iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.09.06

【レビュー】AIアシスタントを内蔵したヘッドフォン「QC35 II」を試してみた(使用レビュー)

記事ライター:Yuta Tsukaoka

前編で、開封からセットアップまで紹介したBOSEの「Quiet Comfort 35 II」(以下、QC35 II)を買ってからすでに1週間以上。
夏休みのない個人事業主の私は職場でずっと使ってきたので、今回はその使い勝手について解説しよう。

最初に結論を書いてしまうと、移動中やチームで仕事しているオフィスには向かない。ただし、一人で仕事に没頭したいときには絶大な力を発揮する1台だ。

AIアシスタント「内蔵」はダテじゃない

QC35 IIのもっとも大きな特徴は、AIアシスタント(Google Assistant または Alexa)が「内蔵」されているという点だ。

たとえば、私が外出時に愛用しているゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」にもAIアシスタントを呼び出す機能はついているが、それはあくまでも「スマートフォンに搭載されたAIアシスタントを呼び出している」に過ぎず、3〜4秒ほどのタイムラグで応答するため、使い勝手が良いとは言い難い。(それでも、ないよりはずっと良いので同製品がオススメであることには変わりないが)

一方のQC35 IIは、ヘッドフォンそのものにAIアシスタントを内蔵しているため、ボタンで呼び出すとタイムラグなしで起動する。
前編にも掲載した私の拙いイラストをもう一度、紹介しよう。

技術的には間違った記述もあるが、わかりやすさを優先してある。あくまで「イメージ」として捉えてほしい。
要するに、スマートフォン側でAIアシスタントが起動するタイムラグがなくなる、ということだ。

なので、使い勝手としてはスマートスピーカーに非常に近い
Android端末に搭載されたGoogle Assistantを呼び出すには、何らかの方法でアプリを立ち上げる必要があるが、スマートスピーカーは「OK Google」と呼びかけるといつでも反応する。この違いが、そのまま従来のヘッドフォンとQC35 IIとの違いだと言えば、わかりやすいだろう。

使いやすいAIアシスタント

さきほど、QC35 IIのAIアシスタントは「スマートスピーカーと使い勝手が近い」と書いたが、「OK Google」のようなウェイクワードは必要ない。左のイヤーカップにある「アクションボタン」を押している間に音声で指示ができる。

音声認識に使っているマイクは、ノイズキャンセリング用の外音取り込みマイクと同じだろうか。ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」よりもずっと認識精度が高いと感じる。聞き間違い、聞き漏らしはほぼゼロだ。

集中力を飛躍的に向上させるツール

ここまで、AIアシスタントの使い勝手を中心に書いてきたが、BOSE伝統のQC(Quiet Comfort)を冠したヘッドフォンなのだから、当然、ノイズキャンセリング性能も折り紙つき。

私は自宅で仕事をしているが、QC35 IIさえ付けてしまえば、たちどころに、ほぼ完全な「無音」の空間となる
ロボット掃除機を動かしながらでも、外を選挙カーが通っても、まったく問題なし。音に邪魔されて集中が途切れるということはない。

ただし、注意も必要だ。
呼び鈴も、アラームも全て「キャンセル」してしまうので、重要な荷物を待っているときには使わないほうが良い。また、オフィスで働いているのなら、声をかけられても気づかないから周囲の理解が必要だろう。

おすすめは、私のように自宅で働いている場合、そしてカフェやコワーキングスペースのような公共空間で集中力を高めて仕事がしたいときだ

移動中は本当に危ないのであまりおすすめしない。

仕事中に使えるAIアシスタント

では、仕事中に使いやすいAIアシスタントの機能をいくつか紹介しよう。
QC35 IIでは、AlexaかGoogle Assistantを選んで使うことができるが、私の使っているGoogle Assistantでの使用例になる。

タイマー・アラーム

まずはこれ。
先程も書いたように、装着した瞬間、ほぼ無音の空間に放り出されるので集中力が高まる一方、外界との隔絶も深まる。

具体的には、外出時間の見落としがもっとも多く、深刻だ
そんなときは、QC35 IIの左イヤーカップにある「アクションボタン」を押して「◯時◯分になったら教えて」とか「◯分経ったら教えて」というような指示をしておこう。

空調の操作

集中して仕事をしているとき、少しエアコンが効きすぎて寒く感じたとしてもリモコンを探して操作することで集中を途切らせたくはない。

そんなときにも、QC35 IIがあればボタンを押して「仕事部屋のエアコンを1℃上げて」と言うだけ。
もちろん、AIアシスタントからの返答もヘッドフォンに返ってくるので外す必要すらない。

予定の確認

QC35 IIを着けて原稿を書いたり企画書を作ったりしていると、時間を忘れてしまう。
そんなときは、ときどき「アクションボタン」を押して予定を確認しよう。「今日の予定は?」と聞けばリマインダーも含めてヘッドフォンを通じて教えてくれるので、仕事の漏れもなくなるだろう。

無音なのに、一人じゃない 最高の仕事用ヘッドフォン

実は、数年前に同じくBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン「Quiet Comfort 3」を使っていたことがある。

2006年に発売され、2015年の終売までロングセラー商品となった「QC 3」
画像引用元:https://www.bose.co.jp/ja_jp/support/products/over_ear_headphones_support/qc3.html

価格は5万円弱、今回レビューしたQC35 IIよりも1万円近く高価だが、ワイヤレスでなかったし、もちろんAIアシスタントなんて搭載されていなかった。

なので、今回QC35 IIを手に入れてレビューしてみて、その進歩に驚いた。
ノイズキャンセリング性能も飛躍的に向上しているし、なによりAIアシスタントが搭載されていて「完全な無音の空間で仕事しているのに、1人ではない」という感覚が新しい

無音の空間で集中して仕事をしながら、必要があればAIアシスタントにものを尋ねたり空調や照明を調整してもらう。
QC35 IIは、新しい時代の、新しいワークスタイルを実現するガジェットだ。

関連記事

NEW

【2019年最新版】おすすめのスマートウォッチブランド5選をご紹介!

おすすめのスマートウォッチブランド マークジェイコブス ニューヨーク発のファッションブランド「マークジェイコブズ」は、高級感のある腕時計を多数取り揃えており、新規にスマートウォッチ「Riley Tou ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.20
NEW

【IoTマスターへの道 vol.5】ロボットは人に虐待されるさだめなのか?「頑張らなくて良いよ」と言い続けたい。

【前回までのあらすじ】 iedgeの編集者、塚岡になかば無理やり渡された「Google Home mini」を使ってマンガ連載を始めることになった下村山。 家に迎えたはいいものの… いったい何をどうす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18
NEW

最先端を手に入れよう!海外クラウドファンディングのおすすめスマートガジェット5選

いつでも最先端のガジェットを使っていたい読者諸氏、ごきげんよう。 つねに周囲を一歩リードし、最新のガジェットを使いこなすことに喜びを見出していることだろう。私もそうだ。 では、そんなガジェットはどこで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.