iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

話題のスマートホーム、住むとしたら価格はどれくらい?

ハウスメーカーやIT関連企業などがどんどん参入しているスマートホーム市場、その魅力も消費者に少しずつ理解され始めてきました。様々な形態がありますが、住むとしたらスマートホーム(スマートハウス)の価格はどれくらいなのでしょうか?

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

そもそもスマートホームって?スマートハウスとは違うの?

日本では、どちらかと言うとスマートホームよりもスマートハウスという言い方の方が普及しているかも知れません。

簡単に言うとスマートハウスとは、HEMSに代表されるような「エネルギーの効率利用化」を目指した設備や装置がある家を指すことが多いようです。

一方のスマートホームは「エネルギーの効率利用化」にとどまらず、家中のあらゆる家電製品がIoT化されて「セキュリティ」や「快適さ」「エンターテイメント」などの面でもオートメーション化が進んだ家を指すことが多いようです。

いずれも、家電やその他の電化製品をネットワークに繋いで、それをコントロールする機器や装置によって適切に制御し、「快適」「便利」「省エネ」「安心」などを得ることができるようになった家を指します。

ですので、広義では同じものと考えていただいても問題はないでしょう。

 

スマートホーム(スマートハウス)の価格はどれくらい?

「スマートホームに住みたい!」と思った時にいちばん気になるのが価格ですが、これに関しては「既存の住宅に設備を設置するのか」あるいは「どんな設備を導入するのか」によっても大きく変わってきます。

詳細は各メーカーのサイト等で確認をしていただきたいのですが、太陽光発電システムの設置価格(機器・工事費等込み)を例として挙げてみると、

1kWあたり46.2万円~57万円

程度と言われています。ひと住宅あたりの太陽光発電平均容量は4kWと言われていますので、平均すると184.8万円~228万円となります。

4kWの場合、年間におよそ4,000kWの発電が可能とされていて、それを売電するとなるとおよそ15万円~20万円前後になるものと考えられます。

そのほか、HEMSと家庭用蓄電池で200万円前後、エネファーム(燃料電池)で200万円前後ということで、本格的な設備を設置しようと思うとスマートホーム(スマートハウス)化の価格に関しては結構な金額が必要になるということが分かります。

 

補助金や助成金などを利用できるケースも!

「スマートホームに住むには多額の費用が必要になるのか」

と思われたかもしれませんが、国や各自治体も補助金(助成金)制度を設けています。

自治体の補助金制度は各自治体によって異なりますのでご自身でご確認いただきたいのですが、国の補助金としては、例えば太陽光発電システムであれば1kWあたり3.5万円、エネファームで70万円などの補助金が用意されています。

*国、各自治体いずれにおいても設置等の要件を満たす必要があります。

これらが上手に活用できれば、本格的なスマートホーム(スマートハウス)化の価格に関しても、差し引き450万円~550万円前後で設置できる可能性があります。

 

こんなスマートホーム向けIoT機器も登場している!

「そこまで本格的じゃなくて良いんだけど…」
「多額の費用を投資するリスクを負うのはちょっと…」
「まずはスマートホームがどういったものなのか体験したい」

など、いきなりHEMSなどの設備を導入するのは抵抗があるという方も少なくないと思います。

そこでお勧めしたいのが、各IT関連企業などから次々に発売されているIoT機器を用いたスマートホームです。

例えば2017年8月に販売が開始されて大きな話題を呼んでいるのがマウスコンピューターのmouseスマートホームスターターキットです。

・ルームハブ
・スマートプラグ
・スマートLEDライト
・モーションセンサー
・ドアセンサー

この5製品がセットになっていますので、購入後すぐにスマートホーム・ライフを始めることができます。その上、価格は税別24,800円というまさに「スマートホーム(スマートハウス)を体験してみたい」という方にはピッタリの商品です。

スマホに専用アプリをダウンロードして、全ての機器をルームハブとスマホに登録(ペアリング)するだけで、外出先からでも家電が思いのままに制御できるというものです。

例えば玄関にドアセンサーを設置することでドアの開閉時に通知されたり、モーションセンサーをリビングに設置すると人の動きを感知したらスマホに通知され、遠隔でエアコンを作動させたりすることもできます。

まだまだ各メーカーの製品同士が連携しづらいという課題もありますが、将来的にはHEMSもこれらの機器も全てネットワークで繋がって、一元的に制御できるようになるでしょう。

 

スマートホームの情報は常に仕入れておきたい!

今回はスマートホーム(スマートハウス)の価格を中心にご紹介してきました。

本格的なシステムの導入は難しくても、スマートホーム(スマートハウス)の仕組みをお手頃価格で導入できるスターターキットなども各メーカーから発売されています。

スマートホーム市場はどんどん活性化してきていますので、新しい製品の発表なども頻繁に行われています。

これからの生活基盤の主流になりうるスマートホームの情報は、常にチェックしておきたいものです。

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.