iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.06.27

【速攻レビュー】これで1万円切りは破格!Echo Show 5は世界一スマートな目覚まし時計(前編・開封&セットアップ)

記事ライター:Yuta Tsukaoka

予約購入していたEcho Show 5が、予定通り本日我が家に届いた。

香港からの海外発送となったGoogle Nest Hubとは違い、国内のAFC(=Amazon フルフィルメントセンター)からの直接発送なので速いし、日時も正確だ。発送からおおよそ24時間で到着している。

そこはさすが、物流のAmazonである。とはいえ、Google Nest Hubは量販店でも購入できるので配送についての心配は無用だ。

開封レビュー

ではさっそく、開けてみよう。

(撮影:筆者)

見慣れたAmazon箱を開けると現れるのが、この鮮やかなブルーの箱。

(撮影:筆者)

ちなみに、Google Nest Hubの箱と比べると、このくらいの違い。
画面サイズはecho show 5が5.5インチ、Google Nest Hubが7インチなので、当然箱の大きさも違う。

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

側面と上面はこんな感じ。
同梱内容に「Amazon Echo Show 5、電源アダプタ」としか書かれていないのが、最近のガジェットっぽい。
昔なら、説明書、保証書、予備の○○…といろいろ入っていたが、使い方もシンプルなら、同梱物もシンプルだ。

(撮影:筆者)

そして、これが背面。
Echo Show 5の装箱でちょっと変わってるなと思ったのは、

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

このように、裏面から開封することだ。
いろいろと楽しそうな使い方が描かれた側から開けることで、その後対面することになるEcho Show 5への期待感も自然と高まる。いい演出かもしれない。

(撮影:筆者)

化粧箱内側の底面はこのように傾斜がかかっていて、開けたときにEcho Show 5の画面が消費者と「対面」するようにできている。これもいい演出!

(撮影:筆者)

肝心の中身は、この3つ。
左から、本体・電源アダプタ・説明書だ。

(撮影:筆者)

本体背面には、電源ポートとMicro USBポート、そして3.5mmのオーディオ出力。
Google Nest Hubには電源ポートしか空いていなかったが、Echo Show 5は有線での拡張性が高いので、このほうが使いやすいという人も多いだろう。

ちなみに、Micro USBポートの使い方は、いまのところ謎
そのうちこれを使ってなにか拡張ができるのか、単にメンテナンスのために用意されているだけなのか。

(撮影:筆者)

本体前面はこの通り。
Google Nest Hubにはなかったカメラが搭載されている。Amazonは、Echo Showシリーズでのビデオ通話を推しているのだ。

しかし、寝室のようなプライベートな空間に置くに当たってカメラの存在はあまり嬉しくない

が、

(撮影:筆者)

このように、物理ボタンでカメラをOFFにすることができる

Echo Spotは本体上面のボタンを押すと、ソフトウェア的にカメラがOFFになる仕組みだったが、このように誰が見てもわかる仕組みでカメラの前に物理的な「シャッター」を下ろすことができるのは、多くの人にとって安心だろう。

開封レビューは以上となる。
化粧箱の演出、そしてカメラに搭載された物理シャッターは、なかなかのものだ。

では次に、セットアップをしてみよう。

1 2

関連記事

NEW

【2019年最新版】おすすめのスマートウォッチブランド5選をご紹介!

おすすめのスマートウォッチブランド マークジェイコブス ニューヨーク発のファッションブランド「マークジェイコブズ」は、高級感のある腕時計を多数取り揃えており、新規にスマートウォッチ「Riley Tou ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.20
NEW

【IoTマスターへの道 vol.5】ロボットは人に虐待されるさだめなのか?「頑張らなくて良いよ」と言い続けたい。

【前回までのあらすじ】 iedgeの編集者、塚岡になかば無理やり渡された「Google Home mini」を使ってマンガ連載を始めることになった下村山。 家に迎えたはいいものの… いったい何をどうす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18
NEW

最先端を手に入れよう!海外クラウドファンディングのおすすめスマートガジェット5選

いつでも最先端のガジェットを使っていたい読者諸氏、ごきげんよう。 つねに周囲を一歩リードし、最新のガジェットを使いこなすことに喜びを見出していることだろう。私もそうだ。 では、そんなガジェットはどこで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.09.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.