iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.08.02

【最新版】「Oculus Quest」「Oculus Rift S」「Oculus Go」おすすめは?VRヘッドセットを徹底比較

VRを始めるなら、Oculusヘッドセットはぜひとも手に入れたいデバイスですよね!この記事では、Oculusヘッドセットやおすすめのゲームについて詳しくご紹介します。「VRに興味を持ち始めたばかり」という方や「Oculusが人気と聞いたけどどんなヘッドセット?」という方にも分かりやすいように、動画や画像も交えています。VR全盛時代に備えて、Oculusマスターになりましょう!

記事ライター:iedge編集部

そもそもVRとは?

VRは「バーチャル・リアリティー(Virtual Reality)」の略で、日本語では「仮想現実」と言います。

コンピューターが創り出した仮想現実の世界を、私たち人間の視覚や聴覚など五感を使って、まるで「現実の世界」であるかのように体感できるという、技術・概念を指す言葉です。

たとえばロールプレイングゲーム(RPG)なら「ゲームの世界に入り込み、武器や防具を身につけて仲間と一緒にモンスターと戦うことができる」と考えると分かりやすいですね。

2016年は「VR元年」とも言われており、ハイエンドなヘッドセットやゴーグルなどが次々と発売されました。

似たような言葉でARやMRがあります。混乱してしまうといけないので、ポイントだけ簡単に押さえておきましょう。

ARは「オーグメンテッド・リアリティー(Augmented Reality=拡張現実)」の略で、現実世界をベースに仮想現実を創り出す技術や概念を言います。見慣れた街の風景の中に、突然モンスターが現れる…そんなイメージです。

MRは「ミクスト・リアリティー(Mixed Reality=複合現実)」の略です。VRやARがさらに進化した技術で、現実世界と仮想現実をより複雑にミックスさせた世界を創り出す技術や概念です。

 

VRヘッドセットとは?

VRヘッドセットは、VRの世界を体験するのに欠かせないデバイスです。

「HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)」「VRビューワ」「VRゴーグル」などのさまざまな呼び名がありますが、定義はなく、いずれもヘッドセットと同義で使われます。

VRヘッドセットを装着することで、正面はもちろん上下左右など360度、VRの世界に没入する(入り込む)ことができます。

たとえば3D映画を観ているとき、スクリーンから少しでも目を離せば、すぐに現実世界に連れ戻されてしまいます。ところがVRヘッドセットを装着していると、上下左右前後どこを向いてもVRの世界が維持されます。これにより、私たちは驚くほどの「没入感」を味わうことができるのです。

※従来、ヘッドセットは顔に装着する「ヘッドホン」と「マイク」を指していましたが、近年ではその定義も揺れ始め、ヘッドマウントディスプレイなどを指してヘッドセットと呼ぶことが多くなりました。この記事ではそうした概念に基づいて、ヘッドセットとして紹介しています。

 

大人気のVRヘッドセット、Oculusのラインナップをご紹介!

引用元:https://www.oculus.com/?locale=ja_JP

VRとヘッドセットの基礎知識をご理解いただいたところで、いよいよ、大人気ヘッドセット、Oculus(オキュラス)シリーズをご紹介していきます。機種ごとにおすすめのゲームにも触れていますので、ヘッドセットを購入したらすぐに遊べます。ぜひ参考にしてくださいね。

シリーズ最新のオールインワン型VRヘッドセット『Oculus Quest(オキュラス クエスト)』

Oculus Questとは?

