iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.08.21

Amaon Echo Spot使用レビュー!導入したら必ず有効にしたいスキル3選

記事ライター:Yuta Tsukaoka

画面付きAIスピーカーのメリット

デスクの上に並んでいる複数のスマートフォン

Amazon Echo SpotやLenovo Smart Displayなど、画面付きAIスピーカーへの期待感は今のところあまり高くないようだ。

それは、GoogleアシスタントやSiriなどを備えた画面付きのデバイス ――つまり、スマホをほとんどの人が持っているから、ということだと思う。

しかし、画面付きAIスピーカーとスマホはまったく異なるものであることは知っておいたほうがいい。

スマホはあくまでも能動的にこちらから働きかける必要があるが、画面付きAIスピーカーは受動的な使い方が可能なのだ。

たとえば、ニュース。スマホであれば空き時間にニュースを見るためにアプリの立ち上げが必要になるが、Echo Spotに関して言えば通常の時計画面から数分おきに「話題」のタブに切り替えられ、そのときに読むべきニュースを教えてくれる。

テレビやラジオをつけておくほど邪魔はしないが、スマホほどの手間もいらない。それが画面付きAIスピーカーの大きなメリットである。

 

Amazon Echo Spotと相性のいいスキル3選

キッチンで音楽を再生しているAmazon Echo
(画像引用:Amazon)
https://amazon-press.jp/Prime/Prime/Press-release/amazon

では、その前提で相性のいいスキルを厳選して紹介したい。
Echo Spotの普段の姿は「ハイテクっぽい置き時計」だが、スキルを有効にすることによってその価値は何倍にも高まる。

しかし一方で、操作性という点ではスマホに1歩譲るところがあり、小さな円形の画面を ――しかも手持ちではなく据え置かれた状態で操作するのは快適とはいいにくい。

受動的に情報を受け取れる、またはほとんど声のみの操作で完結するものの中で、使い勝手の良いものを紹介しよう。

リビングでもデスクでも活躍「ナビタイム乗換経路・運行案内」

画面のないこれまでのAIスピーカーでも、乗換案内はとても使い勝手が良かった。音声だけで「○○で□□線に乗り換えて、○○で…」と案内されても正直、頭には入ってこないのだが、その点は開発側も理解していてGoogle Homeは検索した結果をスマートフォンに送ってくれていた。

しかし、Echo Spotはもう一歩先を行っている。
「アレクサ、ナビタイムを開いて」とお願いすると、このような画面で「乗換経路」か「運行案内」のどちらを利用するか聞かれる。

乗り換え経路を表示しているAmazon Echo

ここでタッチか音声で「乗換経路」を選択して駅を指定してもいいのだが、選択せずにいきなり「渋谷から中野」などと話しかけても結果が表示されるのは気が利いている。

渋谷から中野間の乗換案内をしているAmazon Echo

私など、外出のギリギリまで前の仕事に追われている事が多いので、原稿を書きながら「アレクサ、ナビタイムを開いて」と経路検索をすることが多い。あとは駅名を言うだけで結果が画面に表示されるのでスマホやPCでの経路検索よりもずっと手間が少なく、いい使い勝手だ。

映像でニュースが見られる「NHKニュース」

Echoシリーズには「フラッシュニュース」という機能があり、事前にアプリから設定したソースのニュースを「おはよう」や「今日のニュースは?」という問いかけに対して流してくれる機能がある。

当然ながら画面がなければ機械音声による読み上げかラジオニュースの転載だったのだが、Echo SpotではNHKニュースが映像と音声を届けてくれる。

NHKニュースが映っているAmazon Echo

私はEcho Spotを仕事用デスクの一角に置いて、朝、席に着いたときに「今日もよろしく」と声を掛けるとスケジュールを読み上げたあと、天気とNHKニュースが流れるように設定している。

