Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Polk Assist」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.09.11

Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Polk Assist」

日本でも、Amazon EchoやGoogle Home、LINE Clovaといったスマートスピーカーが販売されています。

Polk Assistは、Polk Audioが販売するスマートスピーカーです。音声コマンドによる操作を可能にするGoogleアシスタントを搭載し、動画配信サービスなどをストリーミング再生させるChromecastにも対応し、Google Homeよりもパワフルなスピーカーを持っています。今回は、Polk AssistのGoogle Homeにはない機能や性能を中心に紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Polk AssistもGoogle Homeと同じくGoogleアシスタントを使用

GoogleアシスタントはGoogleが開発したAIアシスタントで、双方向での会話を可能にします。Googleは、Googleアシスタントを搭載するスマートスピーカーとして、Google HomeやGoogle Home Miniなどを販売しています。

なお、Googleアシスタントを搭載したサードパーティー製のスマートスピーカーも数種類販売されており、Polk Assistはそのなかでも最新の機種です。

Polk Assistのサイズですが、高さが2インチ(約5センチ)、幅が1インチ(約2.5センチ)ほどです。Google Homeと比較すると、少し角張っています。

Google Homeはスピーカーであると一見わかりにくい形をしているのですが、Polk Assistはボディが保護用ネットで覆われていて、まさにスピーカーといった形状をしています。

Polk Assistの前面には、低音を出力するウーファーが上部に、高温を出力するツイーターが下部に搭載されています。Polk Assistの総出力は40ワットです。

Pork Assistの上部には、音量を調節したり、音楽を一時停止させたり、Googleアシスタントの機能を開始するボタンが設置されています。それだけでなく、LEDによって、音量レベルや、ユーザーの質問および命令を聞いている状態などを識別できます。

Google Homeの場合、LEDが虹のようにカラフルに点滅しますが、Polk AssistのLEDは赤と白の2色だけで非常にシンプルです。

Polk Assistには、入力ポートや出力ポートといったコネクタは搭載されていません。その代わり、Wi-FiやBluetoothを介して外部機器との通信を行ないます。

 

Google Homeよりも豊富なPolk Assistの機能

Polk Assistを使用するには、Google Homeアプリをダウンロードする必要があります。Google Homeアプリは、ChromecastやGoogle Homeなどのスマートスピーカーを操作できるアプリです。

Polk Assistにも、GoogleアシスタントやChromecastが内蔵されており、Google HomeアプリでPolk Assistを操作する仕組みになっています。

Polk Assistの機能は、大きく分けて2種類です。

1つめは、音楽を聴くスピーカーとして使用できる点。Googleアシスタントを搭載したGoogle Homeよりも、高音質なサウンドで音楽を聴けます。高音量でも、クリアで歪みのないサウンドを提供します。

Polk AssistにはChromecastが内蔵されています。Chromecastは、TVに接続するとWi-Fiを通じて受信したYouTubeなどの動画配信をTVに表示させることのできる装置で、Chromecastを通じて、Spotifyなどの音楽配信をPolk Assistで聞くことも可能です。

もうひとつは、バーチャルアシスタント機能です。Polk AssistにもGoogleアシスタントを搭載していますので、「OK、Google」という呼びかけのあとにPolk Assistに向かって今日の天気などを問いかけると、その声を聞き取って問いかけに答えてくれます。

Googleアシスタントを経由して、Polk Assistの音量を調節したり、音楽を再生させたり、Google Homeと連携可能なスマートホームデバイスを操作することも可能です。

大声でなければPolk Assistが聞き取れないということはありませんが、Polk Assistが認識できるような音量で伝える必要があります。

とはいえ、30フィート離れた場所で命令や質問しても、Polk Assistは聞き取ってくれるので、十分高性能であるといえます。

 

Polk Assistのラインナップや価格は?

Polk Assistは白と黒の2色、それぞれ199ドル(約22,000円)で販売されています。Googleが販売するスマートスピーカーのように、複数モデルのラインナップは用意されておりません。

Google Homeが15,120円で販売されているのと比較すると、若干高めです。しかし、Chromecastを搭載していたり、高音質な音楽が聴けたりと、多機能なスマートスピーカーに仕上がっています。

関連記事

NEW

AIにとって理想的な「教師」は誰か? メルボルン大学のチームが実験で「AIの危険性」に警鐘

実験に使われた「生体ミラー」 ※画像はイメージです この実験では「生体ミラー(原文では The Biometric Mirror)」という装置が使われた。これは、1万の顔データを備えた人工知能によって ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.09.25
NEW

スマートホームを実現する「LS Mini」

LS Miniに内蔵される「AI」とは? LS Miniは、自宅の家電製品の自動化だけでなく、家族の見守りや、留守中の遠隔対応、さらには、自宅の快適な環境づくりのために、温度などを自動的にコントロール ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.09.24
NEW

一億円以上の資金を調達した、その実力とは?猫ヘルスケア「toletta」 

toletta完成までの道のり tolettaを開発した株式会社ハチたまの社長である堀宏治氏は、NTTデータで病院情報システムの開発に携わりました。病院経営コンサルティングに従事したのち、起業します。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.09.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.