災害対策は可能?スマートホームに求められるもの | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.01.13

災害対策は可能?スマートホームに求められるもの

日本は世界でも有数の地震大国です。あらゆるモノがインターネットに接続され、私たちの生活を便利で快適なものに変えてくれるスマートホームが徐々に普及し始めようとしていますが、スマートホームはいざ災害が発生した時や事前の対策などに活用できるものでしょうか?

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

災害に強いスマートホームとは?

世界には十数枚の“プレート”が存在していますが、日本列島周辺はそのうちなんと4枚ものプレートの境界が存在しており、また内陸部においては1,500箇所以上の“活断層”があることが分かっています。

実に、地球上で発生する地震のおよそ2割が日本列島付近で起きていると言われているのです。それに加えて近年では台風や豪雨などの災害も増えつつあり、世界有数の地震大国(災害大国)と言っても過言ではない状況になってきています。

ひとたび大地震や豪雨などの自然災害が発生すると停電が発生したり、上下水道や電話、交通機関などのライフラインは機能不全となったりで、多くの方が避難生活を強いられることになります。

そこで求められているのが“災害に強い住宅”です。災害に強い住宅と言えば、スマートハウスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

事実、HEMSシステム、太陽光発電システム、家庭用蓄電池システムなどを導入しているスマートハウスではエネルギーが効率的に利用され、創エネ・蓄エネも可能となっています。

例えば、家庭用のリチウムイオンポリマー蓄電池を導入していれば、万が一停電が発生した際に蓄電されているエネルギーを利用することができますので、

・冷蔵庫
・トイレ
・照明
・お湯
・ガスコンロ

などが使え、非常用コンセントから、

・パソコン
・スマホ
・電気ストーブ
・扇風機

なども使うことができます。もし蓄電池を導入していなくても、太陽光発電システムがあれば、発電中に限っては上記の家電を使うことも可能でしょう。

では、近年日本でも注目を浴びつつある“スマートホーム”においては、災害の際の活用はどうでしょうか?

あらゆるモノがインターネットに接続されて相互通信を行い、私たちの生活をより豊かなものにしてくれるスマートホームですが、災害によってインターネットが遮断されると全てのデバイスが作動しなくなり、一気に生活がアナログ化してしまうといったリスクが考えられます。

“災害に強いスマートホーム”を目指すには、その国の災害発生状況などに応じて、災害を想定したスマートホーム用のIoTデバイスやサービスの開発が必要になってくるのではないでしょうか。

 

災害時を想定したスマートホーム関連のセキュリティサービス

災害時、特に避難所生活を強いられることになった場合に心配なのが“火事場泥棒”の存在です。残念ながら災害発生時には少なからず火事場泥棒が現れます。

そのため電力やエネルギーの確保に加えて、セキュリティの面でも強化が求められています。

たとえば、日本ではすでに、日本システムウェア株式会社(NSW)が、イスラエルESSENCE SECURITY INTERNATIONAL社製「スマートホーム&セキュリティサービス」の日本における販売代理店契約を締結し、「Toami@Home」というサービスを提供しています。

・ホームゲートウェイ
・人感センサー
・ドアセンサー
・センサーカメラ
・防犯サイレン
・漏水センサー

などのデバイスに加えて、Z-Wave(無線通信プロトコルの一種)に対応しているサードパーティー製のIoTデバイスを接続して使用することも可能になっています。

これらの各デバイスは、クラウド経由でスマホアプリから管理や制御が可能で、災害時や停電などが発生しても各デバイスによる警備を継続して行えるよう、バッテリーから電源確保したり、SIMカードによる通信機能の二重化を図ったりといった対策を行っています。

 

スマートホーム向けIoTデバイスで災害対策は可能か

現在続々とリリースされているスマートホーム向けのIoTデバイスやサービスで、災害対策は可能なのでしょうか?

各デバイスに搭載されたセンサーなどが取得した情報の多くは、クラウド上に集約・蓄積され、AIによってユーザーごとにカスタマイズされた最適なサービスを提供してくれます。

災害発生時、クラウドサービスを提供する企業は、電気が使われている、デバイスを利用した形跡がある、人感センサーが人の動きを検出している等の情報を元に安否確認を行うことができるかもしれませんし、またそれらの情報を国や自治体などと共有することで、安否確認ができるかもしれません。

しかしながら、前述のように停電が発生したりインターネットが遮断されてしまったりした状況では通信ができなくなってしまいますし、また行えたとしてもスマホなどの電池が切れてしまった場合、やはり各デバイスの機能は失われてしまうと考えられます。

一方で、活用出来るスマートホームの災害対策としては位置情報の共有があります。「直前までどこにいたか」ということであれば分かるかもしれませんので、行方不明者の捜索においては活用できる可能性もあります。

ただし、クラウド自体が機能しなくなってしまえば、それらの情報を活用できませんし、またユーザーが多ければ多いほど、個人を特定するまでに時間を要することになります。

トータルで考えると、スマートホームにおいては災害発生時の電力確保やインターネット通信の確保などが大きな課題となりそうです。

災害が多い日本においては、スマートハウスとスマートホーム両者の長所を取り入れた災害に強い住宅を目指す動きが出てきてもおかしくないでしょう。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.