日本代表も夢じゃない?アディダスのsmart ballでキックの精度を磨こう | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.01.01

日本代表も夢じゃない?アディダスのsmart ballでキックの精度を磨こう

スポーツの世界では様々なデータ解析やテクノロジーの導入などが進んでいますが、サッカー界にもその波がやってきました。今回は、なんとボールを蹴るだけでどんどんキックの精度がアップしてしまうという奇跡のボール「smart ball」をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

smart ballはキミだけの専属コーチに!

今回ご紹介するmiCoach smart ball(マイコーチスマートボール)は、ただ普通に蹴っただけで様々なデータを収集して、精度を高めるための的確なアドバイスを送ってくれる“頭脳”を持った優秀なボールです。

マイコーチと名のつく通り「ボールはトモダチ」ならぬ「ボールはコーチ」といえる存在になりうるでしょう。

smart ball本体は一般的な5号球と同じ大きさや見た目ですが、センサーが内蔵されていますので、

・キックのスピード
・1分間のボールの回転数
・ボールの回転方向
・蹴る瞬間のインパクトの位置
・蹴ったボールの軌道

などが分かるほか、

・プロチャレンジ
・スピードコンテスト
・キックスキル向上トレーニング

などの機能を利用することができます。

smart ballが手元に届いたら、まずはスマホやタブレットに専用アプリ「adidas smart ball」をインストールし、Bluetoothを介して本体とペアリングすれば設定は完了です。

実際にsmart ballを蹴ると、上記でご紹介した様々なデータが即座に計測され、Bluetooth経由でスマホやタブレットに入れたアプリに転送してくれるうえに、より精度の高いキックのためのアドバイスを送ってくれます。

なおこのsmart ball専用アプリはApp StoreとGoogle Playいずれでも販売(無料)されているようですが、公式サイトを見る限りでは対応端末が、

・iPhone4s/5/5s/5c
・iPod touch(第5世代)
・iOS 6/7

となっています。明記されていないため不安になってしまう方もいるかもしれませんが、2015年からAndroid端末にも対応したようですのでご安心ください(2017年2月にはアプリのアップデートもなされています)。

 

smart ballでできること

smart ballに内蔵されている集積化センサーによって自分のキックがどうだったのか?もっと向上させるにはどうすれば良いのか?といったことが瞬時に分かってしまうほか、自分のキックと友達のキックを比較したり、プロのキックを比較したりすることもできます。

たとえば「プロチャレンジ」モードでは左右どちらの足で蹴るかを決めて「壁よけ」「壁越え」などチャレンジするコースを選ぶことができます。

事前にボールの軌道をアプリ上に表示してくれますので、その軌道を頭に描きながら蹴ると、蹴ったボールのスピードや回転数などを、smart ballがプロのそれらと比較しながら結果を表示してくれます。

アプリ上には「仮想壁」も表示してくれますので、一人で練習していても「この高さでこれくらいの起動で蹴れば壁を超えられる」というイメージが湧きやすくなります。

また、自画自賛したいようなキックができた時、それを「お気に入りキック」に登録することもできます。

スピードや回転数、蹴った足などの情報やボールの軌道も保存されますので、後から見返して忘れないように頭に叩き込むことも可能です。

ただし、一つ注意点として覚えておきたいのが計測可能な条件です。

・地上から最低でも1m以上の高さであること
・飛距離が10m~12m以上であること

が計測可能となりますので、家の前の道路や庭、小さめの公園などではもしかすると利用できない可能性があります。smart ball購入後に「使えない!」とならないよう、しっかりチェックしておきましょう。

 

smart ballなら「ブレ球」まで習得できる

本田圭佑選手のフリーキックでも有名な「ブレ球」はいわゆる「無回転キック」と呼ばれ、どちらに曲がるか予測不能な軌道を描くためゴールキーパーにとって非常にやっかいなキックですので、もしこれを蹴ることができれば大きな武器になります。

smart ballアプリから「ブレ球」メニューを開くと、ブレ球を蹴るためのアドバイスとして、

・ボールの中心を捉えて回転を抑えることにフォーカスする
・ブレ球の効果を増幅させるためにスピードを加える

などのポイントを図解してくれます。また実際にキックした後は5つ星で評価してくれるうえに、ワンポイントアドバイスを行ってくれます。

回転数が少なければ少ないほど、そしてスピードが速ければ速いほど「良いブレ球」ということになります。

数値やアドバイスを見ながら練習することで、より具体的に自分のウィークポイントを把握でき、効率的に技術の改善ができるようになります。

 

サッカー好きにはたまらないsmart ball、公式サイトでは割引中

今までの練習が何倍も効率的になる夢のようなボールmiCoach smart ballは2017年11月現在、adidasの公式サイト上で21,760円にて販売されています。

*割引期間および金額については予告なく終了または変更になる可能性がありますのでご了承ください。

なおsmart ball本体は充電式で、1度の充電(1時間未満)で最長1週間(約2,000キック)程度利用できるとのことです。

smart ballを用いて、専属の優秀なコーチを雇ったかのようにどんどん上達することができれば、未来の日本代表も夢ではないかもしれません。

関連記事

NEW

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbell スマートドアベルはAlexaでボイスコマンドが常識!

Amazon Ring Wi-Fi Enabled Video Doorbellの機能 Wi-FiコネクションとAlexaアプリとの連動によって、ドアベルの操作や画像ビューが離れた場所からでも確認、操 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.13
NEW

Amazon Fire TV Recastでローカルチャンネルもスマホで見よう!録画し放題Wi-Fi対応DVR

Amazon Fire TV Recastはどんな商品? Amazonの販売するFire TV Recastは、HDTVアンテナに接続し、アプリを活用して操作ができるDVR(デジタルビデオレコーダー) ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.12
NEW

Amazon Echo Link Ampがホームサウンド体験を変える!サウンドマニアに耳よりの新商品登場

Amazon Echo Link Ampのデザインと仕様 アンプの仕様は60ワット、2チャンネルで、同軸の入出力。オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が搭載されています。 形 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.11.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.