iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.09.11

【これだけ読めば分かる!】iPhone 11についての、11のこと

記事ライター:Yuta Tsukaoka

その6:強化された「ナイトモード」搭載

カメラには、ナイトモードも搭載されました。

F値1.8の明るい広角レンズと、A13 Bionicチップ、そしてソフトウェアの組み合わせで実現したというナイトモードでは、暗い場所でも問題なく写真が撮れるとのこと。

Pixel 3に搭載されたナイトモードはかなり良い仕事しているので、比較画像を楽しみにしたいところです。

その7:4K60fps対応で「スマホでは最高のビデオ」が撮れる

イベントでは、iPhone 11で撮影されたという動画も流れました。
これがすごい!超美麗!会場のテンションも爆上がりしていましたね。

これは動画を見てもらわないと伝わらないと思いますが、塩湖を爆走するアメリカンクラシックカーが巻き上げる塩の粒ひとつひとつ、ボンネットに映える雲といったディティールまで完璧に写っています。いやマジですごい…。

「The highest-quality video in a smartphone」と自信満々のスライドを用意したくなっちゃう気持ちもわかります。

その8:「Slofies」でセルフィーが次のステージへ

つづいて、フロントカメラの解説に入りました。

その中で紹介されたのが「Slofies(スロフィー)」という新しいスタイルの自撮り。

薄い筐体の前後にカメラを搭載しようとすれば、どうしたってフロントカメラには多少の妥協が必要になりますが、iPhone 11ではそこへスロモ動画が撮影できる12MPのカメラを入れてきました。

そのスロモ動画を使って自撮りするのが、Appleの提案する「スロフィー」という形。
これ、流行るかな…。少なくとも、発売日のインスタストーリーズはこれで埋まりそうな気がします

その9:最高のパフォーマンスを実現する最新チップ搭載

もちろん、CPUも刷新されています。
iPhone XRに搭載された「A12 Bionic」から正当進化して「A13 Bionic」を開発・搭載。

数字がないので分かりにくいですが、たぶん、クロック数の比較グラフでしょう。
「The fastest CPU in a smartphone」とのこと。

GPUについてもこの通り。
こちらもやっぱり「The fastest GPU in a smartphone」だそうです。

パフォーマンスを証明するため、中国のモバイルゲーム大手Giantが登壇してゲームのデモもやっていました。

処理の重そうなゲームですが、たしかにヌルンヌルン動いてます。
デモを担当している方の表情からは「iPhone 11本体が熱くなって持てない…!」みたいな様子も見て取れません(当たり前か)。

その10:iPhone XRより1時間長いバッテリー&防水防塵

メーカーの公称バッテリー持続時間がアテにならないのは世の常ですが、イベントで発表されたバッテリー持続時間は「iPhone XRより1時間長い」とのこと。

すでに公開されているiPhone 11の仕様ページによると、ビデオ再生が最大17時間、ストリーミングビデオ再生が最大10時間、オーディオ再生が最大65時間とのこと。

また、水深2メートルに30分までOKな防水性能もアピールされていました。プロモ動画では、iPhone11の上に思いっきりアイスコーヒーをこぼしてます。

仕様ページによると、防水防塵性能はIP68
「完全な防塵性能」と「水面下での使用が可能」であることを示す、IP規格の最高等級です。

その11:Wi-Fi6対応

イベントの中で詳しくは語られませんでしたが、注目すべき新機能として「Wi-Fi 6対応」は挙げておきたいところです。

これはWi-Fiの最新規格でまだあまり普及していませんがこれまでのWi-Fiのいいところどりをしたものです。
別の記事で詳しく解説していますが、Wi-Fi6が普及すると私たちの生活、とくにホームIoT分野には大きな変化が訪れます

世界でもっとも売れるスマーフォンの1つであるiPhoneがこれに対応したのは大きなニュースです。ぐぐっとWi-Fi 6が普及するかもしれません。

 

1 2

関連記事

NEW

【2019年最新版】おすすめのスマートウォッチブランド5選をご紹介!

おすすめのスマートウォッチブランド マークジェイコブス ニューヨーク発のファッションブランド「マークジェイコブズ」は、高級感のある腕時計を多数取り揃えており、新規にスマートウォッチ「Riley Tou ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.20
NEW

【IoTマスターへの道 vol.5】ロボットは人に虐待されるさだめなのか?「頑張らなくて良いよ」と言い続けたい。

【前回までのあらすじ】 iedgeの編集者、塚岡になかば無理やり渡された「Google Home mini」を使ってマンガ連載を始めることになった下村山。 家に迎えたはいいものの… いったい何をどうす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18
NEW

最先端を手に入れよう!海外クラウドファンディングのおすすめスマートガジェット5選

いつでも最先端のガジェットを使っていたい読者諸氏、ごきげんよう。 つねに周囲を一歩リードし、最新のガジェットを使いこなすことに喜びを見出していることだろう。私もそうだ。 では、そんなガジェットはどこで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.