iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.11.09

スマホで遠隔操作可能な、初心者でも導入しやすいスマートホームデバイスをご紹介

今やスマホ1台あれば家中のあらゆるモノを遠隔操作できるようになりつつあります。今回は簡単操作できる、初心者でも導入しやすいスマホに特化したスマートホーム関連デバイスを中心にご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

要注目はマウスコンピューターの「mouseスマートホーム」


まずは2017年8月に発売されたばかりのmouse スマートホームシリーズです。

・遠隔操作でオン・オフ・調光が可能なスマートLEDライト
・遠隔操作でオン・オフが可能なほか、電気使用量も確認できるスマートプラグ
・赤外線で人の動きを感知するモーションセンサー
・ドアや窓の開閉を知らせるドアセンサー

といった4種類のスマートデバイスに、それらのデバイスをコントロールするための基幹製品・ルームハブがセットになったスターターキット(参考価格24,800円)が人気のようです。

*デバイスごとに購入することもできますが、使用するにはルームハブを必ず経由しなければなりませんので忘れずに購入しましょう。

専用アプリをインストールすれば、外からでもスマートホームのルームハブをスマホで操作することができます。

また、ルームハブ自体に赤外線を学習する機能や、温度センサー、湿度センサーなども搭載されていますので、室内温度を確認してエアコンをオンにする、といったことも可能です。

 

Link Japanの学習型リモコン「eRemote」も使いやすい

mouse スマートホームのルームハブと同じく赤外線を学習する機能が搭載されているのがLink JapanのeRemoteです。

テレビ、エアコン、照明、オーディオなど赤外線リモコンを使用する家電であれば、eRemoteに記憶させることができ(一部未対応の可能性もあるので注意)、外出先からでも専用アプリによってeRemoteに指示してスマホでスマートホーム家電を制御することができます。

温度センサーが搭載されていますので、夏場など熱中症の危険性がある時期には特に大活躍してくれそうです(参考価格10,584円)。

 

使わなくなったスマホを持っている方にはスマートホームセキュリティ「WardenCam360」をぜひ

機種変更や買い替えなどに伴って使わなくなったスマホが家にあるという方には、新たに防犯カメラを購入しなくてもホームセキュリティができてしまうWardenCam360がお勧めです。

Google PlayやApple Storeから専用アプリをインストールしてセットアップするだけで、使わなくなったスマホが簡単にスマートホームセキュリティカメラに早変わりします。

モニタリングは、今使っているスマホにアプリをインストールすればOKですので、旅行中や出張中、帰りが遅くなる時などにリアルタイムに映像をチェックできるようになります。

また動作を検知するとスマホに通知してくれる機能や、双方向音声機能(カメラ側のスピーカーに音や声を聞かせる機能)、24時間常時録画機能、ナイトビジョンモード機能なども搭載されており、WardenCam360は非常にクオリティの高いアプリでもあります。

 

セキュリティを重視したい方にはPanasonicの「ホームネットワークシステム」

Panasonicが提供するホームネットワークシステムは、外出先から家の中も外もしっかり見守ることができるスマホ操作可能なスマートホームサービスです。

現在ラインナップされているデバイスは

・屋内カメラ(首振り機能つき)
・屋内スイングカメラ(動作検知、温度、音センサー搭載)
・おはなしカメラ(カメラ側からスマホを呼び出し、通話が可能)
・開閉センサー(窓やドアの開閉を知らせる)
・人感センサー(人の動きを検知して知らせる)
・お知らせチャイム(上記センサーの反応を音や光で知らせる)
・屋外カメラ(動作検知、人感センサー搭載)
・屋外バッテリーカメラ(配線不要で設置が簡単)
・LEDセンサーライト(センサーやカメラに連動してライトが点灯)

などがあります。

いずれのスマートホームデバイスも、スマホにインストールしたアプリから確認したり音を聞いたり音声を伝えたりといったことが可能ですので、家を留守にしている間もしっかり見守ることができます。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.