iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

カラースマートLEDのベストな選択、 Lifx Color 1000

スマートフォンで照明の明るさを変える、音楽と光をシンクロさせる、日の出のように徐々に部屋を明るくしていく、などの多彩で便利な機能を持つスマートLED。
今回はLifx Color 1000を紹介します(国内未発売製品)。

記事ライター:iedge編集部

コストに見合った高性能ぶりを発揮

ここ数年間、カラーのスマートLEDといえば、フィリップスのHueが代名詞でした。そのHue に対して、Lifx Color 1000は強力な対抗製品です。Lifx Color 1000はHueに比べてより明るく、より省電力で、より正確な色再現を誇ります。また、IFTTT、Amazon Echoなど他社サービスとも連携可能です。

Wifiで接続するため、Hueのように200ドルのスターターキットを購入する必要もなく、手軽に利用開始することができます。ただし、電球一つ当たり60ドルと、少々値が張ります。

もう少し安くなるのを待って、しばらく様子見するというのも一つの手です。ただ、もしスマートLEDの購入を決めているならば、間違いなくLifx Color 1000がおすすめです。コストに見合った高性能ぶりを期待することができます。

 

よりコンパクトで強力、さらに省電力

Lifx Color 1000はLifxの従来製品と同じ円柱型ですが、1cm短く、50g軽く、6ワット省電力というスペックになっています。さらに、Lifx Color 1000は従来製品よりも明るい光を放つことができます。

従来製品が最大956ルーメンだったのに対して、Lifx Color 1000はその名の通り1000ルーメンです。ワットあたりの明るさも、Hue最新版の75ルーメンに対して、Lifx Color 1000は90ルーメン以上と、非常に優秀です。

上の画像は左から、Hue、Lifx、Misfitの3製品を緑色に設定し並べたものです。Lifxがより明るく、濃い色をしているのが分かるかと思います。明るさを落とせば、Misfitのように電球自体を緑色にすることができます。

 

多彩なアプリ操作

Lifx Color 1000はiOS/Androidアプリを使用して操作します。輪状の色相パレットから好みの色を選択し、中央部分のスライダーで明るさを調節します。操作はリアルタイムでLifx Color 1000に反映されるため、実際に確認しながら微調整できます。

また“Theme(テーマ)”として、“Cheerful(元気)”や“Exciting(興奮)”といった感情を表す光が設定されていて、気分に合わせた照明を手軽に楽しむことができます。

ロウソクで照らしたような揺らめく光、目まぐるしい色の切り替え、ストロボライトのような激しい点滅など、多彩な効果も使用可能です。効果はそれぞれ、詳細設定することで、好みや用途にあったカスタマイズが可能です。

Lifx Color 1000はミュージックビジュアライザーも搭載しています。音楽のリズムに合わせて光を変化させ、音を視覚化して楽しむことができます。

これは他の多くのスマートLEDにも存在する機能ですが、Lifx Color 1000ではスマートフォンのマイクを使用して集音することが特徴です。

これによって、音楽を周囲の雑音が少ない形で拾うことが可能です。ただし、外部スピーカーで再生している場合はスマートフォンをスピーカーの近くに置く必要があります。

 

IFTTT、Amazon Echoと連携可能

Lifxでは当初、時間指定での点灯、消灯に対応していませんでした。その後IFTTTと連携することで実現しましたが、今回新たにアプリ上での直接スケジューリングに対応しました。完全に点灯するまでの時間を長く設定し、日の出のような形で穏やかに目覚めることも可能になりました。

Lifx Colors 1000はAmazon Echoにも対応しています。設定はAmazon Echoのクライアント“Alexa”のアプリにLifxのログイン情報提供を許可するだけです。音声認識による操作は点灯、消灯だけでなく、明るさなどの微調整にも対応しています。

 

スマートLEDを満喫したいなら、Lifx Color1000

Lifx Color 1000はカラースマートLEDの中で、最も明るく、省電力です。また、アプリは使いやすく機能が豊富となっています。Apple Homekitには未対応ですが、Amazon Echoと連携可能です。

1つあたり約60ドルと、複数個購入するとしたら、かなり高価になるかもしれません。単にパーティで1つ2つ試してみたいというだけなら、約半額で購入できるMisfitを選択すると良いでしょう。しかし、家全体で多彩な機能を使用したいというなら、Lifx Color 1000がおすすめです。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.