「水分補給を管理するIoTスマートボトル!Moikit Geneが凄すぎる」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.07.29

「水分補給を管理するIoTスマートボトル!Moikit Geneが凄すぎる」

「水分補給が大切とよく言われるけれど、どのタイミングで、どれくらい飲めばいいの?」そんなことを疑問に感じことはないでしょうか?「喉が渇いたら」という感覚で、闇雲に飲めばいいというわけではもちろんありません。

つまり、摂らなさ過ぎも、逆に摂り過ぎも身体によくはないのです。そんな時には、水分補給を管理してくれる画期的なボトル、IoTスマートボトル「Moikit Gene」を試してみてはいかがでしょうか?

記事ライター:iedge編集部

1、水分補給の重要性

根本的な問題ですが、厚生労働省の発表によると、1日に必要な水分量は平均で2.5リットルと言われています。水分が不足してしまうと、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、身体の中でさまざまな異変が起きてしまいます。

1-1 なぜ水分補給は必要なのか?

そもそも水分は体内中の約60%を占めており、栄養素の運搬や体温調節、身体のミネラルバランスを調整するなど、多くの重要な役割を担っています。ちなみに水分補給に適している飲み物は水やスポーツドリンクなどで、どんな飲み物でも良いわけではありません。

 

1-2 水分補給のタイミングは難しい?

普段何気なく、口に運んでいる水分。「喉が渇いたら」「運動した後」「暑い時期」など、水分補給をしていますが、気が付かないうちに私たちは体内の水分を失っています。つまり、水分補給は常に意識していなければならないため、タイミングを図るのが難しいと言えます。

 

1-3 「喉が渇いた」は、すでに脱水が始まっている

水分補給するタイミングはどんな時ですか?こんな質問をすると、大抵は「喉が渇いたら」と返ってきます。果たして、喉が渇いていないから、水分補給はしなくても大丈夫だろうという考えは正解なのでしょうか?

実は、体内中で水分が足りなくなってから、喉の渇きを脳がキャッチするまでには時間差が生じます。つまり、「喉が渇いたな」と感じる時には、すでに脱水症状が始まっています。自分でも気がつかないうちに、心拍数が上昇し、身体に異変が起こる可能性があります。

 

2、「水を飲みましょう」と教えてくれる水筒

 

現在はIoTがさかんに利用されている時代で、どんなガジェットでもスマートフォンと連携しています。そこで、水筒をスマートフォンと連携させようというアイディアで生まれたのが、IoTスマートボトル「Moikit Gene」です。

2-1 水分補給をサポート

いつ、どのタイミングで水分補給をすれば良いのか分からない場合でも、「Moikit Gene」なら、スマホのアプリと連動して、あなたの水分補給をしっかりとサポートしてくれます。

専用アプリに身長、体重、性別を入力すると、1日に必要な水分量を計算します。すると、独自に開発された水分トラッキング技術により、「Moikit Gene」から飲んだ水分量を反映してグラフ化し、ボタン一つで、時間帯ごとの推奨される摂取量も確認することができます。

 

2-2 科学的根拠に基づいた水分補給

「Moikit Gene」では、特許取得済みの水分追跡技術により、毎日の水分補給量を正確に知ることができます。また、独自に開発したアルゴリズムで水分データを計算し、定期的に水を飲むようにボトルが知らせてくれます。

そして、いつ、どの時間帯に水分補給をしたかのデータが蓄積されていくため、毎時データをチェックすることで最適化されます。すべてのデータはBluetooth経由で自動的に同期され、いつでもどこでも専用アプリで個人的な水分データを管理することができます。

 

2-3 健康に優しいボトル

ボトルのサイズは700mlです。上部にはLEDの液晶付きで、明るい日差しの下でもはっきりと画面を確認することができます。雨の日は大丈夫なの?と不安になるかもしれませんが、防水機能付きなので、毎日の洗浄に対応しており、パーツごとにバラせるので手入れも簡単です。

また、ボトルの素材にはBPA(有害プラスチック)やその他の有害物質が一切使用されておらず、米国食品医薬品局(FDA)の認可も受けています。飲む人の水分補給をサポートするだけでなく、健康面も十分に配慮されたスマートボトルなのです。

 

2-4 ストローも水分補給をサポート

「Moikit Gene」にはストローが付いていますが、これはただのストローではありません。一般的なスポーツボトルであれば、ストローで飲むか、直接ボトルに口を付けて飲むのかの2パターンに分類されますが、「Moikit Gene」の場合、スマートストローによって、どんな角度からでも適切に飲むことができます。

一般的なストローでの常識に捕らわれることなく、どんな角度からでも水分補給が可能です。ジョギング中でも、忙しく仕事をしていても、飲むのに不自由などありません。

 

3、まとめ

「Moikit Gene」は、業界をリードする特許を多数保有しており、これまでになかったスマートボトルを実現しています。

人体は1%の水分を失うだけでもパフォーマンスが落ちてしまうと言われていますから、運動量に合わせて理想的な水分量をサポートしてくれる「Moikit Gene」で、健康的な身体づくりを目指してみませんか?

関連記事

NEW

DribbleUp社が提供する、スマホと連携したサッカーボール「Smart Soccer Ball」が凄い!

DribbleUp社が開発したSmart Soccer Ball Smart Soccer Ballを開発したDribbleUp社はクラウドファンディングを活用して、開発資金を調達しました。Kicks ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.18
NEW

【解説レビュー付き】Amazon Echo Spotは「親に贈って喜ばれる」はじめてのガジェットかもしれない

セットアップから一般的な使用までスマホ必要なし ガジェット好きの私は、良かれと思って親にガジェットをいくつかプレゼントしたことがある。 Fire TV StickやAnkerのモバイルバッテリー、クル ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.16
NEW

FireタブレットをAmazon Echo化する充電ドック Show Mode Charging Dock

置くだけでFireタブレットがAmazon Echoに変身! Amazonが7月12日に発売したShow Mode Charging Dockは、同社が発売するタブレット「Fire HD 8」と「Fi ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.