iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.11.29

家をリフォームしてスマートホームに生まれ変わらせよう

家をリフォームするのなら、せっかくなのでスマートホームにしませんか。今はスマートホームのメーカーが数多くあるので、スマートホームをリフォームで実現することができます。住宅メーカーに頼めば、とっておきのスマートホームへと古い我が家が生まれ変わりますので、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

家をリフォームするなら、スマートホーム!

家が古くなってきてリフォームを考えているとき、せっかくなら他にないような素晴らしい家へとリフォームしてみたいと思いませんか。それならば、スマートホームへのリフォームを検討してみましょう。

スマートホームへのリフォームは、ミサワホームなどが提供しているので、住宅メーカーに相談してみると良いでしょう。リフォームと言っても大掛かりな工事が必要となるため、古くなった家を本格的に改修すると同時に、あちこちに家電を埋め込んでリフォームを行い、スマートホームライフを始めましょう。

なお、リフォームと言っても、設計段階から本格的にIoT製品が入ったものでないと、スマートホームの意味を成しません。後付でつけられるIoT製品をつけるのみでは利便性が損なわれる可能性もありますので、トータルソリューションとして、リフォームの段階でスマートホーム化を計画的に行っていってください。

 

中古の家を買うという選択肢もあり

中古の家を買って、新しくスマートホームにリフォームするというのもありでしょう。その場合も、当然ですが住宅メーカーに相談するようにしてください。その際、スマートホーム化のリフォームを本格的に行っているハウスメーカーにすると良いでしょう。

中古の家を購入し、リフォームしてスマートホームに住みたいのであれば、リノベーションを楽しみましょう。今では中古の家を買うこともある種のブームになっています。新築の家を買うよりはるかに安くすみ、仕様も自由に変更が可能です。

一方、リフォームしないで新築の家を購入した場合、中古の家をスマートホームにリフォームするよりもはるかに割高になってしまいます。

不動産価格もかなり上がっていますし、あまり高値掴みをして失敗してしまったら大変ですから、割高に売られていない家を中古で買ってリフォームしたほうが賢い買い物ができます。

 

エコかつ快適な暮らし

古い住宅は、何かとエコではありません。しかし、リフォームしてスマートホームにするのであれば、かなりエコになります。そしてなおかつ、とても快適なのが特徴です。

そのため、ボロボロの家を買ってスマートホームにうまくリフォームしている人も多いのです。もちろん、不動産は大変な高い買い物ですので、上質なメーカーを選んで上手に設計して貰う必要があり、また同時に倒産しないハウスメーカーを選ばないと、あとにうまく動かなくなったときに、誰もメンテナンスできなくなってしまいます。

スマートホームへのリフォームの際には、積水ハウスや大和ハウス工業のように、まず倒産しそうのない大手のハウスメーカーを選んで、じっくりとリフォームについて話し合うといいでしょう。

一戸建てなのであれば、屋根に太陽光をつけて、本格的にエコに乗り出してもいいですし、うちの中の照明を全てスマート照明にして、さらには玄関にスマートロックやスマートゴミ箱などを設置するのもいいでしょう。あらゆるものがインターネットに接続され、連携して動くことでスマートホームが実現します。

また、新築でスマートホームを購入し、住んでしばらくしたら、リフォームをしてさらにグレードアップするのも良いでしょう。そのころにはさらに最先端のIoT製品が登場している可能性もあり、より快適な暮らしを送ることができます。

ご紹介してきたとおり、スマートホームはさまざまな可能性があります。今の古い家でも諦めずに、リフォームしてみてください。とても快適に、なおかつ自然に優しく、電気代もかからない、そんな優れた住宅があなたを待っています。スマートホームにリフォームして、快適な暮らしを楽しんでみてください。

関連記事

NEW

【一問一答】今日から始まる無差別侵入調査「NOTICE」について知っておくべきこと

今日、2019年2月20日から総務省によるIoT機器の無差別侵入調査「NOTICE」が始まっている。 この概要については何度か記事にしているが、要するに情報通信研究機構(以後、NICT)が無差別に日本 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

【レビュー】Pixel3はAIスピーカーの代わりになるか、それ以上か。(後編)

Pixel3は、AIスピーカーとスマホのハイブリッド (撮影:Yuta Tsukaoka) 昨年11月に発売されたPixel3を筆者も今年になってようやく手に入れた。アンボクシング(開封の儀)やカメラ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

AQUOS 4KがついにGoogle アシスタントに対応!新たな世代のスマートテレビへと進化したAQUOSに注目

AQUOS 4Kのメジャーアップデートで何ができるようになるの? 今回メジャーアップデートを受けるAQUOS 4KはGoogleのOSであるAndroidを搭載した、インターネットにつながるAIoT対 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.