スマートサーモスタットの雄が贈るAlexa搭載スマートスイッチ Ecobee Switch Plus | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.04.25

スマートサーモスタットの雄が贈るAlexa搭載スマートスイッチ Ecobee Switch Plus

Ecobeeは創業以来、ライバルのNestと共にスマートサーモスタット業界をリードしてきました。Nestがスマートホームブランドとして製品ラインを充実させていった方向性とは対照的に、Ecobeeは長年スマートサーモスタットのみを扱ってきました。

しかし2018年、Ecobeeは製品ラインをスマートホーム全体に拡張することを発表し、その第1弾製品として、Wi-Fi接続のスマートライトスイッチEcobee Switch Plusを発売しました。

今回はその概要や機能について、詳しく紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

Alexa搭載、GoogleアシスタントやSiriでも操作可能、IFTTTにも対応

Ecobee Switch Plusには、モーション、光、温度センサーに加えて、マイク、スピーカー、Amazonの音声アシスタントAlexaも搭載されています。Alexa搭載のため、Ecobee Switch Plusは、家電の音声操作など、Amazon Echoのような使い方が可能です。

AlexaはEcobeeのスマートサーモスタットにも搭載されており、これらの連携はEcobeeがAmazon Alexa Fundで6100万ドルの資金提供を受けたことを考えると自然です。

また、Ecobee Switch PlusはGoogleアシスタントやSiriでの音声コントロールにも対応しています。SmartThingsにも対応していますし、IFTTTで自動化を設定することも可能です。

価格は100ドルとスマートスイッチの中では少々高めかもしれませんが、Alexaを搭載していることや、他のプラットフォームへの豊かな拡張性を考えると、弱点とはなり得ないでしょう。

ただ残念なことに、夏に予定されたアップデートまでは、内蔵の温度センサーを利用してEcobeeのサーモスタットとペアリングすることができません。しかし、それ以外の面では、Ecobee Switch Plusは安定性と、他にはない独自の機能を持つ魅力的な製品です。

 

アプリでの丁寧なナビゲートで設定も楽々

Ecobee Switch Plusを設置するには、既存のスイッチの電源を切って取り外し、配線を付け替える必要があります。

設置が完了して電源を付けたら、Ecobeeアプリを開いてホームネットワークとAlexaアカウント、またはSiriを利用する場合のHomeKitアカウントをペアリングします。

このアプリがあることで、設置から日々の使用まで、すべてがより簡単に、わかりやすくなります。スイッチのすべての機能が明瞭に説明されており、たとえスマートホームの初心者であっても、簡単に自動化が可能です。

また、配線でどこを繋げたらいいかわからなくなった場合でも、アプリの説明画面を見れば迷わずに進められます。

 

人感センサーで照明を自動化、IFTTTを絡めればさらに複雑な自動化も可能

Ecobee Switch Plusの自動化は、内蔵センサーを使用して行われます。たとえば、部屋に人が入ったことを検出すると自動的に点灯し、部屋から出ると自動的に消灯する設定ができます。

屋外の照明を自動化する場合は、日没時に自動的にスイッチがオンになるように設定することも可能です。ただ、難点を言えば、Ecobeeアプリでは正午にライトが自動的に点灯するようにプログラムすることはできません。

しかし、これはIFTTTを使用すれば容易に解決可能なため、全く問題ないでしょう。

 

Amazon Echoのようにも使用可能

Ecobee Switch Plusは、Amazon Echoと同じように動作します。「Alexa」と声をかければ家電を操作したり、Amazonで買い物したり、わからないことを聞いたりできます。

Alexaがオンラインになっている時は、Amazon EchoのようにLEDが青色に点灯します。

マイクをミュートしてAlexaを無効にすることもできますが、数多くのスキルや、家電の音声操作等の利点は、スイッチの目の前にあえてAmazon Echoを置いたりしない限り、ゆるぎないものですので、ぜひ有効活用しましょう。

Amazon Musicで音楽を流すようにAlexaに指示することも可能で、Spotifyへの対応はアップデートで実装予定です。

スイッチから流れる音楽の音質に期待する人はあまり多くはないかと思いますが、音質は予想以上に良いものです。

例えるならAmazon Echo Dotと同程度といったところでしょうか。すごく良いというわけではないけれど、少し音楽を聴くくらいなら十分耐えうる音質です。

また、Ecobee Switch PlusにはAlexaのESP機能も搭載されています。これは「Echo Spatial Perception(=空間認識)」の略で、声が届く範囲にAlexaデバイスが複数あった場合、一番近いデバイスだけが反応する機能です。

複数のAlexaデバイスを置く場合は、ほぼ必須の機能になるので、Amazon EchoやEcobeeのサーモスタットを持っている方も安心です。

Ecobee Switch Plusで対応していないAlexaの機能といえば、Alexa同士の呼び出し機能や、家庭内のすべてのデバイスに音声メッセージを送信する「Drop-In」機能くらいです。

これについては、まだAmazon Echo限定の機能となっていますが、今後のアップデートによって実装される可能性もあります。

 

今後も様々なスマートホーム製品がEcobeeから登場する予感

Ecobee Switch Plusは使いやすいスマートホームガジェットで、Alexa製品やEcobeeのサーモスタットをすでに使用しているユーザーにとっては特におすすめです。

今後もEcobeeの製品ラインは拡大されていく見込みのため、製品を揃えたり、組み合わせを工夫したりすれば、Alexaで作る理想のスマートホームが生まれるかもしれません。

関連記事

NEW

クリエイティビティは人間の聖域か? ―AIが生み出したジャパニーズアイドルたち

架空のアイドルを自動生成するGANs (video:株式会社データグリッド/YouTube) まずは上の動画を見てほしい。 これはアイドル画像のモーフィング動画ではない。なんと、AIによってアイドルの ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.17
NEW

Garminがお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.16
NEW

スマートフォンをもっと便利に。アプリの遠隔操作ができる「Pochiru」とは

スマートフォンのアプリを遠隔操作できるデバイス「Pochiru」 「Pochiru」はBraveridge社によって開発された、小さなボタン型デバイスです。簡単に説明すると、ボタンを押すだけで、スマー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.