iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.11.29

スマートホームのリモコンは家中の家電を自在に操作可能

スマートホームといえば基本的にスマートフォンでリモコン操作することができます。IoT製品なども同様です。スマホがなくては始まらないのがスマートホームのテクノロジーではないでしょうか。

しかし、スマートに家電を操作しようと思っても、ひとつのIoT製品に対してひとつのアプリを入れていたらコントロールするアプリが大量になってしまい、スマホの画面上が大変なことになってしまった……ということも考えられます。

そんなときに役に立つのが、スマートホームを簡単にリモコン操作できる、スマートリモコンです。

記事ライター:iedge編集部

家の中で家電を自由自在に操作する

スマートリモコンを使えば、自由自在にIoT製品に囲まれたスマートホームをリモコン操作することができます。スマートリモコンはセンサーなども搭載していますので、温度感知や声、人感センサーなどで、さまざまなこちらからの問いかけリスクエストを処理します。

これは、スマートフォンで操作していた従来のIoT製品とはまったく異なるものです。センサーがこちらの動きに反応してスマートホームを動かしてくれるため、自分の思うとおりにコントロールできるのが特徴です。

温度変化をリモコンが検知したり、Google Homeなどの製品に声をかけたり、自分が通りかかったりしたときにスマートリモコンが反応し、スマートホームのデバイスになんらかのアクションを取ることができます。

そうなると、普段使っているスマホをリモコンにするよりもはるかにさまざまな使い方ができます。これこそがIoTをただ家に設置しただけではない、スマートホームの本来の役割です。スマートホームの操作は、スマートリモコンで行いましょう。

 

遠隔操作なども可能!スマートホームのスマートリモコンのパワフルさ

スマートリモコンがあれば、スマートホームでどのような世界が実現するのでしょうか。たとえば、家電を遠隔操作することができ、家にいながらスイッチを押しているような自由自在な操作が可能となります。

スマートリモコンはとてもパワフルにスマートホーム家電を操作することができます。

たとえば従来のリモコンも、エアコンを操作するのにタイマーを設定すれば、決まった時間に決まった温度で冷暖房をつけることができました。

しかし、スマートリモコンになるとこれがよりスマートに変わり、Wi-Fiを使って一気に家電をコントロールすることができるようになります。ひとつひとつのIoT家電をわざわざスマホアプリで操作しなくとも、まとめてスマートホームのリモコン管理が可能です。

 

スマートホームのリモコンは、目的が大切

スマートホームのリモコンは、現在いくつか発売されています。そこで選び方ですが、自分が何を管理したいのかを重視すると良いでしょう。

たとえば温度管理がしたいのであれば、音感センサーがついているものを選ぶといいですし、声で操作したいと思ったら、音声センサーがついているリモコンを選ぶことになります。

また、従来のリモコンと同じようにタイマー管理したいのであれば、時計機能がついたものを選ぶのがベストで、一定時間になれば、さまざまな家電をオンにすることができ、帰宅時間や起床時間に合わせてスマートホームを操作できます。

スマートホームのスマートリモコンではさまざまなことが可能です。GPSがついているので家の近くにスマホが近づいたら自動でエアコンや照明がONになるなどの機能もついています。これはスマートリモコンならではの機能です。

 

ただし、電波が弱いので注意

スマートホームのスマートリモコンには注意点があります。まだまだ赤外線通信で家電を動かすことが多いので、リモコンの向きに注意しなくてはならないのと、なおかつ電波が届く範囲内でしか使えないということです。

そうした弱点は今後、克服されていくことでしょう。スマートホームを検討しているのであれば、スマートリモコンはあったほうが便利です。

なぜならスマートリモコンがないとリモコンアプリをスマホに大量に入れる羽目になるからです。ただでさえスマホのアプリはいっぱいになりがちなので、スマートリモコンで統合的に管理していくと良いでしょう。

まだまだ発展途上のスマートホームのスマートリモコンですが、今後IoTが普及するに従って、スマートリモコンの需要も増えていきます。GoogleHomeなども登場し、さまざまな大企業がこのジャンルに参戦を表明しており、今後の発展にぜひとも期待していきましょう。

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.