iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.11.11

おもちゃの遊び方が劇的に広がる魔法の乾電池MaBeee「MB-3002WB」とは?

スマホと繋がる乾電池型IoTデバイス、MaBeee(マビー)の「MB-3002WB」は、これまでのおもちゃの遊び方に劇的な変化をもたらし、限りない可能性を感じさせてくれるデバイスです。その特徴や使い方などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマホでおもちゃが動かせるMaBeee「MB-3002WB」とは?

MaBeee「MB-3002WB」は単3電池形状のIoTデバイスで、中に市販の単4電池を入れて使用します(電池切れの際は単4電池を入れ替えれば半永久的に使用可能です)。

・おもちゃをコントロールする「MaBeee コントロール」
・イルミネーションを自在に操る「MaBeee ライト」
・車のおもちゃのレースを戦略的にする「MaBeee レーシング」
・電車の遊びが何倍も楽しくなる「MaBeee トレイン」

などのMB-3002WB専用アプリをスマホやタブレットにインストールするだけで、今まではスイッチの「オン」「オフ」だけでしか遊べなかったおもちゃなどをコントロールすることができるようになるという、画期的なデバイスです。

振る、傾けるといったスマホの動きに連動しておもちゃが加速や停止といった反応を示したり、声で発進・停止などをコントロールしたりすることもできます。

MB-3002WBに搭載されている主な機能

・ツイスト連動
・フリフリ連動
・マイクレベル連動
・タイマー連動
・距離(電波強度)連動
・レバー連動
・オン/オフボタン連動

単3電池形状のため寸法も50mm×14mm×14mmとかなりコンパクト、重量も5gと非常に軽く通信にはBluetooth4.1(IEEE 802.15.1)を使用します。同時接続数はiOS最大10台、Android最大4台、最大使用範囲は10メートルです。

 

MaBeee「MB-3002WB」ではこんなことができる

MaBeee「MB-3002WB」はそれ1本入れるだけで最大で単3電池4本必要な製品を動かすことができるようになりますので、4本分購入する必要はありません。

たとえば「MaBeee トレイン」アプリをインストールしておけば、これまではスイッチオンで走り続けるだけだった電車のおもちゃを「駅でピッタリ停止させる」「徐行運転させる」「加速させる」といったことが可能になります。

オリジナルの「アナウンスサウンド」や「ドア開閉サウンド」もプリセットされていますので、上手に使いこなせば臨場感あふれる電車遊びが楽しめます。

ミニ四駆などの車のおもちゃでは、「MaBeee レーシング」アプリをインストールしておけば加速させたり、タイマー機能で2台同時にあるいは時間差でスタートさせたりすることもできますし「はしれ!」という声で発進させることもできます。

異なった操作感や演出を楽しめる「デジタルパネルモード」「アナログパネルモード」が設けられているほか、一時的に最大パワーで加速できる「ブーストボタン」もあり、白熱したレースが楽しめます。

電池式の動くぬいぐるみにいたっては、「MaBeee コントロール」アプリをインストールしておくことでまるで本当のペットのように「おいで」と声をかければ寄ってきたり、音楽に合わせて動いたりしてくれるようになります。

想像以上の可愛さに子供たちも大喜びすること間違いないでしょう。

ほかにも、「MaBeee ライト」アプリをインストールすればスマホとLEDライトとの距離で点灯・消灯するように設定できたり、オン・オフのスイッチしかなかったライトに調光機能を加えたりすることもできます。

MB-3002WBのアプリについては今後どんどん追加されて行くとのことですので、おもちゃのみならず、乾電池で駆動する様々な製品をスマホから自在に操れるようになっていくのではないでしょうか。

 

もちろん自作のおもちゃも動かせてしまう

夏休みの自由研究や工作で作った自作のおもちゃを電池駆動にアレンジしてMaBeee「MB-3002WB」を入れれば、あっという間に「動くおもちゃ」に早変わりし、自在に操作することができるようになります。

前進、後退、音を奏でるといった動作のほか、たとえば恐竜やお相撲さんなどをモチーフにしたおもちゃで、友達同士でお互いに戦わせるといったことも可能になります。

なお、販売価格は4,980円(メーカー希望小売価格)で、対応OSについてはiOSがiPhone4sおよびiPod touch5以降かつiOS8以降となっています。

Androidについてはメーカーによる実装の違いやOSバージョンの違いなどによって動作が異なりますので、詳しくはこちらのMB-3002WBの公式サイトにてご確認ください。

仕様・動作確認

創造性を育んでくれるMaBeee「MB-3002WB」

魔法の乾電池、MaBeee「MB-3002WB」いかがでしたか?

大人はもちろん、子供でも一度操作すれば覚えられるほどシンプルかつ分かりやすい操作性が意識されているのもMB-3002WBの嬉しい特徴です(推奨年齢3歳以上)。

既存のものを自分流にアレンジする楽しさ、自分で作り出す創造性など、子供のうちに育んでおきたい大切な感性を伸ばすきっかけにもなりうるMaBeee。

もしかするとMaBeeeをヒントに、将来画期的な製品を大発明してしまう子供が出てくるかもしれません。

遊び方が広がっただけでなく、使い方によっては限りない可能性があることを示してくれたMaBeee「MB-3002WB」、興味のある方はぜひ1台いかがですか?

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.