iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.07.12

【フィクションで探る人工知能の多様性】NetflixのSFアニメアンソロジー『ラブ、デス&ロボット』で描かれる人工知能が「歴史改変」をアップデートするとき

記事ライター:Yoshiwo Ohfuji

2016年秋、生まれたばかりの娘を抱きながら私はテレビニュースに釘付けになっていた。
「メキシコとの国境に壁を作る」と宣言していたドナルド・トランプがアメリカ合衆国の大統領になった。

その少し前にはイギリスが国民投票の末、EUから離脱することが決まった。遠く離れた異国の私から見れば、“ありえないはずの未来”が次々に現実となった。

※画像はイメージです

物理的な距離はあるものの、日本とは比較的密接な関係にある二つの国で「分断」が顕在化してしまったことは、少なからず私たちの生活を変えてしまうかもしれない。そう考えながら、まだ目もちゃんと開いていない娘の顔をじっと見つめた。

これらの出来事は、私に歴史というものの“危うさ”を痛感させると同時に、こんなことを夢想させた。「もしも、ヒラリー・クリントンが大統領になっていたら」。「もしも、EU離脱が可決されなかったら」。

反実仮想が仮想現実として顕在化する

※画像はイメージです

現実に反することを仮想することは、そのまま「反実仮想」と呼ばれる。

午後から雨の予報なのに傘を玄関に置いてきてしまった。飲み会でのちょっとした一言で友人をひどく傷つけてしまった。こうした時、私は「もしもあの時傘を持っていたら」、「もしもあの時あんなことを言わなければ」、とつい空想してしまう。

このような瑣末な反実仮想から、冒頭のような歴史を大局的に変えるであろう反実仮想まで(もちろん瑣末に思える反実仮想が歴史を大局的に変えるようなこともあるだろうけれど)、“現実ではない現実”に想像力を巡らせることは、少なからずだれしもにあることだろう。

そして、そうした想像力は、これまでに“フィクション”として素晴らしい作品を生み出してきた。その中でも史実に基づきながら、今とは異なる歴史をたどる、「歴史改変」は一大ジャンルとして広く知られている。

最近の日本文学でいうと、大戦後、日本がインドとの連邦国家を作る古川日出男の『ミライミライ』や震災後鎖国した日本を描き、アメリカの権威ある文学賞「全米図書賞」を受賞した多和田葉子の『献灯使』などが「歴史改変小説」という面を持っているだろう。

人々の好奇心を刺激し、歴史に秘められた新たな可能性について考えさせてくれる「歴史のif」に技術は今後どんな変化を与えるのだろう。

その問いに対し一つの可能性を提示するのが、NetflixオリジナルのSFアニメアンソロジー『ラブ、デス&ロボット』に収録された『歴史改変』だ。今作では、歴史的事実に史実とは異なる様々なシナリオを用意し、それらをヴァーチャル体験できるアプリ「マルチバーシティ(Multiversity)」が登場する。

人工知能が「歴史改変」をアップデートする時代はもう始まっている

『ラブ、デス&ロボット』は『デットプール』で監督を務めたティム・ミラーが監督を務め、『ファイト・クラブ』や『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られるデヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務めた注目シリーズ。シリーズ1では、アニメーションや3DCG、実写など様々な技法を駆使した18編が収録されており、ケン・リュウの同名作品を原作とする「良い狩りを」のようにSF小説を原作とする作品も多い。

そして、18編中3編の原作を担当するのが、SF小説家でノンフィクション作家のジョン・スコルジーだ。『歴史改変』も彼の作品を原作にしている(ちなみに原作となる『ALTERNATE HISTORY SEARCH RESULTS』は日本では未訳だが、ウェブマガジン「Subterranean Press」にて無料で読めるので、興味のある方はぜひ目を通してもらいたい)。

『歴史改変』では、“最も人気のシナリオ”としてアドルフ・ヒトラーにまつわる6つのシナリオが登場する。そして、アドルフ・ヒトラーが死ぬタイミングによって、第一次世界大戦、第二次世界大戦、核爆弾投下地、そして人類で最初に月面に立つ人物をどのように変化させるのかが描かれる。

※画像はイメージです

人工知能の技術が発達し、仮想空間でリアルな歴史シミュレーションが可能になった未来、好きなシナリオで歴史を改変できるとしたら…、と考えると、好奇心がむくむくと湧き上がってくる。

史実の完全な再現、というのは現時点ではほぼ不可能に思えるが、歴史改変フィクションにAIを組み込む、という試みはすでに行われている。例えば、コーエーテクモゲームスから2017年に発売された歴史シミュレーションゲーム『信長の野望・大志』では、よりリアリティに富んだプレイ体験を目指し、キャラクター設計にAIを組み込んでいるそうだ

このような取り組みを見ていると、技術がより上質な「歴史改変」を体験させてくれる未来はそう遠くはないのかもしれないと感じる。

一方、『歴史改変』で描かれるヒトラーの最後のシナリオを見ると、人々が好きなように歴史を動かせるようになることの危険性も感じてしまう。
作中では、様々な方法でヒトラーに残虐な死が降りかかるが、こうしたシミュレーションが「いずれ歴史を揺るがすような悪事を行う人」には過酷なシナリオを当てても良い、という意識や歪んだ歴史感を人々に植え付ける、なんて可能性だって十分あるからだ。

<次ページへつづく>

1 2

関連記事

NEW

【フィクションで探る人工知能の多様性】SFドラマ『オルタード・カーボン』で描かれる自己一貫性への葛藤を解決するのは、「分人」という新しい自己の捉え方かもしれない

10代のころ、三島由紀夫の小説をよく読んでいた。 輪廻転生を主軸においた『豊饒の海』シリーズや憧れの人に成り代わりたいという倒錯した欲望を描いた『仮面の告白』など、多感なティーンエイジャーにとって、三 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.22
NEW

5Gの回線速度はどのくらいになる?4Gと徹底比較

5Gとは 5Gとは最新の「移動体通信規格(スマホなど携帯機器用の通信技術)」。 5Gは、 ・超高速、大容量・・・超高速であり、大容量の通信ができる ・低遅延・・・データの遅延が少なく、スムーズな通信が ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.22
NEW

日本にも続々進出!スマートシェードで毎日をちょっと便利に

日本でも「ウェルビーイング」という単語が各所で聞かれるようになりました。生活のささいな部分に手をかけたり、自分を見つめ直してささやかな幸せを感じたり、その方法は様々です。以前iedgeでも取り上げた、 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.19

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.