オランダ発のスマートバイクElectrified Xで日本中の街並みを快走しよう | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.08.04

オランダ発のスマートバイクElectrified Xで日本中の街並みを快走しよう

オランダのスマートバイクメーカー VanMoof 社が、日本人向けの街乗り設計を施した新モデル「Electrified X」を発表しました。今回は、VanMoof 社が手がける話題のElectrified Xの特徴と魅力をレポートします。

記事ライター:iedge編集部

日本人向けのスマートバイクElectrified Xとは?

Electrified Xはオランダのスマートバイクメーカー VanMoof 社が、日本人の体形、住環境面を考慮し、日本人に向けて開発した最新モデルのスマートバイクです。

VanMoof 社は本社をオランダの首都アムステルダムにおき、「世界一のシティバイクをつくること」を目標に掲げている会社です。

不必要なパーツを取り除き、必要な部分は改良するなど、自転車の有り方、働き方を熟慮した製品の開発が特徴で、スマートテクノロジーを統合した、盗難・防犯対策にも積極的に取り組んでいます。

Electrified Xが「スマートバイク」といわれる証しは、フレームの中に電動アシスト用バッテリーや3G、Bluetoothモジュールを内蔵していることにあります。

アプリで連携することにより、キーレスで施錠や解除をすることができ、アプリ上の地図で位置情報の確認も可能です。

Electrified Xは、1回の充電で最大120km走行できますが、家庭用電源からACアダプタ経由で充電した場合のフル充電時間は約6時間となっています。

走行可能距離はフルパワーで60km、エコノミー時はその倍の120kmとなっており、ハンドル左手にあるブーストボタンを押している間は最高速度が保たれ、一瞬で時速0kmから24kmに加速することも可能です。

Electrified Xのアシストのパワーは4段階設定でギアは2段変速になっており、タッチパネル式のダッシュボードには、常時走行時速なども表示されます。重量は18.4kg、タイヤサイズは24インチ、搭乗可能な身長は155~200cmと、日本人の体形を考慮した規格になっています。

Electrified Xは前輪後輪ともにディスクブレーキで、タイヤ素材には高級耐久性パンクベルトを導入しています。

また、Electrified Xのチェーン部分は完全密封式で、チェーンの伸びを適切な値に保持する目的の防サビ素材のテンショナーが使われており、メンテナンスの頻度を極力抑える工夫と知恵が施されているのも特徴的です。

 

スマートバイクElectrified Xはここがすごい


(Video:YouTube/VanMoof)

Electrified Xの大きな特徴は、なんといっても安定した乗り心地と「Peace of Mind」と呼ばれる自転車盗難に関わる絶対的な安心保証です。

Electrified Xは、もともと重要なパーツはすべて、盗難防止用のネジで保護されており、徹底した盗難へ防止策が施されています。しかし、それでも所有のElectrified Xが盗難に遭った場合に、まずやるべきこととしては、VanMoof 社の日本法人に連絡することです。

なぜなら、連絡を受けたVanMoof 社側が同社直属のバイクハンターズを動員して、GPS機能とBluetooth機能で追跡調査をして見つけ出し、現地の警察とも連携して無事に所有者の手元に返してくれるからです。

しかも、捜索から2週間経過しても盗難にあったElectrified Xを発見できなかった場合、無料で代わりの新車を提供してくれます。またElectrified Xの全てのフレームとオリジナルのパーツに、2年間のパーツ保証がついているのも見逃せません。

ちなみに、パリで実際にあった盗難案件では、モロッコのカサブランカで発見した事例もあり、VanMoof 社が誇るバイクハンターズの実力も相当なもののようです。

Electrified Xは、フレームの固有番号と3GモジュールのIMEIを登録しなければアプリが作動しません。ですから、たとえ転売目的でElectrified Xを盗んでも転売価値がなくなるという仕掛けもされているようです。

日本にも、盗難保証をつけているメーカーや盗難保険等もあるにはありますが、VanMoof 社の盗難保証は、これらの点が大きく違います。

Peace of Mind保証が目指すものは、文字通り「心の平和、安らぎ」です。

ティーズ・カーリエCEOは「毎日使うなら良いものが欲しいけれど、高価な買い物をして盗られたら嫌だなあ、という不安を解消すること、そしてこのサービスが世界中に知れ渡ることによって盗難を減らしその抑止につなげること」を開発目的としていると話しています。

まさに、徹底して自転車盗難を撲滅するというCEOの固い決意や、自転車に対する「愛」が感じられます。

 

徹底した安心保証のElectrified Xはいくら?

ここまで、Electrified Xの特徴や魅力について解説してきましたが、そんなに乗り心地が良くて、盗られても安心な保証があるのなら取り寄せてみようかなと思われた方もいるのではないでしょうか?

Electrified Xの気になるお値段ですが、標準価格で37万円(税込)です。価値観は人によって様々ですから、一概にはいえませんが「37万も出せばバイクだって買える」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、50万円以上もする軽量化された高級自転車と比べれば安い値段であり、スマートサイクルとして、かつてない乗り心地と手厚い保証、購入後の維持費用を考慮すると、妥当な金額と言えるのではないでしょうか?

ご注文されたElectrified Xは、送料無料で玄関口までお届けし、30日間のお試し期間もついています。もちろん、気に入らなかったら返品することで全額返還してくれるので安心です。ご興味のある方は、一度お試しされてみてはいかがでしょうか?

(画像引用:https://www.vanmoof.com)

関連記事

NEW

DribbleUp社が提供する、スマホと連携したサッカーボール「Smart Soccer Ball」が凄い!

DribbleUp社が開発したSmart Soccer Ball Smart Soccer Ballを開発したDribbleUp社はクラウドファンディングを活用して、開発資金を調達しました。Kicks ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.18
NEW

【解説レビュー付き】Amazon Echo Spotは「親に贈って喜ばれる」はじめてのガジェットかもしれない

セットアップから一般的な使用までスマホ必要なし ガジェット好きの私は、良かれと思って親にガジェットをいくつかプレゼントしたことがある。 Fire TV StickやAnkerのモバイルバッテリー、クル ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.16
NEW

FireタブレットをAmazon Echo化する充電ドック Show Mode Charging Dock

置くだけでFireタブレットがAmazon Echoに変身! Amazonが7月12日に発売したShow Mode Charging Dockは、同社が発売するタブレット「Fire HD 8」と「Fi ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.