「Alexa、コーヒー作って」音声アシスタントやアプリ操作対応の本格コーヒーメーカー Smarter Coffee | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.02.23

「Alexa、コーヒー作って」音声アシスタントやアプリ操作対応の本格コーヒーメーカー Smarter Coffee

現代のテクノロジーの進化は、日常生活の中のあらゆるものをスマートデバイス化させています。照明、鍵、カーテンなどがその代表で、住宅はよりスマートになり「スマートホーム」という用語もよく聞かれるようになりました。

今回紹介するSmarter Coffeeは、その名の通り、コーヒーメーカーをスマートデバイス化させた製品です。

果たしてSmarter Coffeeのようにコーヒーメーカーをハイテクにすると本当に便利になるのでしょうか。また、通常のドリップコーヒーメーカーとの違いはどこにあるのかなども見ていきましょう。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

 

電動ミルとハイブリッド 本体カラーの着せ替えも可能

画像引用:https://smarter.am/coffee/

 

Smarter Coffeeは、コーヒーグラインダー(電動コーヒーミル)とコーヒーメーカーを組み合わせたスタイルです。コンビニのコーヒーマシン等で見慣れている人も多いかと思います。

パッケージには、本体に加え、本体カラーを標準の黒から赤、またはベージュに着せ替えるためのカラーパネルが含まれています。マシンの上部には、約100グラムのコーヒー豆を投入できるコーヒーグラインダーがあります。

また、Smarter Coffeeには取り換え不要のコーヒーフィルターも付属しており、定期的にフィルターを購入する必要がありません。現在使っているマシンが対応していない場合、これは、かなりうれしい機能ではないでしょうか。

 

「コーヒー作って」の一言で淹れたてのコーヒーが完成

Smarter Coffeeの一番の魅力は、Google AssistantおよびAmazon Alexaと連携していることです。スピーカーに「コーヒー作って」とお願いするだけでコーヒーを淹れてくれる光景は、何にも代えがたい近未来の感覚です。

アプリでは、コーヒーの作り方、量の設定、水がどれだけ残っているかを確認することができます。また、コーヒーポットの予熱時間、コーヒーをホットプレート上で暖かく保つ時間などを設定できます。

 

味は一流コーヒーメーカーのほうが一枚上手か

しかし結局のところ、コーヒー自体の品質は、豆の品質に左右されます。また、Smarter Coffeeは廉価なドリップマシンよりも香り高いコーヒーを淹れてくれますが、Chemexのような一流のメーカーと比べると一段落ちます。

Smarter Coffeeは、コーヒーをより簡単に作ることを最優先に考えて設計されているため、ボタンを押すだけで、あるいは声をかけるだけでフレッシュなコーヒーを淹れることができる点を強みとしています。

なお、アプリや音声でコーヒーを淹れられるといっても、水を入れていなかったり、豆を入れてなかったりすればコーヒーは淹れられないことは注意しましょう。

 

市場のニッチ需要に完璧に応える優秀なガジェット

音声アシスタント機能は、朝の時間のないときや、コーヒーマシンの前で待っていたくないときは、非常に助かる機能であることも確かです。また、遠隔操作やスケジューリングで起床時や帰宅時に淹れたてのコーヒーが飲めることは本当に素晴らしいです。

これらの機能が249.99ドル(約27,500円)という値段に見合うと判断する人にとっては、Smarter Coffeeは間違いなく買いの商品です。

コーヒーグラインダー内蔵で、遠隔操作、音声アシスタント機能、ワンタッチドリップなど魅力的な機能を兼ね備えたこのSmarter Coffeeは唯一無二の製品です。

住環境が既にスマートホーム化している場合、それはさらに顕著になります。スマートホームライフに自然に溶け込むコーヒーメーカーという魅力は、何物にも代えがたいものです。

Smarter Coffeeは全体として素晴らしい製品であり、大きな利点の数々と、少々の気になる点を残しつつも、スマートコーヒーは市場の特定のニッチに完全に合致したデバイスです。

日本国内での正式な展開はされていませんが、日本でも気軽に手に入れられる日が待ち遠しい逸品です。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.