想 ――まさにそれ自体が「芸術」だからである。

AIと芸術という、離れた2つの点をつなぐ発想の飛躍こそが、人間の人間たる所以なのかもしれない。

<このライターの記事をもっと読む>
いいぞ、新しいGoogleニュース! AIによる「まとめ」でメディアに操られないリテラシーを
「テクノロジー逆転現象」で先進国が「テクノロジー後進国」になる未来

関連記事

NEW

いつもより簡単、いつもよりおいしい。IoTで日々の食事をアップデート

ドライエイジングやスロークッカーを使った料理など、家庭でも一手間を加えて料理をする人が増えています。美味しいものは外で食べるのもいいけれど、自分で作れたら素敵ですよね。とはいえ長時間煮込み続けたり、つ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

今までよりもっと便利に!Apple TVアプリとは

Apple TVアプリとは? AppleTVアプリは、Apple TV機器に搭載されているデジタルコンテンツ購入や視聴が可能なアプリです。「Hulu」や「dTV」など、動画ストリーミングサービス(イン ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

まるで出張クリーニング屋?IoT 洗濯機は便利でストレスフリー

どれだけ疲れていても、毎日やらなければいけないのが料理、掃除、洗濯などの家事。避けられないルーチンワークだからこそ、機能性が高いと嬉しいですよね。今回は、日々の「洗濯」をアップデートするIoT洗濯機を ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.