iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.10.25

Amazonがイベントで発表した一番のビッグニュースは壁掛け時計ではない

記事ライター:Yuta Tsukaoka
alyssa.play

スマートプラグ、STB、そして電子レンジと壁掛け時計で湧いたAmazonイベント

シアトルで行われたamazonのイベントの様子
(画像引用:TechCrunch)
https://techcrunch.com/2018/09/20/amazon-launches-an-alexa-microwave-with-built-in-popcorn-dash-button/

2018年9月20日にシアトルで開かれたAmazonのイベントでは、実にさまざまなデバイスが発表され、少なくとも私の界隈は大きく湧いた。

刷新されたEchoシリーズ(うち、New Echo PlusとEcho Show、New Echo Dotは日本でも発売される)に、スマートプラグEchoシリーズと連携するアンプ、サブウーファー、そしてAlexa搭載の電子レンジ壁掛け時計…。

日本在住の私は後半、指をくわえて見ているだけだったが(もちろん、在米の友人にすぐ電話して購入の手続きを頼んだ)、もっとも興奮したのはガジェットの発表ではなかった。

どうもあまりメディアに取り上げられていないのだが、AmazonはAlexaというAIに画期的な機能を組み込もうとしている。

 

「勘」を働かせるAlexa Hunches

amazonのアプリが表示されたスマートフォン画面
(画像引用:TechCrunch)
https://techcrunch.com/2018/09/20/amazons-alexa-can-now-act-on-hunches-about-your-behavior/

Amazonがこれだけたくさんの製品を発表したということは ――そのニーズがあるなしに関わらず同社はこれから家庭にたくさんのIoTデバイスが入り込むと考えているわけだ。

となると問題になるのが、これまでの記事でも取り上げてきた「スケール問題」である。

たとえば、仕事部屋のEcho Dotに「電気をつけて」と言っても「どの照明を点けましょうか?」とトンチンカンな返事をすることがあるだろう。朝、仕事部屋に入ってきてまずリビングの照明を点ける奴がどこにいるんだと叱りたくなるが、そこはぐっと我慢だ。

なぜなら、Echo Dotが課題を処理する「スケール」――すなわち自分のコントロール下にあるスペースはその家の中全体(正確には自宅Wi-Fiの受信範囲)なので、ただ「照明」と言われても「どの照明なのか」が判断できないのである。

その解決策として、AIスピーカーは「目」を持つべきというのが私の主張だが、Amazonはそれをソフトウェア的に解決しようとしている。

それが、Alexa Hunches(Hunch=勘)である。ユーザーの毎日の振る舞い、ルーチンを深層学習によって理解して「勘」を働かせ次の動きを先回りするのだ。

先ほどと同じく、私の朝のルーチンを例に取ろう。

私は毎朝、仕事部屋に入るとEcho Spotにデスクライトと水槽の照明を点け、エアコンを動かし、ニュースを読み上げてもらっている。ほとんど毎日だ。

Alexa Hunchesが実用化されると、これを繰り返すうちにEcho Spotがこんなことを言い始めるのだ。「リビングのエアコンがついたままですが、私が消しておきましょうか?」

 

「勘」を身につければAIスピーカーはパートナーになれる

デスクワークをしている男性

もっといろいろなシチュエーションがあるだろう。

たとえば、寝る前に「明日は6時半のアラームをかけなくて大丈夫ですか?」とか、「今日は気温が低いようですが冷房はつけますか?」とか、「プライム・ビデオでジャック・ライアンの新シリーズが始まりましたがウォッチリストに入れておきましょうか?」とか、とか、とか。

これまでのAIスピーカーは結局のところ気の利かない御用聞きでしかなかった。電気を点けて、エアコンつけて、音楽かけて、と言われないと何もできない存在だったが、Alexa Hunchesによって「人間側のルーチン」を理解できるようになれば先回りしてサポートができるようになる。

いま、AIスピーカーが(私やあなたのような)一部のテック好きにしか歓迎されていない原因はその「勘の悪さ」にあるので、それが解決すれば一気に普及するかもしれない。

GoogleとAmazon(と、Appleと一応、LINEの)AIスピーカー戦争は魅力的なハードウェアではなく、実はこういったソフトウェア的な洗練で解決するのではないだろうか?

(画像引用:Amazon Press center)
https://press.aboutamazon.com/images-videos/devices-companion/product-images-wallclock

<このライターの記事をもっと読む>
2020年に本格運用開始予定!第5世代通信システム「5G」とIoTの関係とは?
AIを知る本棚 vol.1 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(新井紀子/東洋経済新聞社/2018年2月刊行)

関連記事

NEW

あなたは見分けられるか? AIが生成する「実在しない」人物の顔写真

いきなりだが、ひとつクイズを出そう。 この二枚の写真を見て、合っていると思う選択肢を選んでほしい。 A 男性だけが実在する人物である B 女性だけが実在する人物である C どちらも実在する人物ではない ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22
NEW

Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」の使い方って?機能拡張でますます便利に!

Amazon Echoとは? Amazon EchoはAmazonが開発したスマートスピーカーで、AIアシスタントのAlexaを搭載しています。2014年11月にアメリカで最初に発売されて以来、次々と ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22
NEW

Amazon Echoシリーズ最上位モデル「Echo Show」って?大きな画面と高音質スピーカーでAlexaをもっと楽しく

「Amazon Echo Show」とは? 「Amazon Echo Show」は、AI搭載スマートスピーカー、Amazon Echoシリーズの最新かつ最上位モデルです。日本では2018年12月12日 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.