iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.04.25

デザイン性抜群のフィットネススマートリング Motiv Ring

Fitbit、Garminなど、手首に着けるタイプのフィットネストラッカーを利用している方は多いのではないでしょうか。街で見かける機会もあるかと思います。

ただ、フィットネストラッカーを着けていることが周りにわかるのに抵抗がある方もいるかもしれません。そんな場合におすすめなのが、今回紹介する指輪型ウェアラブルデバイスMotiv Ringです。

記事ライター:iedge編集部

指輪型デバイスにフィットネストラッカーの機能を凝縮

2017年秋に発売されたMotiv Ringは、199ドルのスマートリングです。指輪のように着けているだけで、歩数、睡眠時間、心拍数を測定し、1回の充電で約3日間動作します。

計測にはスマートフォンとMotiv RingをBluetoothで接続させる必要があります。また、発売以来Androidスマートフォンには未対応だったMotiv Ringですが、2018年4月4日にAndroidへの対応が開始されました。当面はオープンベータテストとのことで、予期せぬエラーが発生する可能性もありますが、Androidユーザーにとっては朗報です。

Motiv Ringは普通の指輪にしか見えない小さなサイズの中に、基本的なフィットネストラッカーの機能をすべて凝縮しています。

防水性も備えた本体には、専用バッテリーと加速度センサー、光心拍センサーを搭載しています。インジケーターはなく、充電中に色が変わるだけのLEDのみの表示となります。

充電はmicroUSB方式のクレードルで行います。Motiv Ringをクレードルへ近づけると、磁石の力で自然に充電位置に収まります。ケーブルは同梱されていません。

スマートウォッチやフィットネスウォッチのアイデアが嫌いで、腕には普通の時計を着けていたいと願う人や、活動量を手軽に追跡したい場合は、Motiv Ringはとても興味深い選択肢となり得るでしょう。

 

 心拍数や歩数、睡眠時間を計測 アプリで管理可能

Motivのフィットネストラッキングのコンセプトは、よりカジュアルなものです。アプリでは活動時間を管理できます。

活動時間と認識される定義は、毎分100歩以上を10分以上継続することです。リアルタイムの同期は行われませんが、Motiv Ringを指で時計回りに回転させることで、同期を開始させることが可能です。

10分未満の活動の場合は、活動時間とみなされません。これは意図的なもので、Motivのコンセプトとして、運動に対するモチベーション(Motivation)を高めるデバイスであるということです。10分間という制限は、運動への意識を高めるために設定されています。

アプリは、主に安静時の心拍数を記録します。残念なことに、日々の生活の中ではそれほど有用ではありません。

リアルタイムの監視もできないですし、変化を感じるには長いスパンを要します。10分以上の活動時間中の平均心拍数もトラッキングしますが、リアルタイムで心拍数を確認する方法はありません。

睡眠追跡は、睡眠が浅い場合の簡単なフィードバックとともに、合計時間が記録されます。表示される情報は、Fitbitなどと比べて詳細ではありませんが、入眠時間と起床時間を正確に記録してくれます。

 

シンプルすぎる機能が物足りないかもしれない

Motiv Ringの欠点を挙げるなら、振動機能がないことでしょう。そのため、アラーム機能はなく、メッセージを受信したときの通知機能もありません。

これでいいと思う方もたくさんいるかもしれませんが、より「スマート」なデバイスを望む場合は受け入れられないかもしれません。

Motiv Ringのチタン部分と、その下にある「医療品質」のプラスチックは着けていて快適で、長時間の使用も問題ありませんでした。しかし、食事の時にソースがかかったり、入浴中に石鹸が付いたりすると、洗い流すのが普通の指輪よりも大変です。

また、Motiv Ringは購入後のサイズ調整が出来ません。注文後に送られてくるプラスチック製のモックを試着して、適切なサイズで再度注文を行うことになります。

しかし、体重の減少や増加があった場合、新しく他のサイズを購入するか、使用をあきらめなければなりません。

結婚指輪のようなものであれば、宝石店でサポーターのようなものを提供してくれる場合がありますが、Motiv Ringを宝石店に持ち込んでも、おそらく取り扱ってはくれないでしょう。

 

あらゆるウェアラブルデバイスのヒントになり得るアイデア

活動量を計測するのに、時計やバンドではなく指輪をつけるというアイデアは素晴らしいものです。小型ウェアラブルデバイスと称されるすべての商品にとって、今後の新しいヒントになり得ます。

イヤリング、ピアス、ネックレスなど、あらゆるものにフィットネストラッキングの可能性を見出すことが出来ます。

Motiv Ringは基本的に優れたツールですが、一方で、Fitbitにおける詳細な統計や機能、GarminやApple Watchの目標機能など、特筆すべき機能はありません。

しかし、今後のアップデートや後継製品で改善される可能性があります。現状では、毎日違和感なく身に着けるデバイスとして、他製品に優位性をもっています。

指輪型のMotiv Ringは、フィットネストラッカーの未来は、結局のところ時計型にはないと暗示しているのかもしれません。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.