非日常的な空間の演出から天気予報に見守りまで!IoT電球がすごい | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.02.23

非日常的な空間の演出から天気予報に見守りまで!IoT電球がすごい

電球や照明は私たちの生活になくてはならないものですが、IoT技術の進歩によって、これまでの「照らすための道具」から大きく変化しはじめました。

非日常的な空間を演出してくれる話題のIoT照明、天気を教えてくれたり高齢者を見守ってくれたりする画期的なIoT電球などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

話題のIoT電球といえばPhilips Hue

いち早くスマートホーム市場に登場したPhilips Hueは、Amazon Alexa、Apple Homekit、Google HOMEなどに対応しているIoT電球です。

E26口金型で汎用性の高いタイプは、さまざまな白光色を表現することができる「Hue ホワイトグラデーションランプ」と、最大1,600万色の中からシーンや好みに合わせてカスタマイズすることで非日常的な空間を味わえる「Hue ランプ」の2種類があります。

ホワイトグラデーションランプは白光色のみの調光ですが、温かみのある白からクールな白まで幅広く変化させることができますので、自然な就寝や目覚めに効果的だったり、読書、リラックスタイム、集中などにも活用できたりします。

一方フルカラーのランプはApple Homekitに対応していて“Hey Siri”の音声コマンドで制御することができます。光のペイントを楽しんだり、音楽や映像とシンクロさせてライブ会場さながらの空間を創り出したりすることも可能です。

そのほかにも、ポータブルタイプでアウトドアなどでも活躍してくれそうな「Hue go」、家具などに取り付ければあっというまにオシャレな間接照明が完成する延長可能なリボンタイプの「Hue ライトリボン プラス」などのラインナップがあります。

なお、ポータブルタイプ「Hue go」以外の3タイプをコントロールするためには「Hue ブリッジ」が必要となりますので、初めて導入するという方はスターターキットを購入し、必要に応じて単品でランプを追加していくことになります。

上記でご紹介した公式サイトの各デバイスのページには動画もアップされていますので、ぜひご覧ください。

 

出かける直前に天気予報を教えてくれるTeNKYU

思わず「なるほど!」と唸ってしまうのが、株式会社TeNKYUが開発したアプリをインストールできる電球型IoTデバイス、その名もTeNKYUです。

何か目新しいものを導入するわけではなく、どの家庭にもある電球をIoT化させたことで、特別な工事や設置も必要なく、生活にごく自然に溶け込むことに成功しました。

Wi-Fi接続によってインターネット上あるいはインストールしたアプリからさまざまな情報を取得し、搭載された人感センサーが人の動きを検知するとその時間帯の情報を色でユーザーに知らせてくれるというものです。

たとえば、現在のところ連携しているのはiOS用の天気予報アプリですが、玄関に設置しておくと、外出直前の靴を履いている時などに人感センサーが検知し、その時点での天気予報によって“降水確率50%なら青”などのように光ってくれます。

これなら出がけに傘を忘れることも大幅に減りますし、傘を持って出るか迷って、結局持たずに出たら雨に打たれてしまったということも減るのではないでしょうか。

インストールできるアプリは今後続々と登場予定で、防犯アプリ、来客通知アプリ、高齢者見守りアプリなどが追加される予定です。サードパーティーをユーザーが自由にインストールできるようになれば、さらに便利に使えるでしょう。

 

電球から高齢者を見守ってくれるサービスも登場

電球から取得できる情報で高齢者を見守ることができるサービスも登場しています。

ボクシーズ株式会社とビッグローブ株式会社が連携して提供するサービスつなぐライトでは、専用の電球を設置して専用デバイスと連携させることでライトの点灯回数、点灯時間などの情報がクラウド上に収集されます。

あらかじめ設定しておいたルール(トイレの電球が24時間点灯しない/お風呂の電球が1時間つきっぱなしなど)に則って家族などのスマホにメール通知してくれるサービスです。

ペイイースト株式会社のMiimaも同様に、専用のIoT電球を設置してWi-Fiと連携させることで点灯状況をクラウド上に収集します。

リビングの電球が24時間点灯した形跡がない、寝室の電球がつきっぱなしなどの異変を検知すると、家族や保護者などにメール通知をしてくれるというサービスです。

高齢者だけの世帯が増え続けている昨今、IoT電球からのさりげない情報から見守ることができるということは、万が一の際にも迅速な対応につながりますので、今後拡大していく市場ではないでしょうか。

ただ、注意点としていずれのサービスでもWi-Fiなどのネットワークに常時接続されていることが必要になります。

高齢でネットワーク関係に疎いという方には、家族が設定などを定期的にチェックしたり、停電があった際の対処方法についても教えておいたりしてあげたほうが良いかもしれません。

見守りのほかにも、SONYのLSPX-103E26のようにスピーカーの機能を持つ電球まで登場しています。

このように電気は従来の「照らすための道具」から、非日常的な空間の演出、天気などさまざまな情報提供、高齢者の見守りなどが可能なデバイスへと変化し、私たちの生活にとってより重要な存在になり始めています。

AI音声アシスタントと“会話ができるIoT電球”などの登場も間近かもしれません。

関連記事

NEW

インテリアとしても馴染みが良い木目調のディスプレイ”Mui”はあなどれないスマートホームデバイス!

Muiの特徴とは? 開発元であるMui Labの開発者によると、開発のポイントは今日のスマートホームデバイスツールの無機質な見た目を取っ払い、普段の生活になじむデバイスを開発することだったと述べていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.11
NEW

一元管理可能なスマート監視カメラ「Lenovo Smart Camera」

Lenovo Smart Camera は、Lenovoが同時リリースしたスマート製品の1つ  香港に本社を置くパソコンメーカーのLenovoは、ドイツで開催された世界最大級の見本市IFA 2018で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.10
NEW

省エネを推進するスマート調光ガラス「ヘイリオ」 

米スタートアップ企業と日本の老舗ガラス企業とのコラボレーション  「ヘイリオ」を開発したのは、米スタートアップ企業のKinestral Technologiesです。2010年にシリコンバレーで設立さ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.07

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.