初心者にも簡単に分かる「IoTとAIで実現するマンション」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.03.30

初心者にも簡単に分かる「IoTとAIで実現するマンション」

IoT化が進み、一般家庭でもスマートホームを容易に実現できる時代になったのもつかの間、時代はすでにその先へと進んでいます。IoTとAIを組み合わせたマンションとは、いったいどんなマンションなのか、初めての方にも分かりやすく解説します。

記事ライター:iedge編集部

次世代マンションに組み込まれているIoTとAIについて知っておこう

まずは、これからのマンションの主流となりうるIoTとAIについて、簡単に解説します。

IoTは「Internet of Things」の略で、日本では“モノのインターネット”と訳されます。AIは「artificial intelligence」の略で“人工知能”のことを指します。両者が組み込まれたマンションとはどのようなマンションなのでしょうか?

身近なところでいうIoTはスマホです。電話という“モノ”がインターネットに接続されています。

近年では、照明、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、自動車、カーテン、玄関のドアなど、あらゆるモノがインターネットに接続できるようになり、ハブなどの基幹製品を介して相互通信できるようになりました。

一方でAIが注目を浴びる要因になったのは、2017年発売され、話題になっている「Google HOME」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカーです。

「OK Google」「Alexa」などのウェイクワードでAIを起動させると「照明をつけて」「今日の予定を教えて」「70年代ロックを聴かせて」など、ユーザーの音声コマンドを実行してくれるというものです。

AIは知能というだけあって、使えば使うほどにユーザーの傾向や嗜好を覚え、やがて瞬時に的確なレスポンスをくれるようになります。つまり、時間と共に成長していくのです。

マンションの部屋ごとにIoTやAIが組み込まれたことによって、部屋自体がもはや家族のように会話ができるうえ、住めば住むほど、居住者のライフスタイルに最適化していきます。

IoTとAIがあるマンションでは、たとえば、所定のウェイクワードに加えて、

 

「リビングの照明を80%にして」

「冷蔵庫の残り物で作れるレシピを教えて」

 

などと、声でコマンドを伝えることができ、

 

「今月の電気代を2万円以内に抑えるように設定する」

「平日は毎朝6時にカーテンが開いてテレビがついてパンが焼ける」

 

といったライフスタイルに寄り添った働きをも実現してくれます。

さらに、IoTやAIと連携する専用アプリをスマホやタブレットにインストールしておくことで、たとえマンションにいなくても、

 

「帰宅前にお風呂にお湯を張っておく」

「温度や湿度など室内環境をモニタリングする」

「モニターに映っている訪問者の顔が分かる」

「留守番中のペットや子供と顔を見ながら会話ができる」

 

など、さまざまなことができるようになります。今回は、初めての方にも分かりやすいようにごく簡単な説明をいたしました。

しかし、これよりももっと高度かつ複雑なことができるのがIoTとAIが組み込まれたマンションなのです。

1999年に生まれたIoTという考え方は2015年にはあらゆる形で商品化され、私たちの前に登場し、2015年はIoT元年などとも呼ばれています。

そして、IoT分野に新しい波を巻き起こしたのがAIという「コンピューターの頭脳」であり、これら両者が組み込まれたマンション、つまり「IoTとAIがあるマンション」が今、着実に増えつつあるのです。

 

すでに実現しているIoTとAIが組み込まれたマンションとは

2017年11月、横浜市住宅供給公社とエンコアードジャパン株式会社、そしてソフトバンク株式会社は「横浜MIDベースタワーレジデンス」の全戸に、IoTとAI技術を導入することを発表しました。

同マンションのAIには「Amazon Echo」のAIである「Alexa」を活用します。

そのほか、赤外線リモコンを使用する家電の赤外線信号を記憶し、外出先からでも家電の操作が可能になるIoTデバイス「スマート家電コントローラ」などを標準装備しています。

また、不動産コンサルタントの株式会社インヴァランスは、アメリカのBrain of Things社と共同でIoTとAIを駆使したマンションを手がけています。

あらゆるIoTデバイスを制御、管理できるインヴァランス社の「alyssa.」アプリ、そしてBOT社のマンション向けAI「CASPAR」を組み合わせたマンションです。

100個以上のセンサーが0.05秒ごとにセンシングデータを収集して蓄積し、AIがデータを解析することで居住者の行動を予測し、自動で反応してくれるようになるというものです。

たとえば、夜中にベッドから起き上がっただけで「トイレ」と予測し、廊下を薄暗く照らし、トイレの照明をつけてくれるようになったり、アプリの操作一つで家中の施錠を確認したり、温度の一括管理を行ったりすることができるというのが、IoTとAIがあるマンションでの暮らしの一部です。

 

IoTとAIで実現するマンション、もはや次世代ではなく現世代と言える

夢のようですが、このようにIoTとAIがあるマンションはすでに現実のものとなっています。

数年前は「IoTとAIが組み込まれたマンションは登場するだろうけれど、実現はまだ当分先だろう」と言われていたのが嘘のように、ものすごいスピードで発展を遂げているのが、現在のIoT分野でありAI技術です。

IoTとAIがあるマンションは、もはや次世代ではなく現世代のマンションと言って過言ではありません。ぜひ今後の動向に注目しましょう。

関連記事

NEW

クリエイティビティは人間の聖域か? ―AIが生み出したジャパニーズアイドルたち

架空のアイドルを自動生成するGANs (video:株式会社データグリッド/YouTube) まずは上の動画を見てほしい。 これはアイドル画像のモーフィング動画ではない。なんと、AIによってアイドルの ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.17
NEW

Garminがお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.16
NEW

スマートフォンをもっと便利に。アプリの遠隔操作ができる「Pochiru」とは

スマートフォンのアプリを遠隔操作できるデバイス「Pochiru」 「Pochiru」はBraveridge社によって開発された、小さなボタン型デバイスです。簡単に説明すると、ボタンを押すだけで、スマー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.07.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.