iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

家中のセキュリティはお任せ!SymantecのNorton Coreとは?

アメリカはカリフォルニア州に本社を構える大手ソフトウェア会社のSymantec(シマンテック)が発表したNorton Core。「家中のセキュリティをお任せ」できるという特徴を持つとのことですが、どういうことでしょうか?詳しくお伝えしていきます。

記事ライター:iedge編集部

Symantecと言えばNorton!

SymantecあるいはNortonと言えば、すぐに「コンピューターメンテナンス&セキュリティソフト」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

そのNortonシリーズを開発・販売しているSymantecが、PCやスマホのみならず家を丸ごと保護するための新製品、「Norton Core」の販売を開始しました。

PCやスマホだけでなく「家中のセキュリティを丸ごとお任せ」できるとはどういうことなのか、詳しく見て行きましょう。

 

IoTやスマートホーム関連デバイスの普及によって求められるセキュリティ

IoT(Internet of Things=モノのインターネット)技術の進歩に伴い、あらゆるモノがインターネットに接続されて繋がり、私たちの生活に利便性や快適性、安心や安全を届けてくれるスマートホームが世界中で広く普及し始めています。

それによって、今まで考えたこともないような近未来的なライフスタイルが現実のものとなったのです。

スマートホームでは、例えばスマホ1つでエアコンをオン・オフにしたり温度調整をしたり、外出先からでも室内の温度や湿度によって自動で作動させたり遠隔操作で制御したりということが可能です。

起床時間にタイマー設定しておけば、自動でカーテンが開いて太陽光が差し込み、心地よい朝の音楽が鳴り始めて健康的に目覚められ、キッチンに行けばすでにコーヒーが淹れてあってパンが焼けているというような朝も迎えられます。

旅行中に心配になりやすいドアや窓の鍵、庭や家の中の様子、ペットの体調などもスマホ1つでリアルタイムにチェックでき、必要に応じて施錠したりモニタリングしたりエアコンを作動させたりということもできます。

女性の一人暮らしにおいては、帰宅前に部屋の照明をオンにしておくことで不審者に部屋の不在を割り出されずに済みますし、留守中でもタイマーで不定期に照明のオン・オフを設定しておくことで誰かいるように見せかけることもできます。

このようなことが現実のものとなり、今やスマートホームは世界中の大きな期待を受け、注目を浴びる分野となったのです。

先ほど、IoTとは「あらゆるモノがインターネットに繋がる」こととお伝えしました。

もうお気づきかと思いますが、私たちが安全に、そして快適にスマートホームの恩恵を受けるために最も重要になってくるのが「セキュリティ」という訳です。

PCやスマホであればそれだけを保護するためのセキュリティを導入することで安全性が向上しますが、IoTデバイスの場合は少し勝手が違います。

照明、エアコン、鍵、カメラ、センサー、テレビ、オーディオ、カーテン、その他あらゆる電化製品や家電がインターネットに繋がることで、それら一つ一つのセキュリティを適切に管理する必要が出てくるからです。

一つ一つのデバイスが正常に適切に保護されているかどうかを確認し維持するにはセキュリティに関する高い知識や技術が必要になりますので、私たち一般人にとっては難易度が高いと言えます。

さらに、テレビやエアコン、照明に電子錠、カメラなど全てを同一メーカーの製品で揃えているという方はなかなかいないと思いますので、そこで通信規格や互換性といった問題も生じてきます。

便利になった反面、私たちにはセキュリティに対するより高い危機管理意識が必要になってくるのです。

 

Norton Coreの機能

Norton Coreはルーター機能を備えていますので、Wi-Fiルーターの代わりとして設置することでインターネットに接続することができます。

Norton Coreは、接続している様々なデバイスがやり取りしている情報や内容を全てスキャンして、ウィルスなどのマルウェアやハッキングなどの脅威から守ってくれます。

これだけでも安心感が飛躍的に向上するということがお分かりいただけるかと思いますが、他にもゲストの接続を管理できる機能も備えています。

具体的には、例えば友人が来た時にWi-Fiのパスワードを尋ねられることがありますが、信用していても気持ちの面でパスワードを教えることをためらってしまう時があります。

そんな時、Norton Coreを使えば簡単にゲスト専用のネットワークを作成することができますので、安心して友人に提供することができます。

また、そのゲスト専用ネットワークは有効期限を設けることができますので、その期限を経過すれば自動的に繋がらなくなります。

 

スマートホームを導入するならぜひ検討したいNorton Core!

接続した全てのデバイスの情報や内容をスキャンしてくれるだけでなく、ゲスト用のネットワークも作成してくれるNorton Coreは、これから訪れるスマートホーム時代に必要不可欠なものとなっていくでしょう。

なお、Norton Coreの日本での発売はまだ正式に発表されていませんが、参考価格は279.99ドル(1ドル110円換算でおよそ3万円前後)ですので、決して高いデバイスではありません。

スマートホームの導入を検討している方はぜひ、セキュリティの重要性を再確認するとともに、Norton Coreのようなセキュリティデバイスについても調べておくことをお勧めします。

 

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.