iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.09.27

【将来は使えるモデルが増える!】スマートウォッチでsuicaは使えるのか

徐々に普及しつつあるスマートウォッチ。普通の腕時計のように身に着けるだけで、日々の暮らしが便利になります。特に「電子マネーをよく使う」という方は、電子マネー決済機能がついているスマートウォッチがおすすめです。

電子マネーの中には、交通手段の定期券としても使える「suica」があります。suicaがスマートウォッチで使えれば、仕事や旅行荷物で手がふさがっていても、簡単にバスや電車の決済ができるようになります。

今回はsuicaが使えるスマートウォッチがあるのか、そして、suicaに今後どれくらいスマートウォッチが対応するようになるのかなどを詳しくご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

suicaとは

suicaとは「JR東日本」が提供する、電子マネーと交通手段の定期券がセットになったICカードです。JR東日本系の電車やバスでの乗車時に利用できるほか、加盟店でお買い物をしたときの決済手段としても活用できます。

スマホでは、「モバイルsuica」アプリを使えば、スマホだけでsuicaを使えるようになります。また「iphone」の場合「Apple Pay」アプリ、「android」スマホの場合「Google Pay」アプリにsuicaを登録すれば、それぞれの決済アプリ経由でsuicaが利用できるようになります(モバイルsuicaアプリを使う場合と、決済アプリ経由でsuicaを使う場合とでは、使える機能に違いがあるので注意しましょう)。

 

現状suicaが使えるスマートウォッチはApple Watchのみ

suicaをスマートウォッチから使うことができれば、スマホよりさらに簡単な決済が可能になります。しかし、残念ながら現在suicaに対応しているのは、

・日本国内で販売されたApple Watch Series 2

・Apple Watch Series 3以降

の2パターンとなっています。

つまり、日本では現在、Apple Watchしかsuicaを利用できません。iphoneのApple PayアプリとApple Watchを連携させ、suicaをApple Watchのほうで認証させれば使えるようになります。

スマートウォッチからsuicaを利用できる方はiphoneユーザーであり、対象のApple Watchを持っている方なので、限定されてしまうのが残念です。

 

将来はApple Watch以外のスマートウォッチでもsuicaが使えるように

現在suicaを使えるスマートウォッチはApple Watchだけですが、将来はApple Watch以外でもsuicaが使えるようになります。

スマートウォッチのOSには、

・Watch OS・・・「アップル」が開発したApple Watch用OS

・Wear OS・・・「Google」が開発したスマートウォッチ用OS

・Tizen・・・「サムスン」や「インテル」が協力して開発したスマートウォッチ用OS

の3つがあります。

この内「Wear OS」は、プログラム内容などの仕様が外部公開されているため、多くのメーカーが自社のスマートウォッチに搭載しています。そして、現在Wear OSで、Google Payを利用できるようにする動きが広まっています。

すでに海外では、Wear OS経由でGoogle Payを利用することが可能です。そして日本でもGoogle Payが利用できれば、Google Payに対応しているsuicaを使えるようになります。

ちなみに、Google PayがWear OS経由で使えるようになると、「WAON」「楽天Edy」「id」など、代表的な電子マネーサービスを複数利用できるようになります。

残念ながら、海外で利用されているICチップの決済技術と、日本で使われているICチップの決済技術には違いがあります。

そのため、海外のICチップ決済技術にしか対応していない海外版Google Payを、日本では利用できません。しかし、将来的には日本でもGoogle Payが使えるようになるでしょう。

実際ファッションブランドとして有名で、スマートウォッチも取り扱っている「フォッシル」と「ディーゼル」は日本でのGoogle Pay導入を公式発表しており、他のメーカーも参入予定をほのめかしています。

今まで日本ではApple Payに分があった電子決済機能をWear OSで利用できるようになれば、Wear OS搭載スマートウォッチの利便性はさらに高くなります。将来的には、ほとんどのメーカーのスマートウォッチが日本でGoogle Payに対応する可能性が高いでしょう。

もう少し待てば、日本でsuicaを使えるスマートウォッチが発売されるかもしれません。「どうしてもApple Watch以外のスマートウォッチでsuicaを使いたい」という方は、今後のスマートウォッチメーカーの動向にも注目してください。

スマートウォッチには他にもさまざまな便利機能が備わっています。スマートウォッチの機能やできること、どんなスマートウォッチがあるのかなど、興味がある方はこちらの記事もご覧ください!

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.