天気の読み上げとニュース音声を聞きながらその日のタスクを確認し、気になるニュースがあれば目を向けて画面を確認する、という使い方は思いの外快適だ。

企業勤めの人がデスクで使うのは現実的でないかもしれないが、Echoの設定で決まった時間に決まった動作をルーチンさせることができるので「平日の朝7時にアラームを鳴らしたあと、天気とニュースを読み上げる」と設定してベッドサイドに置いておくのはいいアイディアだろう。

1日1回の息抜きに「まめしば」

仕事ではまったく使えないのだが、まめしばのスキルはちょっとおもしろい。
「アレクサ、まめしばを開いて」と話しかけるとあの可愛らしい声で「お呼びですか?」と反応するので、「はい」とか「うん」と答えれば豆知識を披露してくれる。

キャラクター「豆しば」が表示されているAmazon Echo

豆知識の内容はちょっとしたものなのだが、1つ披露し終わると「もっと聞きたいですか?」と訪ねてくる。それにも「うん」と答えると…。

キャラクター「豆しば」とAmazon Echo で会話する様子

「ねぇ知ってる? 豆知識は、毎日一つだけなんだよ」と来る。

ちょっと小憎たらしいが、これがかわいいのだ。声だけだとかわいさよりも憎さが勝りそうだが、画面に可愛らしいまめしばが登場することで、ぎりぎり「かわいい」が勝っている。

 

まだまだ開発の余地があるEcho Spot用スキル

寝室の枕元に置かれているAmazon Echo
(画像引用:Amazon)
https://amazon-press.jp/Prime/Prime/Press-release/amazon

Echo Spotに対応したスキルとしては、他にレシピ系が代表的だが個人的にはキッチンでEcho Spotを使う機会がないので紹介しなかった。レシピ動画を見て、一時停止と再生を繰り返しながら料理を作るのは、なかなかいいかもしれない。

一方で「食べログ」や「HotPepper」などのグルメ系は検索条件に場所とジャンルくらいまでしか指定できず、結局、使い勝手が良いとは言い難い。とくにHotPepperは予約もEcho Spot内で完結するが、それならなおのこと、スマホやPCで厳選したいところだ。

似たような理由で、レジャーの割引チケットを購入できる「JTBチケット」も、もっと検索してお得なものや自分が楽しめそうなものを探したいという欲求があり、これを使うことはないだろうと感じた。

また、ポータルサイト運営のエキサイトはヒーリング系のスキルを乱発している。「海岸の岩場」や「ヒバリが鳴く大草原」などのシチュエーションで環境音を流してくれて、同時に画面にはイメージ画像が表示されるが、ベッドサイドで利用するときには目を閉じているだろうし、仕事中に使うには音が穏やかすぎて眠気を誘う。いつ使えばいいかわからない。

画面付きというメリットを活かしたスキルは意外と少なく、これからの開発が待たれる。

関連記事

NEW

【フィクションで探る人工知能の多様性】人工知能が人間を内包する時。思考実験「ロコのバジリスク」が見せるフィクションとリアリティの交差点

適切な温度に保ってくれるエアコン、好きな番組をすぐに見つけてくれるプレイヤー。販売されるスマート家電の種類は年々増加しており、あらゆる要素がIoT化されたスマートホームも登場している。 スマート家電の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【専用SIMは安くて安心】ポケトークの通信料はどうなっているの?

ポケトークには3種類ある ポケトークにはスマホのようなタッチパネルがあったり、ネックホルダーがあったりと、使いやすいように改良が加えられた「ポケトークW」と、改良前のボタン操作中心の初代ポケトークの2 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【連載】いま一度「IoT」という言葉について考えてみよう(最終回・全4回)

ここ数年、「IoT」という言葉を私も、きっと読者もよく使うだろう。しかし、その意味するところは漠然としている。 このモヤを取り払うことができれば、私たちがIoTについて考え、問題点を見出し、未来を見通 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.