Oculus Questはまさに「新次元」のVRヘッドセットです。オールインワン型なので、パソコンもスマホもケーブルも何もかも不要、ヘッドセットを装着してコントローラーを手にすれば、文字通り世界中があなたの「ゲームセンター」となるのです。

Questの特徴と機能

オールインワン型でPC接続も不要なので、ヘッドセットとコントローラーを装着すれば「いつでも」「どこでも」ゲームをプレイすることができます。

広い空間、狭い室内、立ったまま、イスに座ったまま…どんな環境でもプレイできるのが魅力です。加えて、ユーザーの体の向きに関係なく、動きをそのままVRに反映しますので、自分が常に中心となり、周囲を見渡したり、しゃがんで攻撃を避けたりして形勢逆転を狙うことも簡単にできてしまいます。

コントローラーを握ると、ゲーム内にプレイヤー(自分)の手が出現します。掴む、投げる、なぎ払うなど、あらゆる動きがまるで現実世界のように正確かつリアルに反映されます。

なお、Oculus Questにはヘッドホンはついていませんが、ヘッドセットに位置オーディオが組み込まれています。これにより、ヘッドホンを装着しなくても仲間の声や、背後に忍び寄るモンスターの足音などをリアルに聞き取ることができます。

Questのセット内容

気になるOculus Questのセット内容はこちら!ヘッドセットのほか、タッチコントローラー2機(左右)、充電用の電源アダプター(15W)、コントローラーに使用する単三電池2本、眼鏡スペーサーが含まれています。眼鏡スペーサーは人間工学に基づいて開発されたもので「ほぼ全ての眼鏡」にフィットするとされています。これなら、普段から眼鏡をかけている人も、そのままOculus Questで遊べますね!

引用元:https://www.oculus.com/quest/

 

Questのスペック

続いて、こちらがOculus Questのスペック表です。注目はQualcommのプロセッサー「Snapdragon 835」です。分かりやすく例えると「Xbox」や「PS3」レベルの処理能力を備えています。スマホでもよく採用されているチップですが、スマホのような狭い基盤に組み込まれているわけではないので、発熱などは大幅に抑えられます。

Oculus Questの主なスペック

発売日 2019年5月21日
PC接続 不要
メモリ 64GB / 128GB
一眼解像度 1440×1600(リフレッシュレート72Hz)
ディスプレイ OLEDディスプレイ
プロセッサー Snapdragon 835(Qualcomm)
視野角 100°
トラッキング Oculusインサイトトラッキング
コントローラー Oculus Touch×2機
外部センサー 不要
瞳孔間距離調整 あり

Questの価格

価格はストレージによって違いがあります。

64GB 49,800円
128GB 62,800円

※いずれも日本への標準配送料および税が含まれています。消費税増税にともない、価格が変動する可能性があります。

 Questの専用アクセサリ・パーツ

持ち運び用のアクセサリや交換パーツなども気になりますよね。公式サイトではこんなアイテムがラインナップされています。

引用元:https://www.oculus.com/quest/

携帯用ケース5,000円
持ち運びに最適な、軽量・高耐久性のケースです。

引用元:https://www.oculus.com/quest/

インナーイヤー型ヘッドホン6,200円
没入には欠かせない、VR外からのノイズを最小限に抑えるインナーイヤー型です。

引用元:https://www.oculus.com/quest/

標準接顔パーツ3,700円
装着時の快適性や通気性を重視して開発された接顔パーツです。

引用元:https://www.oculus.com/quest/

15W USB-C電源アダプター2,400円
日本、アメリカ、カナダ、台湾でも使える電源アダプター。海外にも持ち運べますね!

引用元:https://www.oculus.com/quest/

タッチコントローラー各8,800円
いざというときのために、ぜひ各1機ずつストックしておきたいですね。

Questの設定方法

Oculus Questのセットアップには、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを使用します。「Oculus」アプリをインストールして起動しましょう。

まずはアカウント作成が必要になります。すでに持っている人はそのアカウントで、またはFacebookアカウントでもログインできます。

ログイン後、プロダクトのラインナップから「Oculus Quest」を選択しましょう。もし表示されない場合、アプリのバージョンを確認してみましょう。アップデートが必要であれば、先にアップデートしておくことをおすすめします。

いよいよ、セッティングの準備が整いました。

続いて、Oculus Questの電源を2秒以上、白く光るまで長押ししてペアリングします。ディスプレイを覗き込むと、見えているVR世界の右下に5桁のコードが表示されているはずですので、そのコードをアプリ上に入力します。

