iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.08.23

トヨタが「レベル4」の自動運転実験開始 自動運転の基礎技術とレベルについて再確認しよう

記事ライター:Yuta Tsukaoka
alyssa.play

トヨタが2020年の東京五輪に向けて自動運転の実証実験を開始

7月23日、トヨタ自動車は東京五輪に向けて東京の臨海部で自動運転車の実証実験を開始すると発表した。

注目は、その実証実験が「レベル4」であるということであるが、このレベルがどのように分けられているのか、まずは解説が必要だろう。

 

レベル0からレベル5まで分けられている自動運転技術

自動運転車が道を走っている様子

自動運転のレベルは、アメリカの技術者団体SAEインターナショナルが定めた「SAE J3016」という規格に準拠している。日本で言えば「JIS」のような標準化団体のひとつである。

細かい条件はあるが、レベル0からレベル5まで以下の基準が設けられている。

  • レベル0:自動化なし
  • レベル1:自動ブレーキなどの運転支援
  • レベル2:クルーズコントロールなどの部分自動運転
  • レベル3:道路条件などが対応している場合の条件付き自動運転
  • レベル4:走行条件によってドライバー不要の高度自動運転
  • レベル5:あらゆる条件での完全自動運転

いま普通に日本の街を走っているのはレベル0、または自動ブレーキが搭載されたレベル1がメインである。国産車でも日産セレナなど一部ではレベル2の自動運転が実現しており、これはドライバーが操作しなくても前後のクルマや道路の白線などの情報をもとにクルマが運転を支援してくれる。

ただし、あくまで「運転支援」の域を出ておらず通常の運転と同様の緊張感は要求される。

車道を走るAudi
(画像引用:Audi Japan)
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

私達がイメージする「自動運転」になるのはレベル3からだ。ここからはシステムが運転を掌握し、勝手にクルマが走るので緊急時以外はドライバーが必要ない。

アウディは新型のA8でこれを実現しており、街中やハイウェイなど道路条件が整っているところで天候や交通量も適切であれば完全な自動運転が実現している。


(video:Audi Japan アウディ ジャパン /YouTube)

そして、今回トヨタが実証実験をする「レベル4」では、ドライバーが不要の完全自立運転となる。ただし、レベル3と同様、道路や環境の条件が整っていることが前提だ。

つまり、オリンピックであれば会場から会場へのスタッフや観客、または機材などの移送でコースが決まっている場合には実現可能と言えるだろう。

 

なぜ、世界で完全自動運転を目指しているのか?

無人の運転席

いま、世界では「レベル5」の完全自動運転を目指した開発が進められている。Uberはドライバー不要のタクシーを目指しているし、TESLAも精力的に実証実験を繰り返している。

また、FacebookGoogleも開発競争に参加している。これがどういう意味か、わかるだろうか?

UberやTESLAであればその本業に直接関わるので理解しやすいだろう。一方で、FacebookやGoogleの開発意図は理解し難いかもしれない。

しかし、実際のところ大手ITにとって自動運転は重要な課題なのだ。

それは「可処分時間の創出」である。

日本の都市圏では公共交通機関での移動が多いので実感しにくいが、クルマ社会のアメリカでは運転中の時間を「可処分時間」とできればビジネスが拡がる可能性が十分にある。

つまり、ハンドルを握っている時間をそのまま、スマホを握る時間に変えていくということだ。それが実現すれば、一人あたりで1日に数時間、全世界では数百万時間の可処分時間が生まれることになる。さまざまな便利で楽しいサービスを開発する一方で、可処分時間を増やす試みをすることは彼らにとってビジネス拡大に欠かせない一手なのである。

運転席でスマートフォンを操作する男性の手

そこへ、2020年に実現する「5G通信」が組み合わされれば、運転中の時間を映画を見る時間にも変えられるし、テレビ電話を通じた家族との時間にも変えられる。そこにビジネスチャンスがある。

トヨタの「レベル4」の自動運転実証実験も、このレベル5に向けた前哨戦と捉えるべきだろう。世界で完全自動運転が実現したとき、日本が遅れをとらないよう、オリンピックを利用した大規模実証実験でデータを収集するに違いない。

生活を便利にする自動運転技術。この実現を見据えたビジネス開発を今から考えておくことが長い未来を見据えた戦略としては当然、必要になるだろう。

<このライターの記事をもっと読む>
【解説レビュー付き】Amazon Echo Spotは「親に贈って喜ばれる」はじめてのガジェットかもしれない
視聴傾向ではなくTwitterから解析した「嗜好データ」で映画をおすすめする「TSUTAYA AI」の戦略とは

関連記事

NEW

あなたは見分けられるか? AIが生成する「実在しない」人物の顔写真

いきなりだが、ひとつクイズを出そう。 この二枚の写真を見て、合っていると思う選択肢を選んでほしい。 A 男性だけが実在する人物である B 女性だけが実在する人物である C どちらも実在する人物ではない ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22
NEW

Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」の使い方って?機能拡張でますます便利に!

Amazon Echoとは? Amazon EchoはAmazonが開発したスマートスピーカーで、AIアシスタントのAlexaを搭載しています。2014年11月にアメリカで最初に発売されて以来、次々と ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22
NEW

Amazon Echoシリーズ最上位モデル「Echo Show」って?大きな画面と高音質スピーカーでAlexaをもっと楽しく

「Amazon Echo Show」とは? 「Amazon Echo Show」は、AI搭載スマートスピーカー、Amazon Echoシリーズの最新かつ最上位モデルです。日本では2018年12月12日 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.22

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.