iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

iPhoneで始めるスマートホーム。アプリの特徴やメリットデメリットをご紹介!

2017年現在、日本でのiPhoneユーザーは68.60%、世界の19.59%と比べてケタ外れに多いことが分かります。iPhoneユーザーなら特に気になっているであろうiPhoneのスマートホーム(スマートハウス)に関するアプリについて、特徴やメリットデメリットなどをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

iPhoneで始めるスマートホーム。アプリの特徴やメリットデメリットをご紹介!

iPhoneで始めるスマートホーム(スマートハウス)のアプリの特徴とは

2016年9月13日に「iOS10」のリリースが開始されましたが、その時に新たに追加されたホームというアプリが、iPhoneでスマートホーム(スマートハウス)を始める上で必要になってくるアプリです。

AppleのHomekitというスマートホームプラットホームに対応している製品をコントロールすることができるアプリで、Apple TVをハブとして使用すれば、iOSデバイスを通じて外出先からでも自在に制御することが可能になります。

また、通常であればアプリを立ち上げるための”タップ”が必要になりますが、iPhoneにはSiriが搭載されていますので、Siriにコマンドを伝えることでiPhoneには触れることなくホームアプリを起動させコントロールすることもできます。

その他の特徴としては、

「登録するデバイスに名前をつけられる」
「部屋ごとにグループ分けができる」

という点があります。

例えば玄関の照明を「照明1」、リビングの照明を「照明2」とすればホームアプリ上でも識別しやすかったり、Siriに「照明1を消して」と頼めば玄関の照明が消えたりします。

あるいは「寝室」「キッチン」「リビング」「子供部屋」などと登録しておけば、Siriに「子供部屋の電源を落として」と言えばエアコンやテレビなどの電源を一括で制御することも可能です。

そのほか、iPhoneのスマートホーム(スマートハウス)のアプリについて詳しい情報はAppleのサイトをご覧ください。

ホームアプリ

 

iPhoneのホームアプリでできること

Homekit対応のIoTデバイスを設置していれば、ホームアプリを使ってiPhone一つで色々なことができます。

「Hey Siri、ガレージの映像を見せて」と言えばガレージに設置したセキュリティカメラに映る映像を確認することができますし、「リビングの温度を27度に設定して」と言えばセンサーと連動してエアコンが適切に作動します。

また、事前にシーンごとに照明の色や照度、カーテンの開閉、各種電源のオン・オフなども設定しておくことができますので、例えば、

「おやすみシーンにして」と言うだけで、自動で照明が徐々に落ち、カーテンがスルスルと閉まり、寝室以外のエアコンなどの電源が切れ、心地よい眠りにつくためのBGMが流れる……ということもできます。

さらに、Apple TVをハブとして使用すればもっと便利になります。

例えば、あなたの位置情報を取得して、自宅に近づいてくると自動で照明がついたり、玄関に近づくとドアが解錠されてエアコンがオンになったり、外出先にいても屋内外をモニタリングしながらカメラに映る人と会話をすることもできます。

フルに活用すれば、文字通り家を「自動運転」にすることも可能です。

なお、現在発表されているHomekit対応デバイスについては、こちらのAppleのサイトをご覧ください。

Homekit対応デバイス

 

iPhoneのホームアプリを使うメリットとデメリット、今後の展望

現在、各メーカーから発売されているスマートホーム向けの様々なIoTデバイスは、A社の製品はA社の、B社の製品はB社の、という具合にそれぞれのアプリを立ち上げて操作する必要があるものが多くなっています。

iPhoneのスマートホーム(スマートハウス)アプリでは、AppleのHomekitに対応していれば異なるメーカーのIoTデバイスであっても一元的に操作することができますので、ユーザビリティという点において非常に優れており、すなわちそれがメリットと言えます。

反対に、Homekitに対応しているデバイスを揃えなければならないことや、対応しているデバイスがそれほど多くないことを考えると選択肢が少なく、こちらはデメリットと言えるかもしれません。

そもそもiPhoneユーザーの中でも「ホームアプリって何?」という人が多いことは周知の事実で、Appleもスマートホーム(スマートハウス)アプリについて十分な説明などはこれまで行ってきませんでした。

ただ、日本におけるiPhoneユーザーはAndroidユーザーの2倍以上いると言われていて、世界的に見てもトップのユーザー率と言われています。

つまり、ホームアプリを使い始めるための基盤は、実はもうすでに根付いているということです。

それに加え、AppleもSiriを開発者に開放するなど、徐々にHomekit対応デバイスを増やすための施策を練っていますので、今後一気に広まる可能性は大いに残されています。

もしあなたがiPhoneユーザーなら、スマートホーム(スマートハウス)が実現できるHomekit対応デバイスを買い揃えれば、簡単にSiriの恩恵を受けることができますし、もう少し対応デバイスが増えるのを待ってみても良いでしょう。

近い将来「iPhone一つで家中をコントロールする」そんな日がやってくるのではないでしょうか。

関連記事

NEW

海外旅行に持っていったスマートガジェット 〜「スマホの電池を守れ」編

みなさんこんにちは。 11月に1週間ほどオーストラリアへ行ってきました。 こんな可愛い動物や、 こんな壮大なドライブロード 。 美しい街並み。 オーストラリアに限らず、海外旅行ではバシバシ写真をとって ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.12
NEW

【IoTマスターへの道 vol.16】実家IoT化計画No.6_スマートロボット掃除機さまのお通りだ!!道は綺麗にしておきますね。

下村山が「実家IoT計画の本丸」としていたスマートロックの設置は、あえなく断念…。だがサポセンは優しかった! ここまでやったんだから、もうちょっとだけ便利にして帰ろうと考えた彼は…。 前のお話:【Io ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11
NEW

海外旅行に持っていったスマートガジェット 〜「機内を快適に」編

先日、1週間ほどオーストラリアへ旅行してきました。 普段は家に閉じこもって仕事をする毎日なのでリフレッシュを求めて行ってきたのですが、家にいるような快適さも失いたくない…。 とくに、我が家は僕の仕事柄 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.