Google Homeを含めた統合OSになると言われている「Fuchsia」に秘められた本当の価値とは? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.08.07

Google Homeを含めた統合OSになると言われている「Fuchsia」に秘められた本当の価値とは?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

LinuxベースではないOS「Fuchsia」

Fuchsiaのメイン画面(モバイルモード)

(画像引用:ars TECHNICA)
https://arstechnica.com/gadgets/2017/05/googles-fuchsia-smartphone-os-dumps-linux-has-a-wild-new-ui/

本編に入る前に、まずはこの読みをはっきりさせよう。

国内メディアによって読みの表記は「フクシア」「フシア」などまちまちだが、CHM Techの動画を参考にするならば、「フューシャ」が近いはずだ。少なくとも、この記事ではそう読んでもらいたい。

(video:CHM Tech/ YouTube)

さて、米BloombergによってこのFuchsiaがGoogleの統合OSとして採用される可能性がある(正確にはそれを目指して開発している)ことが報じられて以来、さまざまなメディアにニュースが転載されているが、実際のところGoogleからは正式な発表がまだ何もないため、捉えどころのない内容にとどまっている。

ちなみにiedgeでも短報を掲載しているが、その域を出るものではない。

まず、このニュースを受け止めるときに重要なのが「LinuxベースのOSではない」という点だろう。
Linux自体がUNIX系と言われるOSの流れを汲んでおり、その歴史はいまここで紐解くにはあまりに長大なので割愛するが、現在では多くのOSがこの流れの上にあることは知っておいてもらいたい。

様々なデバイスが並べられている様子

身近なところだとAndroidが代表例だ。また、今年の4月に発表されたマイクロソフトの「Azure Sphere OS」もLinuxベースで作られている。ちなみに、Mac OSがLinuxベースと勘違いされることがあるが、あれはBSD UNIXベースなので親戚のようなものだが別物である。この勘違いで恥をかく人が多いのでご注意を。

とはいえ、スマート家電と言われる製品のほとんどがLinuxベースの組み込みOSを持っていることを考えると、いま我々の周りが実はLinuxで溢れていることは間違いない事実である。Linuxはそのくらいカスタマイズしやすく基本性能の高いOSなのだが、一方でここまで広まっているが故に、様々な問題も抱えてしまっている。

もっとも深刻なのがセキュリティの問題だ。あらゆるコンピュータ・ウィルスは感染先から情報を盗み出すか破壊するかといった目的で作られているが、いずれにせよ「感染可能なコンピュータ」は多いに越したことがない。

すると自然と、WindowsかLinuxベースのOSを搭載したコンピュータを狙って作られることになるのだ。

 

Googleにとっては訴訟問題の解決に繋がる一手でもある

クレジットカードとスマートフォンを手に持っている様子

Linuxベースではないということでセキュリティが高められるのは分かっていただけたと思う。Fuchsiaの目的のひとつもそこにあることは間違いないはずだ。

しかし、Googleにとってはもう一つ、大きなメリットがある。

それは、Oracleとの8年越しになる泥沼の訴訟問題を解決する一手になる可能性である。「Sun Microsystemsを傘下に収めるOracleが持つJavaに関する権利をAndroidが冒している」という訴訟が2010年に起こされ、実に8年もの間、争いが続いている。

今年の4月、この訴訟に大きな動きがあった。Google有利で進んでいた裁判で一転、Oracle側の主張が認められて9500億円の賠償金が認められたのである。もちろんGoogleは上訴の構えを見せているが、多くの人の予想を裏切った結果に焦りを感じているのも事実であろう。

そこでFuchsiaだ。これは先ほども説明したようにLinuxベースではないのでJavaに依存しておらず、Oracleとの訴訟には無関係でいられる。

Google関係者がBloombergにFuchsiaに関する情報をリークしたのにも、この裁判がGoogle敗訴で終わる可能性が高く、Fuchsiaの重要性が増したことが裏にあるだろう。

 

