iedge
  • iedge

ニュース 2018.03.20

IBM「世界最小のコンピューター」1mm四方でゲームも実行可能な処理能力

記事ライター:iedge編集部

3月19日からカンファレンス「IBM Think 2018」を開催しているIBMが、現在世界最小のコンピューターを開発中であると明かしました。

詳細情報はまだ不明ですが、今週中にもう少し詳しい情報が出る可能性があります。現状判明している情報としては、コンピューターは1mm×1mmの大きさで、岩塩の粒よりも小さく、1台当たりの製造コストは10セント以下ということです。

上の画像は64個のマザーボードがセットになったもので、それぞれに今回の小型コンピューターが2台搭載されています。

これまでの世界最小のコンピューターは、2015年に発表された「Michigan Micro Mote」で、大きさは2mm四方でした。

今回のコンピューターには、数十万個のトランジスタ、SRAMメモリ、電源用の光起電力セル、LEDと光検出器を使用する通信ユニットが搭載されています。処理能力は1990年製のx86チップと同等のレベルで、1993年の名作PCゲーム「Doom」を実行することも可能とのことです。

順調にいけば、IBMは今後5年間のうちに、このチップのLEDを1ピクセルのディスプレイとして実用化する見込みです。

また、IBMは今回の発表に伴い、このコンピューターの内部がどのような構造になっているのかを表したイメージ動画をYouTubeに投稿しています。

World’s smallest computer
https://www.youtube.com/watch?v=yCL1F9oM4HI

関連ニュース

NEW

Microsoft、AI開発企業を買収 Cortanaの話し方をより「人間らしく」改良へ

Microsoftは5月21日、AI開発企業Semantic Machinesを買収することを発表しました。Semantic Machinesは人間と自然に会話するAI技術に強みを持っていて、Micr ...

続きを見る
ニュース2018.05.22
NEW

Acer、Alexa搭載のノートPCを米国で発売 Cortanaとの連携にも期待

台湾のPCメーカーAcerは5月21日、新作ノートPC「Spin 3」と「Spin 5」にAmazonの音声アシスタントAlexaを搭載したモデルを米国で発売しました。 Acerは今後も対応モデルを拡 ...

続きを見る
ニュース2018.05.22
NEW

Googleが新たなARヘッドセットを開発中 ホログラムを現実に重ねて表示して拡張

Googleが台湾のコンピューターメーカーQuantaと協力してARヘッドセットの開発を進めているようです。WinFutureによると、計画はまだ初期段階とされています。 噂のARヘッドセットはMic ...

続きを見る
ニュース2018.05.21

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.