iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.09.11

Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Polk Assist」

日本でも、Amazon EchoやGoogle Home、LINE Clovaといったスマートスピーカーが販売されています。

Polk Assistは、Polk Audioが販売するスマートスピーカーです。音声コマンドによる操作を可能にするGoogleアシスタントを搭載し、動画配信サービスなどをストリーミング再生させるChromecastにも対応し、Google Homeよりもパワフルなスピーカーを持っています。今回は、Polk AssistのGoogle Homeにはない機能や性能を中心に紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Polk AssistもGoogle Homeと同じくGoogleアシスタントを使用

GoogleアシスタントはGoogleが開発したAIアシスタントで、双方向での会話を可能にします。Googleは、Googleアシスタントを搭載するスマートスピーカーとして、Google HomeやGoogle Home Miniなどを販売しています。

なお、Googleアシスタントを搭載したサードパーティー製のスマートスピーカーも数種類販売されており、Polk Assistはそのなかでも最新の機種です。

Polk Assistのサイズですが、高さが2インチ(約5センチ)、幅が1インチ(約2.5センチ)ほどです。Google Homeと比較すると、少し角張っています。

Google Homeはスピーカーであると一見わかりにくい形をしているのですが、Polk Assistはボディが保護用ネットで覆われていて、まさにスピーカーといった形状をしています。

Polk Assistの前面には、低音を出力するウーファーが上部に、高温を出力するツイーターが下部に搭載されています。Polk Assistの総出力は40ワットです。

Pork Assistの上部には、音量を調節したり、音楽を一時停止させたり、Googleアシスタントの機能を開始するボタンが設置されています。それだけでなく、LEDによって、音量レベルや、ユーザーの質問および命令を聞いている状態などを識別できます。

Google Homeの場合、LEDが虹のようにカラフルに点滅しますが、Polk AssistのLEDは赤と白の2色だけで非常にシンプルです。

Polk Assistには、入力ポートや出力ポートといったコネクタは搭載されていません。その代わり、Wi-FiやBluetoothを介して外部機器との通信を行ないます。

 

Google Homeよりも豊富なPolk Assistの機能

Polk Assistを使用するには、Google Homeアプリをダウンロードする必要があります。Google Homeアプリは、ChromecastやGoogle Homeなどのスマートスピーカーを操作できるアプリです。

Polk Assistにも、GoogleアシスタントやChromecastが内蔵されており、Google HomeアプリでPolk Assistを操作する仕組みになっています。

Polk Assistの機能は、大きく分けて2種類です。

1つめは、音楽を聴くスピーカーとして使用できる点。Googleアシスタントを搭載したGoogle Homeよりも、高音質なサウンドで音楽を聴けます。高音量でも、クリアで歪みのないサウンドを提供します。

Polk AssistにはChromecastが内蔵されています。Chromecastは、TVに接続するとWi-Fiを通じて受信したYouTubeなどの動画配信をTVに表示させることのできる装置で、Chromecastを通じて、Spotifyなどの音楽配信をPolk Assistで聞くことも可能です。

もうひとつは、バーチャルアシスタント機能です。Polk AssistにもGoogleアシスタントを搭載していますので、「OK、Google」という呼びかけのあとにPolk Assistに向かって今日の天気などを問いかけると、その声を聞き取って問いかけに答えてくれます。

Googleアシスタントを経由して、Polk Assistの音量を調節したり、音楽を再生させたり、Google Homeと連携可能なスマートホームデバイスを操作することも可能です。

大声でなければPolk Assistが聞き取れないということはありませんが、Polk Assistが認識できるような音量で伝える必要があります。

とはいえ、30フィート離れた場所で命令や質問しても、Polk Assistは聞き取ってくれるので、十分高性能であるといえます。

 

Polk Assistのラインナップや価格は?

Polk Assistは白と黒の2色、それぞれ199ドル(約22,000円)で販売されています。Googleが販売するスマートスピーカーのように、複数モデルのラインナップは用意されておりません。

Google Homeが15,120円で販売されているのと比較すると、若干高めです。しかし、Chromecastを搭載していたり、高音質な音楽が聴けたりと、多機能なスマートスピーカーに仕上がっています。

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.