iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.08.25

ソニーのスマートウォッチwena wrist proで腕時計を便利に機能的に活用しよう

ソニーの手がけるwenaシリーズは、テクノロジーとファッションが両立したハイブリッド型スマートウォッチとして注目を浴びています。今回は最新機種wena wrist proにフォーカスして、その機能性や特徴を紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

ハイブリッド型スマートウォッチwena wrist proとは?

wena wrist proは、腕時計用の金属バンドのなかにスマートフォン機能が搭載されたスマートウォッチです。

そもそもスマートウォッチとは、体に装着して利用できる電子機器のなかでも腕時計型のものを指していいます。その点、wena wrist proは、腕時計のバンド部分のみを提供するパーツ販売になっているため、スマートウォッチバンドといった方が良いかもしれません。

従来型のwena wrisは時計本体(ヘッド)も装備した完全な腕時計タイプでしたが、wena wrist proは、前述のようにバンド部分のみを提供する形で、よりバージョンアップされたものとなっています。

wena シリーズの魅力は、なんといっても金属性の時計バンドにあります。この金属バンドにスマートフォン機能が内蔵されており、スマートフォンとBluetooth接続して使用できるようになっています。

wena シリーズでは、これまでにwena wrist、wena wrist leather、wena wrist activeが発売されてきましたが、wena wrist proは、wena wristの後継機種として誕生しました。


(Video:YouTube/wena wrist)

これらwena シリーズは、wena wrist proも含めて三つの大きな特徴があります。

一つ目は、活動ログ機能や電子マネー機能を搭載しているところです。加速度センサーを内蔵しており、1日の歩数 、消費カロリー、睡眠の状態を確認できる等、日々の活動をチェックすることができます。また、ベルト部分をかざすだけで電子マネーとして決済が行えます。

二つ目は電話、メール、アプリ等の着信や通知をLEDランプやバイブレーションで知らせる機能です。wena シリーズでは、すべての機能は専用のwenaアプリから行いますが、表示LED色を変えることで着信した相手のすみ分けもできるため、誰からの着信かすぐに確認できます。

三つ目は、腕時計ヘッドが手軽に取り替えられることです。ワンタッチ式なので取り外しも簡単で、専用工具も使わず、他の腕時計ヘッドに付け替えることが可能です。お好みにあわせて腕時計を自由にカスタマイズすることで、お気に入りのスマートウォッチに変身させることができます。

腕時計を常時利用している方や腕時計ヘッドにこだわりを持っている腕時計マニアの方にとっては、まさに注目のアイテムといえるのではないでしょうか?

 

ハイブリッド型スマートウォッチwena wrist proはここがすごい

wena wrist proはバンド単体で販売されており、装備も従来のwenaシリーズから一段とバージョンアップされました。それは、有機ELディスプレイの搭載、薄型化・小型化、防水性等の向上です。

横長の有機ELディスプレイによる文字表示が加わったことで、2行の日本語テキストが表示できるようになり、メールであれば、送信元や通知内容もわかるようになりました。

これにより、こまめにスマートフォンを取り出して内容を確認する必要がなくなり、時短やストレスフリーにもつながります。さらにwena wrist proでは、電池残量や電子マネーの残高表示もできる等、大変使いやすくなりました。

wena wrist proの平均充電時間は約1.5時間で、充電後の連続動作時間は約1週間ですが、デスクワークなどの作業時間中は外す等、工夫することで1週間以上の電池持ちも期待できます。

wena wrist proは、バンドの幅と厚みを縮小することで従来型より体積比で約25%の薄型化・小型化を実現し、さらに防止性も5気圧まで向上しました。

wena wrist proでは、バンド幅が22mmの腕時計に対応していますが、別売りのパーツを使用すれば18mmや20mmの腕時計にも対応が可能です。

お気に入りの腕時計もベルト部分をwena wrist proに付け替えただけで気分も一変し、wena wrist proと腕時計ヘッドの組み合わせを考えたり、付け替えしたりすることが楽しみになって、ワクワク感が増すことは間違いありません。

 

腕時計マニアの必須アイテムwena wrist proの値段はいくら?

今回はwena wrist proを中心に、その機能についてご紹介してきました。気になるwena wrist proの価格ですが、ソニーストアで34,880 円(税別)にて購入できます。

wena wrist が、時計本体(ヘッド)込みで29,880 円(税別)で購入できるのと比べ、若干高めですが、機能追加やスリム化を実現した効果を考えると、むしろお手頃と言えるかもしれません。

腕時計も、TPOに応じて「自由に着替える」時代です。腕時計をカッコよく着用するなら圧倒的にwena wrist proがおすすめです。

ストレス社会といわれる昨今ですが、腕時計と連動して機能的に利用できるwena wrist proを大いに使いこなして、ストレスフリーで快適な毎日を過ごしてみませんか?

(画像引用:http://wena.jp)

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.