iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

快適な生活空間を創り出すエアーモニター「Blueair Aware」とは

放射線物質やPM2.5などの有害物質による空気汚染が問題視されている昨今、快適な生活空間を創り出すための頼もしいスマートデバイス「Blueair Aware」が登場しました。
いったいどんなデバイスなのか?その特徴などを紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Blueairはスウェーデン生まれの空気清浄機

Blueair(ブルーエアー)は、環境先進国と言われているスウェーデンに拠点を構えるBlueair社が開発した空気清浄関連デバイスです。

「Blueair Sense+」という製品名の空気清浄機と、今回ご紹介するエアーモニター「Blueair Aware」をメインに世に送り出しています。

同社の手がける空気清浄機はデザイン性が高いことでも有名で、もしかすると「家電量販店などで見かけたことがある」という方も多いかもしれません。

*なお「Blueair Aware」のご紹介にあたっては空気清浄機である「Blueair Sense+」も何度か登場しますので、それが空気清浄機の製品名あるという点だけでも覚えておいてください。

それでは、このBlueair Awareがいったいどんなエアーモニターなのか?まずは簡単にご紹介します。

 

Blueair Awareとは?

ほとんどの空気清浄機は本体にセンサーが搭載されていて、そのセンサーで空気の汚れやニオイなどの情報をキャッチし、必要に応じて快適な数値を保つように稼働します。

ところが、このBlueair Awareは、言ってしまえば「センサー部分のみ」が切り離されたデバイスなのです。

一般的な空気清浄機は「本体の設置場所」と「その周辺」の空気の情報をキャッチしているに過ぎず、必ずしもその空気に関する情報が部屋全体の空気とイコールになるとは限りません。

Blueair Awareのようにセンサー部分を本体と切り離すことで、本体から離れた部屋の入り口近くや窓際、四隅、天井付近など、様々な場所の空気の情報を的確にキャッチすることができるのです。

さらに、その情報はスマホにダウンロードした専用アプリ「Blueair Friend」で見ることができますので、まさに目に見えない空気を可視化したデバイスと言えます。

*Blueair FriendはiOS/Androidいずれにも対応しています。

 

なお、大きさは500mlのペットボトル程度ですので、部屋のどこに置いても邪魔になりません。電源はUSB・ACアダプタいずれからも取ることができ、設置場所にもそれほど困ることはないでしょう。

また、アプリを介さなくても、Blueair Aware本体がブルーとオレンジ2色を3段階の光の長さ、つまりトータル6段階の光で現在の空気環境を表示してくれますので、スマホが手元にない時でもリアルタイムに状況を知ることができます。

続いて、Blueair Awareは具体的にどんな情報をキャッチすることができるのか?そしてどんなことができるのかについて見てみましょう。

 

Blueair Awareでできること

Blueair Awareがキャッチできる情報は全部で5つあります。

PM2.5

粒子状で直径が2.5マイクロミリ以下の超極細微な物質のことで、排気ガスやホコリ、タバコの煙の粒子なども含まれます。

VOC(揮発性有機化合物)

シンナー、ホルムアルデヒド、トルエンなど揮発性がある有機化合物のことです。

そのほか

二酸化炭素

温度

湿度

などにも対応しています。

スマホのアプリでは項目ごとに分かれていて、どの物質が空気中にどれだけ浮遊しているのか、グラフによってユーザーに分かりやすく表示してくれます。

セットアップが完了するとセンサーが作動し、これらのデータを数秒ごとに検出してBlueairのサーバーに送り、それをスマホでチェックできるという訳です。

もちろん会社や旅行先などその場にいなくてもリアルタイムで確認できますし、日・週・月といった単位ごとにそれぞれの物質の増減を円グラフや棒グラフによって一目で確認することもできます。

そして、もしあなたがBlueair Sense+をお持ちなら、室内の空気が悪いなと感じたら、スマホのアプリを介して電源をオンにしたり、風量を調節したりすることもできるのです。

また、Sense+とAwareを連携させれば、空気が汚れていると判断すると自動で空気清浄機が稼働し始めるように設定する、といったことも可能です。

さらに、エアコンを遠隔操作できるデバイスやアプリを持っているとしたら、Blueair Awareで室内の温度や湿度が高いと表示されたらエアコンを稼働させることも可能ですので、熱中症などの対策にも大いに貢献してくれるでしょう。

このように、従来の空気清浄システムとは全く異なる新しいタイプの空気清浄システムがBlueair Awareであり、Blueair Sense+なのです。

 

価格もお手ごろ。気になる方はぜひ検討してみては

現在、Blueair Awareの販売価格は公式サイトでは税抜き25,000円となっています。

Blueair Aware

ちなみにBlueair Sense+とセットで購入すると同67,500円です。

Blueair Sense+ & Aware Set

それぞれ単品で購入するよりも15%お得になっています。

目に見えない空気だからこそ、常にクリーンに保っておきたいですよね。

綺麗な空気は、健康上はもちろん、精神衛生的にも良い効果が得られるとも言われていますので、気になる方はぜひセットでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.