位置情報や録音音声の確認が可能な「みまもりホイッスル」で大切な人を守ろう | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.04.26

位置情報や録音音声の確認が可能な「みまもりホイッスル」で大切な人を守ろう

物騒な事件が後を絶たない昨今の日本では、小さな子供や年頃の子供がいる家庭では、特に安全面に不安を感じている場合も多いのではないでしょうか。今回は大切な人をしっかり見守ってくれるその名も「みまもりホイッスル」をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

みまもりホイッスルとは?防犯ブザーなどとどう違うの?

防犯ブザー、防犯ホイッスルなどの防犯アイテムはすでに広く普及していますが、今回ご紹介するみまもりホイッスルはさらに一歩進んだ防犯アイテムです。

Bluetooth経由でスマホとペアリングすることができ、緊急時にみまもりホイッスル本体を吹く、あるいは緊急ボタンを3秒以上押すことで、あらかじめ登録しておいた連絡先に緊急事態を知らせることができます。

スマホを所持していることが前提となりますが、多くの中学生がスマホを持つようになった時代ですので、みまもりホイッスルは現代版の優れた防犯アイテムと言えるでしょう。

みまもりホイッスルのセットアップや使い方は簡単です。

みまもりホイッスルに電池を入れ、スマホにはWISOという無料アプリをインストールしてBluetoothをオンにすれば自動で同期が始まりますので、あとはアプリの指示に従って操作すればペアリングが完了します。

なお、みまもりホイッスルを利用するには、WISOに「Facebook」「Twitter」「Google+」「Yahoo! JAPAN」「mixi」いずれかのアカウントでのログインすることが求められますので、事前にアカウントを用意しておきましょう。

ログイン後、みまもりホイッスル本体を吹くか、緊急ボタンを3秒以上押した時に「SMSを送信する」「LINEを送信する」「メールを送信する」「電話をかける」といった動作と、送る相手を最大10件まで登録することができます。

なお、現在のところ、みまもりホイッスルがWISOアプリを通じて電話をかけることができるのは、発信側がAndroid端末の場合に限りますのでご注意ください。

最新のWISOアプリでは、LINEを使ったメッセージ機能が追加されていますので、家族はもちろん友人などにも、普段使っている環境のまま、みまもりホイッスルの機能を活用することができます。

 

みまもりホイッスルを緊急時に使うとどうなる?

実際にみまもりホイッスルを使うと、どのようになるのでしょうか。

みまもりホイッスル本体を吹く、緊急ボタンを3秒以上押す、いずれの場合も、あらかじめ登録した連絡先にSMS、LINE、メール、電話などに設定したアクションを起こしてくれます。

みまもりホイッスルからSMS、LINE、メールを送る場合は、位置情報も一緒に送信され、2~3分ごとに更新されていきますので、位置を把握して追跡することも可能になります。

そのため、みまもりホイッスルを持っている間は、位置情報を常にオンにしておくことが望ましいでしょう。

そのほか、みまもりホイッスル本体のボタンを押すことでスマホから警告音を鳴らすかどうかも設定で選択できますので、念のために設定しておいても良いかもしれません。

なお、万が一、誤ってみまもりホイッスルの緊急ボタンを3秒以上押してしまったという場合でも簡単に解除できるうえ、登録した相手に解除メールを送ることもできます。

アプリの設定画面で録音をオンにしておけば、緊急発信から5分以上経過した後に約5分間の録音データが登録した相手に送られるようになっています。

録音時間が5分未満の場合は録音データが送られないようですが、状況確認や証拠のためにも、みまもりホイッスルを持っている間は常に録音をオンにしておく方が良いでしょう。

 

みまもりホイッスルは1台あっても決して損はしない

今回は、大切な人を見守ってくれる現代版の防犯アイテム、みまもりホイッスルをご紹介してきました。

吹く、あるいはボタンを押すだけで、家族や友人に一斉に緊急事態を知らせることができるみまもりホイッスルは、これまでになかった新しいタイプの防犯アイテムとして注目を集めています。

そんなみまもりホイッスルは現在、プリンストンダイレクトショップで、税込4,298円で購入することができます。

なお、みまもりホイッスルの機能を十分に活かすためには、いくつか注意したい点がありますので押さえておきましょう。

まず、みまもりホイッスルを持っている間は、常に位置情報やBluetooth接続をオンにしておく関係で、電池の消費が早まる可能性があります。

また、みまもりホイッスル本体が電池駆動です。

万が一、みまもりホイッスルの電池が切れてしまった場合でも、通常のホイッスルとして使用することができますが、電池切れ(約2ヶ月が交換目安)には十分注意しなければなりません。

そのため、みまもりホイッスルと一緒にモバイルバッテリーや交換用の電池を持たせておく方が、より安心でしょう。

緊急時にはとっさに動けないことも多く、状況によってはホイッスルを吹くことができないことも想定されますが、みまもりホイッスルには緊急ボタンがあり、ボタンを押せば、同じようにアクションを起こすことができます。

5,000円以下で安心が手に入るみまもりホイッスルは、買っておいて損はない最新の防犯アイテムと言えるでしょう。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.