次にコントローラーに電池を入れます。電池はセットに含まれていますが、市販の単三電池でもOKです。言語選択の画面に遷移しますので、日本語を選択しましょう。

ここまでセットアップが済むと、自動でソフトウェアのアップデートが始まります。完了後は再起動しますので、それまでしばらく(4〜5分程度)待ちます。再起動後、アプリ上にチュートリアルが流れます。Oculus Questをプレイするにあたって重要な項目ばかりですので、必ず目を通しましょう。

最後にプレイする範囲を設定して完了です。エリアの設定はヘッドセットを装着したまま、ディスプレイに映る現実世界を見ながら行えますが、狭すぎると自由度が低くなります。ルームスケール(部屋のサイズ)は、2m×2m以上が推奨されています。最後にチュートリアルを見終えたら、あとは何をするも自由です。ぜひ、おすすめのゲームで遊んでみましょう!

Questのおすすめアプリ・ゲーム5選

Oculus Questが手元に届いたら、すぐに遊びたいですよね。続いては初心者〜中級者まで楽しめる、Oculus公式サイトでも高評価のゲームを5つご紹介します。ゲーム選びに迷ったら、ぜひ参考にしてください。

Ballista

グラフィックがポップなBallistaは、ビギナーに最適なVRゲームです。ファンタジーの国を舞台にしたアドベンチャーゲームですが、敵を倒し平和を取り戻す単純明快さ、操作の単純性など、Oculus Questを覚えるのにピッタリです。

開発:High Voltage Software, Inc.
日本語対応:あり
ジャンル:アクション、カジュアル、パズル
価格:1,490円(Oculus Store)
評価:星4.2(20件)

Keep Talking and Nobody Explodes

時限爆弾が仕掛けられた部屋にひとり、閉じ込められてしまったあなた。タイムリミットまでに時限爆弾を解除しなければなりません。手に汗握る時間との戦い、あなたは無事に生還できるでしょうか?英語版のみのリリースですが、十分楽しめるコンテンツです!

開発:Steel Crate Games
日本語対応:なし
ジャンル:パズル
価格:1,490円(Oculus Store)
評価:星4.9(47件)

SUPERHOT VR

ハマりすぎに要注意!迫り来る無数の武装勢力をやっつけて突き進んでいく、圧倒的な高評価を得ているSUPERHOT VRです。自分が動いている間だけVRの世界の時間も進みます。弾丸はスローで飛んでくるので、「こうやって避けて」「こう反撃だ!」など考えながら楽しむことができます。

開発:SUPERHOT
日本語対応:あり
ジャンル:アクション、シューティング、パズル
価格:2,490円(Oculus Store)
評価:星4.9(981件)

BEAT SABER

Oculus Questの大人気ゲームと言えば、こちらのBEAT SABERです。あらゆる方向から自分に向かってくるキューブを、リズムに乗りながらライトセーバーさながらのソードで斬っていく、爽快リズムゲームです。ケーブルレスの快適さを存分に味わえるコンテンツです。

開発:Beat Games
日本語対応:なし
ジャンル:カジュアル、スポーツ、音楽
価格:2,990円(Oculus Store)
評価:星4.6(2,342件)

Thumper

圧倒的なスピード感とアクションを体感できるのがThumperです。障害物を乗り越え、ボスを倒しながら、ひたすら超高速ジェットコースターを突き進むリズム&アクションゲームです。思わず声を上げてしまうはずなので、夜中のプレイは控えましょう!

開発:Drool LLC
日本語対応:あり
ジャンル:アーケード、アクション、音楽
価格:1,990円(Oculus Store)
評価:星4.5(35件)

<次ページ>Oculus史上最強のPC接続型VRヘッドセット『Oculus Rift S(オキュラス リフト エス)』

1 2 3 4 5

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.