Fuchsiaが見せるGoogle Homeの未来

タブレットやスマートフォンが捨てられている様子

さて、ここで少し未来に目を向けてみよう。このままGoogleとOracleの裁判が進み、本当にGoogleが敗訴したのなら、GoogleがAndroidを捨てる可能性は十分にある。その上で、統合OSとしてのFuchsiaが我々の生活に何をもたらしてくれるのか、考えてみたい。

世間で騒がれているニュースでは「FuchsiaがGoogle Homeに導入される」という点が強調されているが、これは当然、Google Homeにディスプレイが搭載されることを示している。

そもそもFuchsiaは「Armadillo」と呼ばれるUIを搭載することに大きな特徴を持つ。これは今我々が慣れ親しんでいるウィンドウ型ではなくカード型のUIで、タッチによる操作が前提の設計だ。GoogleによってFuchsiaのUIを試せるデモサイトが公開されているので、スマホやPCで見てみると良いだろう。

Amazon Echo Spotのような画面を持つスマートスピーカーは、世間の評判以上に利用価値が高いと私は考えているので、この動きは歓迎したい。

Amazon Echo Spotの画像

Amazon Echo Spot
(画像引用:Amazon)
https://www.amazon.co.jp/

また、日本ではあまり普及していないがChromebookもFuchsiaに置き換えられるとしたら、マシンパワーが節約できるようになり、また、タブレットライクな操作感に変更されることが予想される。これは、SurfaceやiPad Proに見られる「タッチ+キーボード」というこれからのPCのあり方に合わせた流れで、主流になっていくだろう。

そして最後に、もっとも身近なスマートフォンについて。
これは操作感以前の問題として、自宅のPC、スマートスピーカーと同じOSを持つことでシームレスなデジタル環境を持ち歩けるようになることが大きい。

スマートスピーカーへの質問の結果から、それらを送る端末が自動で選ばれるようになれば便利だろう。たとえば目的地への道順を尋ねたとき、その人がPCの前にいるのならPCに結果が表示され、PCがオフになっているなら出かける直前であることを想定してスマートフォンに送られる、といったような使い方だ。

屋外でスマートフォンを操作している男性

それ以外にも、Fuchsiaの動作の軽さを最大限に活かし、PCではなくスマートフォンを持ち歩くことで出先でも作業を続けられる環境も可能かもしれない。今でも一部のハイエンドスマートフォンはUSB-CからHDMIに変換して外部ディスプレイに接続してPCライクに利用できる機能を持っているが、これがミドルレンジ以下でも実現することになる。

実際のところ、Fuchsiaは未だ「実験プロジェクト」の域を出ておらず、Bloombergの記事を受けて短報を掲載したメディアにもそのように書かれている。それ以上の情報を報じるニュース記事は少ないが、セキュリティ面の理解とGoogleが抱えている訴訟についての知識があれば、このニュースがただの「トバし」ではないことが分かる。

ぜひ、Fuchsiaの名前は忘れずにこれからもチェックしておいてもらいたい。そこに我々のデジタル生活の未来があることはほぼ、間違いないだろう。

関連記事

NEW

DribbleUp社が提供する、スマホと連携したサッカーボール「Smart Soccer Ball」が凄い!

DribbleUp社が開発したSmart Soccer Ball Smart Soccer Ballを開発したDribbleUp社はクラウドファンディングを活用して、開発資金を調達しました。Kicks ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.18
NEW

【解説レビュー付き】Amazon Echo Spotは「親に贈って喜ばれる」はじめてのガジェットかもしれない

セットアップから一般的な使用までスマホ必要なし ガジェット好きの私は、良かれと思って親にガジェットをいくつかプレゼントしたことがある。 Fire TV StickやAnkerのモバイルバッテリー、クル ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.16
NEW

FireタブレットをAmazon Echo化する充電ドック Show Mode Charging Dock

置くだけでFireタブレットがAmazon Echoに変身! Amazonが7月12日に発売したShow Mode Charging Dockは、同社が発売するタブレット「Fire HD 8」と「Fi ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.