iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.11.02

Wi-Fi接続可能な学習リモコンREX-WFIREX1で家中のリモコンが不要に

自宅にいなくても家電をコントロールできてしまう“学習リモコン”が増えています。今回はその中でも話題のラトックシステム株式会社が販売する「REX-WFIREX1」について、性能や便利な使い方などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

学習型リモコンとは?

テレビ、エアコン、照明、オーディオなど各家庭には様々なリモコンがあります。これらは赤外線通信によって対応している機器のオン・オフや各機能の調整を行ってくれます。

テレビにはテレビのリモコン、エアコンにはエアコンのリモコンなどが割り当てられていますので、赤外線リモコンを使用する家電が増えれば増えるほど、リモコンも増えることになります。

学習型リモコンは、そんな様々なリモコンの赤外線を学習して記憶してくれるというものです。

それによって家中のリモコンが1台に集約できますので、部屋の中がスッキリするだけでなく、アプリを通じて遠隔操作が可能なため、外出先からでもリアルタムに家電をコントロールすることができます。

 

学習リモコンを導入するメリット

学習リモコンを導入することで得られる大きなメリットを2つ、ご紹介します。

*消し忘れても安心
外出する際、時間がなくて慌てていたり、考え事をしていたりすると「うっかり」消し忘れてしまうことがあります。消費電力の小さいものならまだしも、エアコンなどをつけっぱなしにしてしまうと少し不安になってしまうものです。

すぐに帰宅できれば良いのですが、会社に着いてからや新幹線に乗ってしまってからなどでは戻ることができません。そんな時でも、スマホアプリを開けばワンタップでつけっぱなしのエアコンをオフにすることができます。

*熱中症などのリスクから家族やペットを守る
毎年のように熱中症患者が現れ、年々その数は増えていると言われています。症例では屋外にいるケースが多いのですが、実は家の中にいても熱中症になってしまうことがあります。

気温が高くなってきた時、留守番をしている子供やペット、昼間家にいる高齢者などが熱中症にならないように、外出先からエアコンをオンにすることができます。

ほかにもリモコンの紛失や電池切れの心配がなくなるなど、実は学習型リモコンを導入することで得られるメリットは意外と多いものなのです。

 

REX-WFIREX1の実力はどう?

REX-WFIREX1の特徴をいくつかご紹介します。

*赤外線の有効範囲が広い
まずREX-WFIREX1の赤外線の有効範囲ですが、水平方向に最大360度、垂直方向に最大180度と広い範囲をカバーでき、有効距離も最大10mありますので、見渡しの良い場所に設置すれば、かなりの家電を制御できます。

もし最適な設置場所がない場合は、背面の壁掛け用フックの穴を活用すれば、壁掛けリモコンとしても使用できます。

*200機種以上のリモコンがプリセット
REX-WFIREX1には、テレビ、ブルーレイ、エアコン、照明、扇風機、掃除機、電源スイッチ、おもちゃなど、実に様々な種類・メーカーのリモコンがプリセットされています。該当する製品を使っている場合は、その機種を選択するだけで学習が完了します。

*温度・湿度・照度センサー搭載
REX-WFIREX1本体には温度センサーや湿度センサー、部屋の明るさを検知する照度センサーなどが搭載されています。外出先から室内温度をチェックしてエアコンを入れれば熱中症対策になりますし、照明の切り忘れなどをチェックすることもできます。

*カスタマイズが可能
REX-WFIREX1にはワンタップで複数の機器の操作が可能になる「マクロ機能」が搭載されていて、例えばテレビの電源をオン→20秒後にブルーレイプレイヤーの電源をオン→30秒後にオーディオシステムの電源をオンといった連動が可能になります。

なお、待ち時間については0秒~200秒まで設定できますので、各機器の起動にかかる時間を配慮して設定することができます。

*タイマー機能もついている
REX-WFIREX1の機能の中でも、意外と便利なのがタイマー機能です。設定した時間に赤外線を送信して家電をコントロールしてくれるという機能なのですが、家に帰る前に部屋を快適空間にしておくこともできますし、就寝時のエアコンの消し忘れを防ぐこともできます。

また、旅行などで家を不在にする場合は、照明を点灯させて在宅しているかのように見せかけることも可能です。

REX-WFIREX1には、このように様々な機能が搭載されています。なお、価格はオープンプライスですが、8,390円~9.900円程度で販売されているようです。

 

こんな便利な使い方もできる

REX-WFIREX1のスマホアプリでは、登録しているリモコンの一部を切り取ってオリジナルのリモコンを作ることができます。

例えば、

・テレビのリモコンの「電源・音量・チャンネル」部分
・エアコンのリモコンの「電源・設定温度」部分

を切り取って、一つの画面にまとめることができるというものです。

よく使う家電を一つにまとめておくことができますので、わざわざ画面を切り替えることなく快適に使用することができます。

また、自分のスマホアプリで設定したリモコンデータを他のスマホに送信することができますので、家族間で共有したり、複数のスマホやタブレットで使用したりするという場合に便利です。

 

「ある」と「ない」では大違い、学習型リモコンはぜひ欲しい1台

家中のリモコンが1台にまとまるだけでなく、各センサーで室内環境を把握することができ、さらに自分が使いやすいようにカスタマイズも可能という至れり尽くせりのREX-WFIREX1、いかがでしたでしょうか?

一度使ってみるとその快適さや便利さの虜になってしまうかもしれません。これからのスマートホーム時代を迎えるにあたって、ぜひとも欲しい1台です。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.